2016年12月18日

フィクレト・アミロフ(Fikrət Əmirov)アゼルバイジャンの作曲家

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10437697042.html
2010年1月19日

《転載開始》

Fikrət Əmirov.jpg

フィクレト・マシャディ・ジャミル・オグル・アミロフ
Fikrət Məşədi Cəmil oğlu Əmirov
Fikret Mashadi Jamil oghlu Amirov(1922-1984)

ギャンジャ(Gəncə)生まれ
バクー(Bakı)歿
アゼルバイジャン民謡の影響を強く受けた、
言わばアゼルバイジャン民族楽派。

【代表作】
交響的ムガーム『シュール』(1946)
Simfonik muğam ”Şur”
交響的ムガーム『キュルド・オヴシャル』(1949)
Simfonik muğam ”Kürd Ovşarı”
アゼルバイジャン奇想曲(1961)
Azərbaycan kapriççiosu
バレエ音楽『ニーザミー』(1947)
Balet ”Nizami”
歌劇『セヴィル』(1953)
Opera ”Sevil”


フィクレト・アミロフ - Wikipedia, 日本語

ガラ(カラ)・アブルファズ・オグル・ガラーエフ(カラーエフ)
(Qara Əbülfəz oğlu Qarayev, Kara Karayev)
と共に、アゼルバイジャンを代表するクラシック作曲家。
ASVOLYMPIAという、
無名だけど重要なクラシック曲を数多く出しているレーベルから
アミーロフの重要な管弦楽曲のCDが出ていたものの、
現在は廃盤です。
Amazonのマーケットプレイスでは、
物凄いプレミア価格が付いています。
カラーエフの方は、
つい最近交響曲第3番のCDがNAXOSから出たばかりですが。

今回紹介する曲は、『アゼルバイジャン奇想曲』です。
『スターウォーズ』の戦闘場面のBGMかと思ってしまう
強烈なメロディ!!
戦争映画に使えそうです。
因みにアミーロフは、第二次世界大戦に従軍し、負傷しております。
それと、トルコ系という事もあってか、
中東風の雰囲気もあったりします。
モーリス・ラヴェルの『ボレロ』っぽいというか、
スペイン国民楽派を、
印象派の手法で処理したみたいなメロディも登場します。
こんな曲が廃盤というのは、本当に勿体無い!!
再生産か、NAXOS辺りからCDが出る事を願っての紹介です。



アゼルバイジャン奇想曲
(Azərbaycan kapriççiosu, Azerbaijan Capriccio)
指揮:フアード・イブラヒモフ(Fuad Ibrahimov)
演奏:ケルンフィルハーモニー管弦楽団(Sinfonieorchester Köln)
http://www.youtube.com/watch?v=PaKSX0N6GCk


【記事更新】
肖像画像1枚追加
カラーエフの名前を更新
(2016/12/24)

《転載終了》
posted by Satos72 | └ アゼルバイジャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする