2017年10月08日

CD化を希望するマイナークラシック曲(5)ヘイノ・カスキ(Heino Kaski)

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10320813417.html
2009年8月14日

《転載開始》

Heino Kaski.jpg
Mieskuoro Sirkat - Heino Kaski
 
ヘイノ・カスキ 交響曲ロ短調作品16(1919)
Heino Kaski Sinfonia h-molli op 16
 
1885.6.21 ピエリスヤルヴィ(Pielisjärvi)現:リエクサ(Lieksa)生
1957.9.20 ヘルスィンキ(Helsinki)歿
 
 
 
ヘイノ・カスキというのは、エルッキ・メラルティン(Erkki Melartin)、
トイヴォ・クーラ(Toivo Kuula)、レーヴィ・マデトヤ(Leevi Madetoja)などといった、
シベリウスの少し後の世代のフィンランドの叙情性溢れる作曲家の一人。
数多くのピアノ曲、歌曲の他に、ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、
フルートソナタ等も残した。
繊細な心を持ち、それが作品に美しい叙情性となって表れているようだ。
貧しいが才能あるカスキを、シベリウスは度々援助したという。
彼の命日は、シベリウスと全く同じ日だった。
 
 
 
私は、1993年頃に、
『フィンランド管弦楽小品集』(SUOMALAISIA ORKESTERISÄVELLYKSIÄ)
指揮:キョスティ・ハータネン(Kyösti Haatanen)
ユヴァスキュラ市立管弦楽団(Jyväskylän kaupunginorkesteri)
【FACD 906】1989
に収録されている
管弦楽のための前奏曲変ト長調(Preludi orkesterille Ges-duuri op 7-1, 1912)
で、初めてヘイノ・カスキを知りました。
フィンランドの叙情性溢れる隠れた名曲と言えます。
カスキの管弦楽曲の数は、少ないようです。
NAXOS音楽配信サイトで聴く↓
ヘイノ・カスキ : 前奏曲 変ト長調 Op. 7 - 27014 - NML
管弦楽組曲第1番(Sarja orkesterille nro 1)
を書いたとの情報もネットに出ていますが、詳細不明。
こちらです↓
ヘイノ・カスキ (フィンランドの作曲家) - モバイル音楽辞典
 
 
 
ピアノ曲や歌曲などの小品が彼の作品の大多数を占めていますが、特に
前奏曲ロ短調『激流』(Preludi h-molli op 48-1 ”Pankakoski-Strom”)
夜の海辺にて(Yö Meren Rannalla, Nacht Am Seestrand op 34-1)
が比較的良く知られている様で、
YouTubeにもそれらの演奏が数多くupされています。
夜の海辺にて〜カスキ:作品集(CD)(舘野 泉, Mikael Helasvuo) - Amazon
カスキ ピアノ小品集(楽譜)(著・編:舘野 泉) - Amazon
 
 
 
で、本題に移ります。
Wikipediaに、何と、カスキの交響曲の情報が出ています。
でも、未だCD化されていません。
実は、2007年が没後50年という事で、
シベリウス没後50年とグリーグ没後100年とも重なっており、
英国BBCラジオがこの交響曲を記念して放送したそうです。
こちらにそれに関する詳しい情報がでています↓
ヘイノ・カスキ(Heino Kaski;1885-1957)の『交響曲ロ短調』・・・聴き逃してしまった方へ
※トラックバックしたのに何故か向こうに反映されません。まあいいか。
交響曲の初演は大成功であったにも拘らず、
繊細で傷つき易い後ろ向きの性格のためか、
次第に世間から忘れられていったという。
恐らくだが、余り自分を売り込むのが苦手な控えめタイプかも知れない。
『生涯独身』といった所からもわかる。
シベリウスと全く同じ日に亡くなったにも拘らず、
世間はカスキの死に気付かなかったという。
 
----------------------------------------------------------------------
 
以前にも書いたと思いますが、
私のマイナークラシック音楽に対するスタンスをおさらいしましょう。
 
「聴いてみるといい曲なのに何故無名なの?」といった気持ちは、
マイナークラシック音楽を聴いていると、よく感じます。
まあ、『運が悪かった』とか『権威主義的だから』
などといった理由があるんでしょうね。
 
駄作であるが故に埋もれてしまった曲も
勿論沢山あるにはあると思うんですが。
勿論、何を良いと感じるかも人それぞれだと思いますが、
最大公約数的基準があるんじゃないか?と思います。
 
取り敢えず、私にとっての『好きな名曲』の基準は、
『1回聴いただけで憶えやすいメロディ』『民族楽派:国民楽派』
である事が条件で、概ねその枠内で述べています。
それらの基準に合わない人には、何を言っても無駄です。
「興味があるかないか」だけですから。
 
私が無名のクラシック曲を紹介する時の「〇〇に似ている」
といった紹介の仕方は思いっきり『邪道』なんでしょうけど、
専門用語を駆使した紹介の仕方も、
閉鎖的で極限られた人にしかウケない分からない。
 
クラシック音楽が余り分からないという方にも
ウケる様にワカる様に紹介しないと意味が無いというのが私の持論。
これからも、邪道かも知れませんが、
こういったスタンスで、頑張って紹介し続けます!!
 
カリンニコフの様に、
無名からメジャーへ脱却する知られざる名曲がどんどん出てくる事を願います!!
でも、カスキの交響曲は未だ聴いていないので、何とも言えません。
 
【追記】
肖像画像追加(2017/10/25)
2012年2月3日、念願のカスキの交響曲を聴く事ができました。
ヘイノ・カスキの交響曲を聴く!!(Heino Kaski)(2)

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ フィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

ペーテル・ブノワ(Peter Benoit)(2)ベルギーの作曲家

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10324797954.html
2009年8月20日

《転載開始》

実は、当記事、4ヶ月前の4月20日に書こうと思っていました。
何故かと言うと、ブノワの代表作の一つである
『盛儀のミサ』の日本初演1周年記念に当たるからです。
しかし、その日は、ポルトガルの作曲家
ジョリー・ブラガ=サントス 』(Joly Braga Santos)
の紹介記事を書いてしまいました。
 
5月20日に書こうと思ってしくじり、6月20日に書こうと思ってしくじり・・・、
と、結局8月20日になってしまいました。
 
Peter・Benoit.jpg
ペーテル・ブノワ - Wikipedia
 
ペーテル・ブノワ
Peter Benoit(1834.8.17〜1901.3.8)
ハーレルベーケ(Harelbeke)生まれ
1857年、カンタータ「アベルの殺人」Cantata, Le Meurtre d'Abel(1857)により、
ベルギーのローマ大賞(Belgian Prix de Rome)受賞。
フランス語系文化が優位であった19世紀ベルギーに於いて、
フラマン系文化の発展に尽力した。
ベルギー国民楽派の祖である。
 
オペラ、カンタータ、協奏曲、ピアノ曲、などを残す。
 
盛儀のミサ(1860)
Hoogmis, Messe solennelle
2008年4月20日に、
長岡市立劇場大ホール(新潟県長岡市)で日本初演されたのが、この曲。
hoogmis.jpg
活動歴(2006年〜2010年) ≫ 長岡市民合唱団 Nagaoka Chorus
長岡市民合唱団 第23回定期演奏会 - にいがた音楽雑記帳
その日、会田誠さんから、
青山ブックセンターのトークショーに出て欲しいと言われ、
スケベ根性で後者に出たんですが、得るものは何も無く、
後で新潟に飛んでいれば良かったと激しく後悔しました。
>いつもながら、欲をかくと上手く行かないのです。
残念ながら、初演に立ち会う事は叶いませんでした。
そんなわけで、仕方なく、CDを買って聴いてみました。
 
素直に、素晴らしい曲だと思いました。
私、基本的には、純粋器楽による管弦楽曲が好きなので、
声楽曲は、余り聴きません。
そんなわけで、他のミサ曲とどの辺りが違うとか、
優れているとかの判別は付きません。
素直に、ミサ曲が好きな方にとっては、
恐らくとても素晴らしい曲には違いないと思います。
基本、退屈に感じる曲が駄目だと思っているので、
魅力的な旋律に溢れた『盛儀のミサ』は、とても良曲なのではないか?
と、思いました。
ベートーヴェンの『ミサ・ソレムニス』が好きだという方には、
大変薦めたい曲です。
 
特徴としては、前出の『ミサ・ソレムニス』は、
『主よ』(Kyrie)以外の全ての楽章の長さがそんなに違わないのですが、
『盛儀のミサ』の場合は、『我は信ず』(Credo)が極端に長いのに対し、
『聖なるかな』(Sanctus)が極端に短い。
 
第1楽章『主よ』(Kyrie)は、心の底から訴えかける『哀願』の様な雰囲気。
第2楽章『栄光の賛歌』(Gloria)は、題名どおりの明るい溌剌とした曲。
第3楽章『我は信ず』(Credo)は、最初は、
映画の悲劇的場面を思わせる劇的雰囲気。
一旦間が空いて、落ち着いた雰囲気の描写となるが、
その後栄光の賛歌的描写となる。
3部に分かれているのだろうか?
その『栄光の賛歌』っぽいメロディは、バロック音楽っぽいというか、
アルヴェーンの交響曲第2番第5楽章(フーガ)っぽいという感じの上に、
長ったらしいということもあって、聴いていてちょっと退屈に感じた。
敬虔なクリスチャンは、喜んで聴き入るのかも知れないが。
締め括りは、感動的に終わるけど。
第4楽章『聖なるかな』(Sanctus)は、堂々とした雰囲気に包まれている。
締め括りは、これで終わりなのだろうか?
と勘違いするほど華やかさに包まれている。
第5楽章『ほむべきかな』(Benedictus)は、
冒頭にハープが用いられるなど、夢心地の美しい旋律。
テノール独唱やオルガンが大活躍する。
締め括りは、何故か『Sanctus』と同じ旋律が使われる。
第6楽章『神の子羊』(Agnus Dei)は、
冒険映画のクライマックス辺りにでも使えそうな、悲劇的メロディ。
が、最後は感動的に幕を閉じる。
 
Peter Benoit DOM 2910 88.jpg

ペーテルブノワ『盛儀のミサ』
(Peter Benoit, Hoogmis)
演奏:BRTNフィルハーモニー管弦楽団&合唱団
(BRTN Filharmonisch Orkest en Koor)
指揮:アレクサンダー・ラハバリ
(Alexander Rahbari, علی رهبری)
テノール:ドナルド・ジョージ
(Donald George)
【DOM 2910 88】2003
 
【追記】
ハレルベケ → ハーレルベーケ
肖像画像と演奏会チラシの画像追加(2017/10/17)

《転載終了》
posted by Satos72 | └ ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

兵庫県の美術巡り オーケストラ・ナデージダ、エクセルシスの演奏会情報(2017年)

前半は音楽とは関係ない記事が続きますが、
その一部の内容が、後半で紹介する演奏作品にも関わってきます。
https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12310757585.html
2017年9月15日

《転載開始》

久々の更新です。
 
現在、気合いの入ったイラストを鋭意制作中ですが、
ブログ開設10周年である9月17日までには確実に間に合わない上に、
今回紹介する2つの演奏会が、その日を跨いで開催されるというので、
9月17日に更新する事に拘らないようにしました。
 
でもその前に、兵庫県の美術巡りをしてきたので、そのレポートと行きます。
 
こうぶんこうぞうさんの画業20周年記念個展
『CHILD STORY』
が開催されるというので、その初日の12日に、
神戸ポートピアホテル内にあるポートピアギャラリーに行って参りました。
 
兵庫_1.JPG
兵庫_2.JPG
兵庫_3.JPG
兵庫_4.JPG

ブログが縁で知ったのですが、
こうぶんさんの創造したコットンくんという謎キャラ
(ドラゴンボールの界王神みたいな)を気に入ってしまい、また、
裏表が無く、真っ直ぐでブレないこうぶんさんの人柄も気に入って、
ずっとファンをさせていただいています。
 
こうぶんさんについては、以前にもブログで展覧会のレポートを書いています。
『Dress...』展(こうぶんこうぞう)を観に行った(2010.3.6)
2010年3月7日
怪人・ルイヴィトン作業着男あらわる!!
2014年12月29日
 
最初にお会いしたのが7年も前か…。
早いものだ。
 
 
 
 
 
実はその一つ前に『怖い絵』展(兵庫県立美術館)を鑑賞していました。
こうぶんさんの個展に行くついででした。
 
兵庫_5.JPG
兵庫_6.JPG

平日だと思って空いているだろうと思って行ってみた所、意外にも激混みで、
「一体この人達は普段何しているの?」と思いましたが、
チケット売り場が大行列で、1時間は軽く待ちそうな気配でしたが、
駅から美術館に向かう途中のBBプラザという複合娯楽施設で、
当日券が売られているのをチラ見して知っており、
面倒でしたがそこまで戻ってチケットを購入しました。
それなら最初からそこで購入すれば良かった事を学びました。
 
感想ですが、絵画展示数も内容も、凄い濃かったです。
ただ個人的には、オーストリアの幻想画家、
アルフレート・クービン(Alfred Kubin)
の作品があれば尚良かったなと思いました。
 
Alfred Kubin_2.jpg
『誕生の瞬間』(1903年)
The Shadow World of Alfred Kubin | by Christopher Benfey | NYR Daily
 
シュルレアリスムを先取りした一人と言われ、
奇怪な異形の者の描写が、まるで仮面ライダーの敵怪人か、
デビルマンに出て来る悪魔か、ウルトラ怪獣を先取りしている様で、
私のお気に入りの画家です。
 
ちなみに、クービンについては過去に幾つか記事にしています。
アルフレート・クービン(Alfred Kubin)オーストリアの表現主義・幻想画家
2009年10月20日
アルフレート・クービン(Alfred Kubin)オーストリアの表現主義・幻想画家(2)
2009年10月22日
 
「怖い絵展」の切っ掛けともなった、
同名の書籍をお書きになった中野京子さんはドイツ文学者だそうですが、
オーストリアはドイツ文学関係あるのかなとか、色々考えました。
(不勉強ですいません)
 
まあでも「怖い絵」といっても、
あれもいいねこれもいいねとやってるとキリが無いと思うので、
選ぶのに苦労したとは思います。
 
あと面白かったのは、展示が終わった後のグッズの売店での商品。
展示内容にちなんだものが売られていました。
例えば、ホガースの酒に関する諷刺画にちなんで、
イギリスの酒が売られていたり、「白い恋人」とのコラボ商品、
「黒い恋人」も販売されていたり(私が見た時は売り切れ)。
 
よく、伊藤若冲とかブリューゲルなどのキャラを、
ソフビ人形か何かのグッズにするとか最近してますよね。
私はユーモア大好きなので、個人的にこういう路線は好きです。
 
 
 
 
 
兵庫県立美術館の最寄駅は、阪神電鉄の岩屋駅なのですが、
その外壁上部には、子どもたちが描いたと思われるカエルの絵が
デザインされています。
 
兵庫_7.JPG
兵庫_8.JPG

兵庫県立美術館にも、くいだおれ太郎みたいなカエルが飾られていますけど、
岩屋の辺りは何か蛙にゆかりのある土地柄なのでしょうか?
よく分かりません。
 
私は兵庫県立美術館の蛙を、
「くいだおれ次郎」「くいだおれケロ」
と勝手に名付けました。
正式名称は知りません。
 
それから、岩屋駅前のクリーニング店のマスコットが何だか…。
 
兵庫_9.JPG

「モハメドペンちゃん」だそうで、つくづく関西はユーモアあって好きだなあ。
 
 
 
 
 
帰りに立ち寄ったのは、武庫之荘にある「ゴーダ屋」という立ち飲み屋さん。
 
兵庫_10.JPG

関西に来たらこの店に立ち寄ろうと前から決めていたので、
念願が実現いたしました。
何故来ようと思っていたのかというと、
「四国で一番有名な一般人」氏の妹さんがオーナーだからです。
(さて誰でしょう?)
 
兵庫_11.jpg

毎週火曜日は「あてカレーの日」だそうですが、
こうぶんさんの個展の初日が奇遇にも火曜日だったので、
あてカレーを戴くことができました。
 
基本的にあてカレーにはご飯は付いていないそうですが、
「ご飯は?」と言ってしまったために、ご飯つきになってしまいました。
(ただし、玄米ご飯です。私は玄米ご飯大好きです)>
申し訳ありません。
 


そんなわけで、「ゴーダ屋」をよろしくお願いいたします!!
(勝手に宣伝)
ちなみに、業田良家さんは無関係です。
 
 
 
 
 
最後に、町で見かけたもの。
 
大阪_1.JPG

2025年に大阪に万博誘致を目指しているというポスター。
もし実現したら、55年ぶりですか?
 
大阪_2.JPG

前に大阪に来た時にも見かけましたが、
地下鉄の歩きスマホを注意するポスターが、
ケモナーにはたまらない絵となっています。
 
あと、武庫之荘駅のホームで見た、
初音ミクが「リボンの騎士」のサファイア王子に扮しているポスター
も撮影したかったのですけど、
夜だったので別の所でも見られるだろうと思いきや、
結局出会えず撮影できず残念でした。
 
コレですね↓
tezuka_miku.jpg
【お知らせ】手恷。虫記念館第71回企画展 「初音ミク×手恷。虫展−冨田勲が繋いだ世界−」
 
 
 
 
 
お次はやっと演奏会情報
 
オーケストラ・ナデージダ第17回演奏会
 
オーケストラ・ナデージダ第17回演奏会.jpg

【プログラム】
グレチャニノフ:交響曲第1番 ロ短調 作品6
Александр Тихонович Гречанинов
Симфония 1 си минор, соч. 6
ラウタヴァーラ:愛の話 - 「幻影の書」より第3曲
Einojuhani Rautavaara
A Tale of Love : from Book of Visions
ラフマニノフ:交響詩「死の島」 作品29

Сергей Васильевич Рахманинов
Остров мёртвых (симфоническая поэма)
チャイコフスキー:デンマーク国歌による祝典序曲
Пётр Ильич Чайковский
Торжественная увертюра на датский гимн, D-dur
 
指揮:渡辺 新
 
開催日:2017年9月16日(土)
開場:13:00 (開演:13:30)
入場料:1,000円(全席自由席)
※江戸川区在住の方と65歳以上の方は入場無料
(詳細はホームページをご覧ください)
会場:タワーホール船堀
後援:ロシア文化フェスティバル日本組織委員会 日ロ文化交流センター
オーケストラ・ナデージダ第17回演奏会 | まいぷれ[江戸川区]
 
グレチャニノフの交響曲第1番は、
二十代初頭にCDを手に入れて聴いております。
それを生で聴くのは初めてです。
ロシア情緒に溢れています。
 
ラウタヴァーラは、フィンランドの現代音楽家。
現代音楽なのであえて避けてはいましたけど、
現代音楽にも味わい深いものはあるので、
期待はしています。
 
交響詩「死の島」は、実は、スウェーデン国民楽派の作曲家、
アンドレアス・ハッレーン(Andreas Hallén)が、
ラフマニノフよりも11年も早く書いています。
ラフマニノフの方が知名度が高いので、どうせなら、
「ハッレーン版死の島」にして欲しかったと個人的には思っています。
ハッレーンのも情感豊かで凄く良いんですよ!!
 
というか、そろそろナデージダもエクセルシスも、
ハッレーンとかミエルク辺りを取り上げても良さげな時期の気はします。
 
シベリウスの少し後の世代のフィンランドの数々の作曲家たちが、
私の知る限りでは、ナデージダもエクセルシスも、
今まで取り上げているのを見た事が無いので、
そろそろかなとは思っていますが。
 
シベリウスの少し後の世代のフィンランドの数々の作曲家たちが、
私の知る限りではナデージダもエクセルシスも今まで取り上げているのを
見た事が無いので、そろそろかなとは思っていますが。
 
これは凄い奇遇なんですけど、前述の「怖い絵展」に、
マックス・クリンガー版「死の島」が展示されていたのですけど、
兵庫県立美術館でしか展示しないそうです。
(他の巡回展(上野の森美術館)では展示しないらしい)
toteninsel.jpg
「怖い絵」展 - Twitter
 
「デンマーク国歌による祝典序曲」は、
有名作曲家による知名度の低い曲と思われるので、
こういう取り上げ方もいいですよね。
 
 
 
 
 
オーケストラ《エクセルシス》第8回演奏会
 
オーケストラ《エクセルシス》第8回演奏会.jpg

【プログラム】
クーラウ:劇音楽「妖精の丘」序曲 op.100
Daniel Friedrich Rudolph Kuhlau
Elverhøj, op 100
リスエア(リーサゲル):シンフォニア・ガイア(交響曲第4番)
Knudåge Riisager
Symfoni nr 4 op 38 Sinfonia Gaia
ベアセン:交響曲第2番「海」
Hakon Børresen
Symfoni nr 2 A-dur op 7 Havet
 
指揮:大浦智弘
 
開催日:2017年9月18日(月)
開場:13:30 (開演:14:00)
入場料:1,000円(全席自由)
会場:杉並公会堂
後援:デンマーク大使館 杉並区
オーケストラ《エクセルシス》第8回演奏会 - motton
 
今回は、デンマークの作曲家に焦点を当てた演奏会です。
ナデージダの2日後です。
 
デンマークのクラシック音楽というと、クラシック音楽界一般的に、
カール・ニルセン(ニールセン)の名前だけが、
音楽の教科書に掲載されているという理由で
かろうじて知られているという印象で、全体的にパッとしない。
 
ちょっとマイナークラシック音楽を知るレベルだと、ニルス・ゲーゼ、
ヨーハン・ペーター・エミリウス・ハートマンを知っている程度でしょうか?
(追記:あと、ルーズ・ランゴー、ハンス・クリスチャン・ロンビもいましたね)
でも勿論、余り知られていないだけで、実際はもっといるわけです。
 
クーラウの「妖精の丘」は、生で聴いてみたかった曲の一つで、
これで念願が叶います。
一昨年に日本で「妖精の丘」全曲舞台初演があり、
うっかり見逃して悔しい思いをしましたが、
今回は序曲の演奏だけですけど、コレも中々良いので、
期待しています。
 
オーケストラ・ナデージダの演奏プログラムの一つ、
チャイコフスキーの「デンマーク国歌による祝典序曲」は、
デンマーク国歌の旋律を素材として用いた作品ですが、
実は「妖精の丘」にも、デンマーク国歌の旋律が使用されています。
序曲の終盤でデンマーク国歌が高らかに歌い上げられる所も同じ。
偶然なのか何なのか?とにかく凄い巡り合わせですね。
「死の島」の件も含め、こういった「奇遇」はよくある事とはいえ、
つくづく不思議に思います。
 
リスエアは初めて知る作曲家です。
20世紀の作曲家というと、やはり現代音楽というイメージがあり、
中々取っ付きにくい印象ではありますが、
YouTubeでササッと適当に聴いてみたところ、
中々味わい深い作風なので、これは期待大と思いました。
 
「シンフォニア・ガイア」
というのが何だか雄大でカッコいいので期待しています。
ちなみにYouTubeに出ていないようです。
(交響曲第1〜3番までは出ていますが)
 
ヘーコン・ベアセンは確か、
オーケストラ・ナデージダが交響曲第1番を演奏していました。
チャイコフスキー以上に情感が溢れまくっている曲です。
その頃私はまだナデージダもエクセルシスも知らなかったのですが。
 
そのベアセンの交響曲第2番「海」を生演奏で聴けるわけですが、
確かCDで聴いた印象では余りパッとした作品では無かった気がします。
1回聴いただけで聴くのをやめていたのです。
しかし、YouTubeとかCDでは余り魅力を感じなかったものの、
生演奏では味わい深く感じた作品があったので、
この作品も多分感動を味わえる気がします。
 
それと、個人的には、カッコいい雰囲気の
ホーネマンの「グレ序曲」をアンコールで演奏してくれれば、
凄い嬉しいんですが(曲も割りと短いし)。
 
そんなわけで、長々と長文失礼いたしました。

《転載終了》
posted by Satos72 | テーマ別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする