2016年08月10日

ピェタル・ガツィ(Pjetër Gaci)アルバニアの作曲家

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10633174403.html
2010年8月29日

《転載開始》

Pjetër_Gaci.jpg

ピェタル・ガツィ(Pjetër Gaci)1931-1995

シュコドゥラ(シュコダル)Shkodra(Shkodër)生まれ
モスクワ音楽院で学び、帰国後、映画音楽を作曲する。
2つの歌劇を書いた。
シュコドゥラに没する。
Pjetër Gaci - Wikipedia, Shqip
Pjetër Gaci - Wikipedia, Polski

日本では殆ど全く知られていない(と思われる)アルバニアの作曲家。
以前にもアルバニアのクラシック音楽を少し紹介しました。

アルバニア初の交響楽作品は、
マルティン・ジョカ(Martin Gjoka, 1890-1940)
交響曲『スカンデルベグ廟の2つの花』(1922)
Simfoni ”Dy lule mbi vorr të Skënderbeut 《Skanderbegut》”
らしいです(1922年以外の作曲年を提示している資料もあり)。

で、アルバニア初の本格的な交響曲は、
チェスク・ザデヤ(Çesk Zadeja, 1927-1997)
交響曲第1番(1956)
Simfoni nr.1
らしい。

そこで、ガツィの交響的作品を聴いてみましょう。
交響的舞曲第1番(Valle simfonike nr1)
http://www.youtube.com/watch?v=pJkNjTKLx6M


続いて、室内楽作品。
バラード(Ballade)
ヴァイオリン(violinë):エリオナ・ヤホ(Eriona Jaho)
ピアノ(pianist):デサル・スレイマニ(Desar Sulejmani)
http://www.youtube.com/watch?v=npmwWgAAvsE


民族色豊かで心を打つ、隠れた名曲だと思います。
ガツィは、アルバニア国民楽派と見て間違い無い!!

ガツィが作曲を担当した映画がYouTubeにありました↓
『爆発』(Shpërthimi)1974
監督:ムハッレム・フェイゾ(Muharrem Fejzo)
http://www.youtube.com/watch?v=FGX1SHawp5E


アルバニアは以前は鎖国をしていたという事もあり、
秘密のベールに包まれていた所がかなりありました。
が、これからは、アルバニアについての情報が、
どんどんと外部の人々に知られる事になるでしょう。
その後押しを、微力ながら手伝えれば、と、思っております。

《転載終了
タグ:アルバニア
posted by Satos72 | └ アルバニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

チェスク・ザデヤ(Çesk Zadeja)アルバニアの作曲家

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10981176155.html
2011年8月10日

《転載開始》

チェスク・ザデヤ(Çesk Zadeja)1927-1997

シュコダル(Shkodër)生まれ。
シュコドラ(シュコダル)ラジオ(Radio Shkodra)に勤務していたが、
共産主義政権誕生後、
ソビエトロシアのモスクワ音楽院で学ぶ。
アルバニアの音楽振興発展に貢献する。
イタリアのローマに没する。
Çesk Zadeja - Wikipedia, Shqip

Cesk Zadeja.jpg

以前、アルバニアのクラシック音楽について書いた時にも
彼について軽く触れました。
アルバニアのクラシック音楽シーンに於いて、
非常に重要な存在らしいです。

その時、アルバニア初の本格的交響曲を書いた事や
(追記:それ以前にマルティン・ジョカによって
『スカンデルベグ廟の2つの花』
という表題付きの交響曲が書かれていますが、
ザデヤの交響曲は、表題無しで4楽章制という意味で、
アルバニア初の本格的交響曲と看做しました)、
ピアノ曲のCDが出ている事を書きました。
そのピアノ曲については、後日紹介する予定です。
アルバニアクラシック音楽事情

その記事を書いた時はまだYouTubeに出ていなかったのですが、
その後、ザデヤの交響曲第1番がYouTubeに上げられているのを確認。
それから1年以上経過してやっとブログで紹介する事になりました。
なぜ今頃の紹介なのかについては、特に理由はありません。
単なる気紛れ。
因みに、その交響曲のCDが存在するのかどうか検索で確認してみた所、
実はあるらしい!!

チェスク・ザデヤ
交響曲第1番(Simfoni nr.1)
ピアノ協奏曲(Koncert për Piano dhe orkestër)
ヴァイオリンソナタ(Sonatë për Violinë)
演奏:モスクワ放送交響楽団
    RTSH管弦楽団
指揮:レアニート・モイセーヴィチ・ピャチゴルスキー
    (Леонид Моисеевич Пятигорский)
    エノ・コチョ(Eno Koço)
ピアノ:ノラ・チャシュク(Nora Çashku)
ヴァイオリン:パンドゥシュ・ヂェズィ(ギェズィ・ジェズィ)(Pandush Gjezi)
【ACL 0107】2007
http://www.aelfior.com/clasical.html

Cesk Zadeja ACL 0107.jpg

2007年に既に出ていたようです。
前回紹介する時に検索で見つけられなかったので、
未だ出ていないと書いてしまいました。
(恐らく当時は未だネットに出ていなかった?)
でも、紹介頁が画像検索で1件しかヒットしなかったので、
恐らく地元にでも行かないと手に入らなさそう。

「チェスク」を「セスク」と表記なさっている方がおられますが、
恐らくフランス語で[Ç]を[S]と発音するからだと思います。
しかし、アルバニア語では、英語の[CH]にあたる発音をするので、
「チェスク」と呼ぶのが正解。

交響曲第1番(Simfoni nr.1, 1956)第2楽章(Koha U)
演奏:新アルバニアフィルハーモニー管弦楽団
指揮:デサル・スレイマニ(Desar Sulejmani)
演奏場所:ティラナ(Tiranë)
演奏年:2007年
ザデヤ生誕80周年を記念した演奏会らしい。
第2楽章しか上げられていないらしい。
民族的な響きを感じる、幻想的で美しい旋律。
全曲が聴いてみたい!!
http://www.youtube.com/watch?v=pNYXqV7oplg






【追記】
レオニード・ピアチゴルスキー(Leonid Piatigorsky)

レアニート・モイセーヴィチ・ピャチゴルスキー
(Леонид Моисеевич Пятигорский)

《転載終了》
タグ:アルバニア
posted by Satos72 | └ アルバニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

アルバニア狂詩曲の色々(Albanian Rhapsodies)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10988208846.html
2011年8月17日

《転載開始》

以前、『アルバニア狂詩曲』って無いかな?と思って調べてみたら、
アネスティ・ノヴァ(Anesti Nova)のアルバニア狂詩曲
のCDが出ている事を確認し、購入して鑑賞しレビューを書きました。
実は、アネスティ・ノヴァの存在を知ったのも
その時が初めてだったんですが。

その後、ノヴァの他にもアルバニア狂詩曲を書いている人が
いるという事を確認しました。
今回はそれを紹介します。

アルバニア狂詩曲(カラ・カラーエフ)
Албанская рапсодия(1952)
Qara Qarayev, Кара Караев, Gara Garayev(1918-1982)
YouTubeで「Albanian Rhapsody」を検索してみたら出てきました。
カラーエフは、アゼルバイジャンの作曲家として
そんなにマイナーではない知名度。
私は『アゼルバイジャン狂詩曲』を書いているのだとずっと誤解していて、
今回改めて調べ直してみたら、
『アルバニア狂詩曲』の間違いであると気付きました
(アミーロフの”アゼルバイジャン奇想曲”とごっちゃに考えていた?)。
バルカン地方の曲は、オスマン帝国に支配されていた関係なのか?
微妙に中東っぽいというかトルコっぽい雰囲気があったりしますね。
隠れた名曲だと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=_zTLu5WCjo8


3つの交響詩『アルバニア狂詩曲』(ムラト・シェフ)
3 poema simfonike me titull ”Rapsodi Shqiptare”
Murat Shehu(1897-1978)
ベラト(Berat)生まれ。
15歳の時に渡米。
つまり、アルバニア系アメリカ人。
他に、
・アルバニアの花(Lulja e Shqipërisë)
・我らの母(Mëma jonë)
・アルバニアの一夜(Një natë në Shqipëri)
等の作品がある。
上記は全てWikipedia情報なので、
内容の真偽については保証できませんけど、
本当なら是非とも聴いてみたい!!
Murat Shehu - Wikipedia, Shqip

CD化されているのかどうか調べてみたところ、実はありました!!
Albanian Music Classics - Amazon
でも、海外のアマゾンです。
物凄く手に入れるのが難しそう。
日本でも海外のAmazonを利用出来るのだろうか?
因みに、その他のも含めた収録曲を紹介します。

ALBANIAN MUSIC CLASSICS 2.jpg

アルバニアのクラシック音楽(CD)
ALBANIAN MUSIC CLASSICS
KLASIKË MUZIKORË SHQIPTARË
●マルティン・ジョカ(Martin Gjoka, 1890-1940)
・交響曲『スカンデルベグ廟の2つの花』(フルオーケストラ版)
(Simfoni ”Dy lule mbi vorr të Skënderbeut《Skanderbegut》”)
●トマ・ナッスィ(Thoma Nassi, 1892-1964)
・羊飼いの笛(フルートまたはヴァイオリンとピアノのための小品)
(Pieces for flute (or violin) and piano The Shepherd's Flute)
・アルバニアの嘆き(Albanian Lament)
・組曲『アルバニア舞曲』(A Suite of Albanian Folk Dances)
・ナイチンゲール(Nightingale)
●ファン・スティリアン・ノリ(Fan Stilian Noli, 1882-1965)
・交響詩『スカンデルベグ』(管弦楽)(Scanderbeg)
・哀れなガスパール(テノールと管弦楽)(Le Pauvre Gaspard)
●ムラト・シェフ
・アルバニア狂詩曲

※「世界初録音」(World Premiere Recordings)
とジャケットの下に出ています。

※トラック6の曲は、Amazonに”Scanferbeg”と出ていたのですが、
単なる打ち込み間違いと思われますので、
自主的判断で”Scanderbeg”としました。

※以前ココでジョカの
『スカンデルベグ(スカンデルベク)廟の2つの花』を紹介した時、
CDの存在を確認出来ませんでしたが、
その時既にこのCDが出ていたのかどうかは不明。

※上記の作曲家(アネスティ・ノヴァも含めて)は、
マルティン・ジョカ以外は全て渡米しているようです。

アルバニア狂詩曲第2番(ラマダン・ソコリ)
Rapsodi Shqiptare nr.2
Ramadan Sokoli(b. 1920)
現在手に入りやすいアルバニアのピアノ曲CDが2つほどあります。
その第2弾に収録されています。
アルバニア狂詩曲(アルバニアピアノ曲集第2弾)
Rapsodi Shqiptare(Albanian Piano Music, Volume 2)
Guild【GMCD 7300】
それまで紹介したのは管弦楽曲でしたが、コレはピアノ曲です。
この曲が、オムニバスCDのタイトルに使用されているわけです。
よく、オムニバスのクラシック曲集のタイトルが
「〇〇Rhapsody」だったりする事は多いです。
これについては、日を改めて紹介するとします。





【追記】
ファン・スティリアン・ノリの作品の楽器編成を追記(2016年5月23日)
Gjoka* / Nassi* / Noli* / Shehu* ‎– Albanian Music Classics - Discogs

《転載終了》



マルティン・ジョカ(ヂョカ)の
交響曲『スカンデルベグ廟の二つの花』
と思われる曲がYouTubeに出ていました。
https://www.youtube.com/watch?v=5C6VLiPDa30


アレクサンダル・ヴェズリ(Aleksandër Vezuli)の
『アルバニア狂詩曲』(管弦楽)もどうぞ!!
https://www.youtube.com/watch?v=Uih1IBdkK-Q
posted by Satos72 | └ アルバニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする