2017年08月27日

ヘレーナ・ムンクテル(Helena Munktell)を聴く(YouTubeから)

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10335131663.html
2009年9月4日

《転載開始》

Helena Munktell.jpg
ヘレーナ・ムンクテル
Helena Munktell(1852-1919)
 
グリュックスボー(Grycksbo)生まれ
 
紹介したいマイナー作曲家、まだまだいっぱいおります。
そろそろ紹介しなくては、
と思っている作曲家の曲がYouTubeに出ていたので、
ブログに貼り付ける事にしました。
 
スウェーデンの女性作曲家。
当時、スウェーデン人女性作曲家としては珍しく、
声楽曲やピアノ曲のみならず、
管弦楽曲や歌劇などの大規模作品も手掛けた。
 
当時のスウェーデン音楽は、
主にドイツ音楽からの影響が強かったが、
ムンクテルは珍しく、フランス音楽からの影響を強く受けているようで、
フレーズなど基本はロマン派ですけど、
和声などに印象派風の色彩的な描写が見られたりする。
 
全く関係無いけど、レオナルド・ダ・ヴィンチとは、
丁度生没年がピッタリ400年ズレている。
ムンクテルは、私が見た中で一番美人なクラシック作曲家です!!
 
まあ詳細は後日ということで、取り敢えずは、
交響的絵画『砕ける波』
Bränningar, Symfonisk Bild, Op 19 (1898)
の紹介です。
モンテ・カルロに於いて、1898年に初演されました。
聴いてみれば分かりますが、管弦楽による波の描写が見事です。>
これほど、波の視覚的イメージを掻き立てる曲も、そう無いと思います。
ドビュッシーやヴォーン=ウィリアムズ、グラズノフなども、
海を題材にした管弦楽作品を書いていますが、
これらの作品に、全く引けを取らないと思います。
 
とても気になったのは、
ヴァーグナーの『彷徨えるオランダ人』序曲に似たフレーズが
冒頭にあったこと。
その他にも全体的に、
フレーズにどことなくヴァーグナーっぽい雰囲気を感じるのですが、
和声に、やや印象派っぽい色彩的雰囲気を感じます。
その意味でも、異色な作曲家と言えるのかも知れません。
 
Helena Munktell CDS-1066-2.jpg
Sterling【CDS 1066-2】
ヘレーナ・ムンクテル管弦楽作品集 - Amazon
ヘレーナ・ムンクテル管弦楽作品集 - HMV
ヘレーナ・ムンクテル管弦楽作品集 - Tower Records
 
交響的絵画『砕ける波』
”Bränningar” Symfonisk Bild, Op 19, 1898
演奏:イェヴレ交響楽団(Gävle Symfoniorkester)
指揮:トビアス・リングボリ(Tobias Ringborg)

 
 
 
【追記】
ヘレナ・ムンクテル → ヘレーナ・ムンクテル
肖像画像、CD画像追加(2017/9/14)

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

ヤーニス・メディンシュ(Jānis Mediņš)を聴く(2)(YouTubeから)

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10345511016.html
2009年9月18日

《転載開始》

Jānis Mediņš.jpg
Jānis Mediņš - Wikipedia Latviešu
 
ヤーニス・メディンシュ
Jānis Mediņš(1890-1966)
 
民謡第6番 嬰へ長調(Daina Nr.6 Fadiez mažorā)
ピアノ:ディズィス・カルニンシュ(Didzis Kalniņš)
 

 
ラトヴィアのロマン派的国民楽派作曲家。
20世紀の活躍でありながら、
作風は至って19世紀的美しさに彩られています。
生まれたのが遅かったのかも知れませんが、
20世紀のラトビアクラシック音楽シーンは、
ロマン派も現代音楽も並存していたようですから、
問題は無かったのではないでしょうか?
 
『ピアノのための民謡集』は、24曲まであるようです。
 
凄く平均的な親しみやすさというか、
懐かしさを感じる様なほのぼの曲です。
『何で無名なの?』的な曲です。
メロディの雰囲気は、有名な曲に例えたら、
エルガーの『愛の挨拶』とか、グリーグの『最後の春』に近い様な・・・。
ビートたけしのほのぼの映画の
テーマ曲にでも使えそう!!
如何にも、久石譲辺りが作曲してそう!!
(追記:「菊次郎の夏」のメインテーマ「Summer」のことです)
 
参考までに…
 

 
ヤーニス・メディンシュについては、以前も
http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10151739434.html

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10167160398.html
で紹介しました。
 
CD出てないのかな?
確認出来ませんが、もしかしたら、地元では出してるのかも知れません。
でも、少なくともAmazonで取り扱ってはくれなさそうです。
 
何で、こういうのを積極的に出そうとしないのだろう?
不思議でしょうがありません。
いつも思うことですが。
 
【追記】
肖像画像追加
動画が削除されていたので、別のものを上げ直し
「菊次郎の夏」の「Summer」埋め込み追加(2017/9/8)

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ ラトヴィア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

超マイナークラシック音楽情報(5)フィンランド編

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11552317851.html
2017年7月19日

《転載開始》

音楽の記事は久々です。
今回は、大分前から書こうと思っていてストックしてあったネタです。





KarlCollan1864.jpg
カール・コッラン(Karl Collan)
1828年1月3日、イーサルミ(Iisalmi)生まれの作曲家、作家。

ユーハン・ルードヴィーグ・ルーネベリ(Johan Ludvig Runeberg)
サクリス・トペリウス(Zachris Topelius)などの作品に曲をつける。

1847年に最初の音楽作品集である、
ピアノ伴奏つき歌曲集(Sånger vid pianoforte)が出版され、
人気を博す。

フィンランドの民俗詩に曲をつける。
フィンランド民謡を蒐集し、
1854年と1856年にフィンランド民謡集出版。

文芸誌を創刊(1863-1865年)
フィンランド民族叙事詩「カレワラ」のスウェーデン語訳を出版。
ハインリヒ・ハイネのスウェーデン語訳も行う。

1859年、ヘルシンキ大学でドイツ語の講師となる。
1866年、大学図書館の司書となる。
1871年9月12日、ヘルシンキにて没する。
Karl Collan - Wikipedia Svenska

ヴァーサ行進曲(Vaasan marssi)
コッランの代表作と思われます。
RPG要素を感じたので、
作曲ソフトでフルオーケストラ版でも作ろうかと思いました。
http://www.youtube.com/watch?v=dLTe2u2Cf8w

 
吹奏楽版
https://www.youtube.com/watch?v=KMI4rsA8oks

 
ピアノ版
https://www.youtube.com/watch?v=GH13aDV23Sw






200px-Karl_Theodor_Flodin.jpg
カール・テオドール・フルディーン(Karl Theodor Flodin)
1858年7月10日、ヴァーサ(Vaasa)生まれの
作曲家、作家、音楽評論家。

リカルド・ヴィルヘルム・ゴットリーブ・ファルティン
(Richard Wilhelm Gottlieb Faltin)
にピアノ、音楽理論、作曲を学んだあと、
ライプツィヒ音楽院で、
ザーロモン・ヤーダスゾーン(Salomon Jadassohn)
カール・ピュッティン(Karl Piuttin)らに学ぶ。

スウェーデン系フィンランド人の芸術家や音楽家等の集団、
「エウテルペ・グループ」(Euterpe-ryhmä)
に参画。
同名の雑誌が1900〜1905年まで刊行された。

1925年11月29日、ヘルシンキに没する。
Karl Flodin - Wikipedia Suomi

マツユキソウ(スノードロップ)(Schneeglöckchen)
https://www.youtube.com/watch?v=qk2sizOgcU4






GabrielLinsen1898.jpg
セリム・ガブリエル・リンセーン(Selim Gabriel Linsén)
1838年7月22日ヘルシンキ生まれの、
作曲家、ヴァイオリニスト、合唱指揮者、オルガン奏者、音楽教師。

妹のヨハンナ・マティルダ・リンセーン(Johanna Matilda Linsén)は、
スウェーデン初の盲学校の創立者だった。

妻のマリア・ナターリア・ボレリウス(Maria Natalia Borelius)は、
写真家だった。

1856年、ライプツィヒ音楽院での研究のため、
政府の助成金を受ける。

帰国後の1860〜1865年、音楽教師や、
フィリップ・フォン・シャンツ(Filip von Schantz)の劇場オーケストラや、
女子聖歌隊の合唱指揮などをつとめる。

1865年にポルヴォー(Porvoo)に移り、
1888年より教会のオルガニストとして働く。

1907年まで音楽教師をつとめる。

1914年4月5日、ポルヴォーで没する。
Gabriel Linsén - Wikipedia Suomi

カンガサラの夏の日に(En sommardag i Kangasala
詩:サクリス・トペリウス
歌:マウノ・クースィスト(Mauno Kuusisto)
https://www.youtube.com/watch?v=5mogeRWqipU

 
ピアノ版編曲:オスカル・メリカント(Oskar Merikanto)
ピアノ:舘野泉
https://www.youtube.com/watch?v=jxhx4OzGeqA






ハンネス・コトカ(Hannes Kotka, 1898-1934)
彼についての情報がよくわからない、謎の作曲家。
東洋風メヌエット(Orientale; Menuetto)
https://www.youtube.com/watch?v=LNewbnObUR8






Sam-Sihvo-1910s.jpg
サムリ “サム” シフヴォ(Samli "Sam" Sihvo)
1892年10月30日、ヌルメス(Nurmes)生まれの、
作曲家、作詞家、軍人。

ヘルシンキ音楽院(Helsingin musiikkiopisto)で学ぶ。

1915年、
ドイツで第27猟兵大隊(Jääkäripataljoona 27)の軍事訓練を受ける前、
音楽家として働いていた。

第一次世界大戦の東部戦線に参加。

軍楽隊で演奏、指揮を行う。

1920年より、フリーランスの作家、作曲家として活躍。

1927年4月12日、肺炎によりヘルシンキで没する。
Sam Sihvo - Wikipedia Svenska

北の国の思い出(Muistoja Pohjolasta)
http://www.youtube.com/watch?v=WBwUur0xabI

 
フィンランドの軽歩兵(Suomen jääkäri)
http://www.youtube.com/watch?v=W-5WWyX7ez8






Armas_Launis.jpg
アルマス・ラウニス(Armas Launis)
1884年4月22日、ハメーンリンナ(Hämeenlinna)生まれの、
作曲家、音楽民俗学者。

以下、Wikipediaより転載。

ハメーンリンナ出身。
ベルリンとヴァイマルで学んだ後、
ヘルシンキ大学で教授として楽曲分析と作曲を教え、
1911年に同大学で博士号を取得した。

ラウニスは民俗音楽を収集し研究した最初の学者の一人であった。
1904年・1905年・1922年にラップランドへ、
1902年にカイヌーへ、1903年・1906年にイングリアへ、
1902年・1905年にカレリアへ、1930年にエストニアへ旅行し、
現地の人々から聞き取り調査を行い、民謡の採譜と録音を行った。

ラウニスは音楽教育にも関心があり、
民俗音楽院を創設し、1930年まで院長を務めた。

1930年よりフランスのニースに移住し、
フランスとフィンランドとの文化交流に積極的に参加した。
またフィンランドとのつながりを保つために
フィンランドの新聞に積極的に寄稿を行った。

作曲の中心は10のオペラであり、
フィンランド初のオペラ・コミックである『7人の兄弟』(1913年)、
『クレルヴォ』(1917年)、
『アスラク・ヘッタ』(1922年)などの作品がある。

また後期のオペラ『ユディト』(1937-40年)や
『テオドラ』(1930年)では
北アフリカで採取したベルベル人や
ベドウィンの音楽の影響を受けている。

オペラ以外には室内楽曲、カンタータ、
合唱、管弦楽組曲などがある。
また1921年には映画『カレリアの結婚』の音楽を担当している。

転載終了。
1959年8月7日、フランスのニース(Nice)で没する。
アルマス・ラウニス - Wikipedia

この作曲家は、かなり以前からWikipedia頁が作成され、
オペラのCDもリリースされているにもかかわらず、
私が確認した時には既に廃盤となっており、
またYouTubeには「アスラク・ヘッタ」が上げられているものの、
制限があって聴けない様になっており、
どんな感じの作品なのかずっと分からないままでした。

Naxosのミュージック・ライブラリーに、
「アスラク・ヘッタ」(Aslak Hetta)や
「北欧組曲」(Pohjoismainen sarja)
が上げられているのを見つけ、試聴してみました。

やはり、明快な作風で聴き応えアリでした。

ODE1050-2D.jpg
Ondyne【ODE1050-2D】

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ フィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする