2016年12月11日

最狂最凶ロックンロールについて(GG Allin, The Cramps 他)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10440304362.html
2010年1月22日

《転載開始》

これから書く事は、かなり”自分語り”になる上に、
一部の人々をとても不快にさせる内容が込められていますので、
ご了承ください。
不快に思っても、多目に見てやってください。

-----------------------------------------------------------------

私は根っから、流されるのが大嫌いな性分で、
皆が右を向いていると左を向こうとする。
とはいっても、軽薄な感覚でやっていたわけではありません。
只単に社会のルールに反発する事がカッコいいみたいな、
子供じみた感覚は逆に軽蔑していました。
本人は自由に生きているつもりだけど
実際は周囲に合わせようとしている若者を。
ヤンキーなんかそうじゃないですか?
ヤンキーって、皆同じ様な恰好じゃないですか(怒らないでね!!)?

ロックンロールに対しても、実はそんな感じで軽蔑しておりました。
ロックンロールファンも、結局皆流されているんじゃないかって。

ルーズファッションに多大な影響を与えたと思われる
ニルヴァーナの恰好だって、
元は意図的にそういう恰好をしていたわけではなく、
本当にお金が無いからそういう恰好をしていただけらしいし。
その恰好が、皮肉にも現在では
若者の一般的な服装になっているという状況に対して、
カート・コベインはあの世でどう思っているのでしょうか?

「女にモテたいからロックをやっている」みたいな言葉も有名です。
正直なところが好感持てますが、
はっきり言ってダサい(怒らないでね!!)。
ロック自体ガチガチに縛られている
というイメージを、若い頃から抱いておりました。

何か、「ダサい」と思われる事に対して、
皆恐れおののいているのではないか?
本当の勇気は、
軽蔑されようがバカにされようが意に介さず
信念を貫く事だと思います。

-----------------------------------------------------------------

私は、流されるのが嫌いな性分のため、
趣味に於いてもそれが強く反映されています。
ロックを聴くにしても、殺害塩化ビニールとか人間大学レコードみたいな、
お下劣系ばかりを好んでいましたし、
クラシック音楽は、無名のものばかりを好んで聴いています。
勿論只単に無名だというのではなく、
内容もちゃんとしっかりしているものです。
単なる”天邪鬼”ではありません。
アニメも、
日本には決して入ってこないだろうと思うものばかりを観ています。
とにかく、中味のある”反主流””反権威”を
貫ぬこうとしていました。

-----------------------------------------------------------------

そんな時、GGアリンというパンクロッカーの
存在を知りました。
その瞬間「これだッ!!」と思いました。
GGアリン - Wikipedia、日本語
ロックシーンから目を背けていたせいか、
ずっと彼の存在に気付きませんでした。
彼が誕生した時のエピソードからして、伝説的というか。
ロッカーとして史上最も無茶苦茶な事をやっていたそうですが、
曲自体も良いと評判のようです。
暴力はいただけないと思いますが、
媚びないという1点に於いては共感持てます。

-----------------------------------------------------------------

実は、私の友人に
遠藤ミチロウ(ザ・スターリン)
が好きだという人が何人かいて、
私がその存在を全く知らなかった事に対して
驚いていました。
ロックにまともに目を向けていなかったので当然です。
でも、このバンドの存在を若い頃から知っていたら、
私はどうしていただろうか?
否、多分何も興味を示さなかったかも。
若い頃はかなり”老人子供”的な所があり、
「最近の若者は・・・」みたいな事をよく口にしていました。
それが何故だか歳を取るに従い、
精神年齢が逆に若くなっていっている感じがします。
他の人と逆行しているというか・・・。
Wikipediaの”日本のパンク・ロック”を見てみると、
他にも濃いのがいっぱいいますね。

その友人の1人からは、頭脳警察
裸のラリーズ(Les Rallizes Dénudés)
を一押しされました。
前者は、デビューした時代がそうだからなのかも知れないけど、
第1曲目から”世界革命戦争”を宣言する反体制ロックで、
アルバムの発売中止
(3億円事件のモンタージュ写真が使用されている)
や放送禁止に見舞われ、最新アルバムも18年振りという。
後者は、メンバーによど号ハイジャック事件の犯人である
若林盛亮がいます。
活動も、長い間休止している上に、
音源も現在は廃盤となっており、海賊版を聴くしかないような状況。
ヴォーカルの水谷孝は現在行方不明と言われていますが、
恐らく、彼の愛するフランスにいるものと思われます。
そういった状況が、伝説的な雰囲気を醸し出しています。
特徴としては、独特の髪型に、
フィードバック奏法による大音量のノイズが挙げられるのですが、
ファンによれば、不思議と耳障りではなく、心地良いノイズだとのこと。
それが、ラリーズの支持される理由なのでしょう。

裸のラリーズ.jpg
1978年11月1日 裸のラリーズ with FRICTION, 青山ベルコモンズ - はてなフォトライフ

-----------------------------------------------------------------

話はGGアリンに戻りますが、実は、
彼の記録映画が2年ほど前に渋谷で上映されていたようです。

映画『全身ハードコア GGアリン』
(Hated)
シアターN渋谷(2008.1.12)
PLNET+1(2008.1.25)

全身ハードコア GGアリン.jpg

もしこの上映の事を知っていたら、絶対観に行ってました。
観に行けなくて残念に思いましたが、DVD化されているので安心!!

全身ハードコア GGアリン [DVD] - Amazon, 日本

それと、もう一つ気になったバンドが、
ザ・クランプス(THE CRAMPS)という変態夫婦バンド。
1978年に、カリフォルニアの精神病院で慰問ライブをやるという、
みずのき寮の西垣籌一も真っ青な事をやりました。
日本では絶対出来ないと思います。

で、その映像が、
前述のGGアリンの映画と2本立てで上映されていたというのです!!

映画『ザ・クランプス 精神病院ライブ』
(The Cranps: Live at Napa State Mental Hospital)
シアターN渋谷(2008.1.12)
PLNET+1(2008.1.25)

ザ・クランプス 精神病院ライブ.jpg

これもDVD化されています。

ザ・クランプス 精神病院ライブ [DVD] - Amazon, 日本

http://www.youtube.com/watch?v=c52v8VQhEHA


取り敢えず、ロックに余り詳しくないという事もありますし、
この辺でやめときます。
色々偉そうな事書いてすいません。

《転載終了》
posted by Satos72 | テーマ別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

スコットランド狂詩曲の色々(Scottish Rhapsodies)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10440496561.html
2010年1月22日

《転載開始》

私の知る限りでは、
スコットランドの国民楽派的な最初のクラシック曲は、
フェリックス・メンデルスゾーン
Jakob Ludwig Felix Mendelssohn Bartholdy(1809-1847)
による、
交響曲第3番『スコットランド』です。

スコットランド人のクラシックの作曲家では、まず筆頭に
サー・アレクサンダー・マケンズィー(マッケンジー)
Sir Alexander Mackenzie(1847-1935)
が挙げられます。
私の知る限り、民族的意識を持って作曲した最初のスコットランドの
クラシック音楽の作曲家が彼です。
しかし、私の知る限りでは、彼の民族的な主題の曲を聴いてみても、
メロディ的にはそれほど際立った民族的な特徴が
余り感じられないのが残念。

私の知る限り、スコットランドの民族的要素を顕著に感じる曲を
最初に書いたスコットランドのクラシック作曲家は、
ヘイミッシュ・マッカン
Hamish MacCunn(1868-1916)
です。>
彼については以前詳細に紹介しました。
20歳にも未たずに既に技術作風共に完成されていたという
早熟の天才です。
ルーマニアのジョルジェ・エネスクの様な存在。

-----------------------------------------------------------------

話を本題に移します。
幾つかのスコットランド狂詩曲(Scottish Rhapsody)
の存在を知ったので、その紹介をします。
まず最初は、前述のマッケンジーによるものです。
hyperionというレーベルからマッケンジーの管弦楽曲集が出ていて、
その中に、
スコットランド狂詩曲第2番(Second Scottish Rhapsody)
が収録されております。
作曲年が1881年なので、
かなり早い時期に書かれているのは重要ですが、
個人的な感想を述べさせて貰うと、
メロディがあんまり印象深くありません。
往々にしてスコットランド民謡は、
特徴的で憶え易いようなメロディが多い気がするのですが、
同曲は、あんまりパッとしないメロディでした。

Alexander MacKenzie CDA66764.jpg
hyperion【CDA66764】1995

-----------------------------------------------------------------

ウィリアム・ウォルトン
Sir William Turner Walton(1902-1983)
が、スコットランド狂詩曲を書いています。
陽気で楽しい曲ですが、声楽が編成に組み込まれています。
http://www.youtube.com/watch?v=ShPrbtWiN9A


-----------------------------------------------------------------

ロナルド・ビンジ
Ronald Binge(1910-1979)
のスコットランド狂詩曲は未だ聴いていないのですが、
20世紀の作曲家でありながら
美しいロマンティックな穏健な作風なので、期待出来そうです。

Marco Polo 8.223515.jpg
Marco Polo【8.223515】1987
Binge: British Light Music [Import] [from US] - Amazon, 日本

-----------------------------------------------------------------

クレア・グランドマン(Clare Grundman)?
何故だか知りませんが、
YouYubeでこの曲の演奏が幾つか出ているのですけど、
作曲者の名前が出てないんです。
そんなわけで、
恐らくこれだろうとおもうものをネット上から探し出しました。
クレア・グランドマンの書いた、吹奏楽によるスコットランド狂詩曲です。
私は或る程度なら楽譜が読めるので、
その楽譜を見てみればその曲なのかどうか分かると思います。
吹奏楽曲には、やたらと『〇〇狂詩曲』というのがありますね。
マッケンジーもこういう親しみやすい感じの曲作れば良かったのに・・・。
日本でもお馴染みのメロディが幾つか出てきます!!
ディアレッツォ:楽譜 − オーケストラ - Clare Grundman - A Scottish Rhapsody

http://www.youtube.com/watch?v=KI8e0MdZh7U


《転載終了》

ロナルド・ビンジの「スコットランド狂詩曲」です
https://www.youtube.com/watch?v=J13sieqcsGs
posted by Satos72 | ├ スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

リヴォニアの葬儀の踊り(Livonijos laidotuves sokti)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10442576173.html
2010年1月25日

《転載開始》

リーヴ人(リーブ人)(Līvõ)とは、紀元前1世紀頃にウラル地方から
バルト地域に移住してきたフィン・ウゴル人の一派と考えられている。
フィン・ウゴル人は、フィンランドやエストニア、
マリ・エル共和国などを形作ったとされる民族。
後年、そのリーヴ人が居住する地域がリヴォニア(Līvõmō)と呼ばれた。

クルゼメ(Kurāmō)やリヴォニアに広く住んでいたが、
中世期にドイツ騎士団による武力を伴った改宗行為を受け、
リーヴ人は減少の一途を辿った。
リヴォニア語(後述)の話者がその末裔と考えられている。

リヴォニア語(Līvõ kēļ)は、
フィンランド語やエストニア語などに近いフィン系ウゴル語派。
ラトヴィア語は、元々リトアニア語と同一言語であったが、
ドイツ騎士団の植民によるドイツ語からの影響や
地政学的な理由によるリヴォニア語の影響を受けていて、
リトアニア語とは兄弟言語とはいえ、
意思疎通が不可能な程かけ離れている。

リヴォニア語は、13世紀には話者が30000人もいたが、
19世紀には2000人に減少し、
ソ連に侵攻・併合されたあとは排斥された。

絶滅の危機に瀕している言語と言われ、
残念ながら最後のネイティヴスピーカーがつい2009年に亡くなった。

現在、クルゼメ半島やエストニアなどに僅かに話者が存在しているが、
リヴォニア語を独習する人やリヴォニア語で歌を歌う人が出てくるなど、
リヴォニア語を振興させる努力が払われている。

(Wikipediaなどを参考に作成)




YouTubeに、
リーヴ人の伝統的な舞曲と思われるものが出ているので、
ブログに上げました。

この映像、実は結構前から知っていたのですが、
気紛れで今頃出す事にしました。

リヴォニアの葬儀の踊り(ラトビア語:Livonijos laidotuves sokti)
だそうですが、それにしては妙に明るいのは何故?

如何にもスタジオジブリの冒険系アニメとかに出てきそうな
陽気で鄙びた感じのメロディがお気に入りです。




リヴォニアの葬儀の踊り(Livonijos laidotuves sokti)
http://www.youtube.com/watch?v=_kmo91yF8EA


仰向けになっている人は、恐らく死者を表わしているのでしょう。>

その周囲を、腕や足を踏まない様に跨ぎながら人が回ります。

その後、死者役?と思われる人も立ち上がって、
皆で輪になって回転します。

Livonian Dance 1.jpg

Livonian Dance 2.jpg

《転載終了》
posted by Satos72 | 民謡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする