2018年02月04日

ザカリア・パリアシュヴィリ(ზაქარია ფალიაშვილი)グルジアの作曲家

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10276903167.html
2009年6月8日

《転載開始》

ზაქარია ფალიაშვილი.jpg
ザカリア・パリアシュヴィリ
ზაქარია ფალიაშვილი, Zakharia Paliashvili
(1871-1933)
 
クタイスィ(ქუთაისი, Kutaisi)生まれ
トビリスィ(თბილისი, Tbilisi)歿
 
【Wikipediaより】
少年時代に、地元のカトリックの聖マリア教会において、
聖歌隊員として歌う傍ら、オルガン演奏を学ぶ。
音楽の手ほどきを、後に指揮者となった兄イワンから受ける。
 
1887年にトビリシに移り、
やはりカトリックの聖マリア被昇天教会の聖歌隊に加わり、
ついには同地の音楽学校に入ってフレンチホルンと作曲を学んだ。
 
1900年から1903年までモスクワ音楽院にて
セルゲイ・タネーエフに作曲を師事。
 
帰国してすぐ、民謡を蒐集し、
グルジア・フィルハーモニー協会の創立者に名を連ね、
トビリシ音楽院の院長に就任するなど、
グルジアの国民楽派の発展に大きな役割を果たした。
 
【代表作】
歌劇『アベサロムとエテリ』
(ოპერა ”აბესალომ და ეთერი”, Opera ”Absalom and Eteri”)1913
歌劇『薄暮』
(ოპერა ”დაისი”, Opera ”Daisi” 《Sunset》)1923
聖金口イオアン聖体礼儀
(Liturgy of St. John Chrysostom)
ザカリア・パリアシュヴィリ - Wikipedia, 日本語
 
この作曲家は、グルジア国民楽派の開拓者らしい。
が、余りまともにCDが出ていない。

取り敢えずは、グルジア国歌の作曲者ということで、そのCDは出ている。
グルジア国歌『自由』(თავისუფლება)
世界の国歌集 (The Complete National Anthems of the World, 2005 edition) - Amazon

また、
『聖金口イオアン聖体礼儀』(Liturgy of St. John Chrysostom)
のCDも出ている。
ზაქარია ფალიაშვილი MKM 153.jpg
指揮:リュドミーラ・アルシャフスカヤ(Людмила Аршавская, Ludmila Arshavskaya)
合唱:カントゥス声楽アンサンブル(Cantus Sacred Music Ensemble)
Olympia【MKM 153】1995, 2004

『クラシック音楽作品名辞典』(三省堂)では、上記のオペラ2曲だけだが、
一応紹介はされている。
 
奇遇にも、この記事を書いた当日にYouTubeに上げられたばかりの
『アベサロムとエテリ』の一部を紹介します。
再生回数は、私が最初でした(0回と出ていました)。
ボロディンっぽいというか、
カフカス系っぽい中央アジアっぽいかなり魅力的な曲なのに、
何故CDが出ていないんだろう・・・?
というか、それ以前に、代表作でしょ?
でも一応、録音はされているわけだ。
殆ど地元くらいしかレコードが出回っていないのだろうか?
アベサロムとムルマナの二重唱(アベサロムとエテリ)
Duet of Abesalom and Murmana from Abesalom and Eteri
ズラプ・アンジャパリゼ(ზურაბ ანჯაფარიძე, Zurab Andjaparidze)
ペトレ・アミラナシュヴィリ(პეტრე ამირანაშვილი, Petre Amiranashvili)
ボリショイ劇場管弦楽団(Bolshoi Theater Orchestra)
YouTubeの静止映像に出ているのがアンジャパリゼ

往々にして、或る国、或いは或る地域独自のクラシック音楽の開拓者が、
地元でも余り注目されていなかったりCDが余り(或いは殆ど)
出ていなかったりするというのはよくある。
アルメニアのスペンディアリャン
(Alexander Spendiaryan, Ալեքսանդր Սպենդիարյան, 1871-1928)然り。
アイスランドのスヴェインビョルンソン
(Sveinbjörn Sveinbjörnsson, 1847-1927)然り。
ベルギーのペーテル・ブノワ(Peter Benoit, 1834.8.17〜1901.3.8)然り。
沖縄の金井喜久子(1906-1986)然り・・・。
Wikipedia情報によれば、
『民謡主題によるグルジア組曲』(Georgian Suite on Folk Themes)
という、私にとってもろ『ツボ』な管弦楽曲も書いているとの事なので、
取り敢えずそれが物凄く聴きたい!!
私は、自分でこれはいい!!と思うものを、
これからもどんどん紹介していきますので!!
 
 
 
【追記】
肖像画像、CD画像とその演奏者情報追加
ナクソスの音楽サイトのグルジア国歌の頁が消滅したのでリンクを削除
(2018/1/30)

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ グルジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

ザカリア・パリアシュヴィリ(ზაქარია ფალიაშვილი)(2)グルジアの作曲家

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10388184751.html
2009年11月14日

《転載開始》

ზაქარია ფალიაშვილი.jpg

ザカリア・パリアシュヴィリ - Wikipedia

ザカリア・パリアシュヴィリ
ზაქარია ფალიაშვილი, Zakharia Paliashvili
(1871-1933)

パリアシュヴィリのエントリーを書いてから、
彼の代表作である歌劇『アベサロムとエテリ』のタグによる検索で、
私のブログを訪れる方が時々いるんです。

日本ではまともに紹介されてもいないグルジアを代表するオペラについて
関心を向ける人(日本人)が、マイナーにしては多く感じます。
なので、これはもっと鼓舞すべきだなと思いました。

『アベサロムとエテリ』で検索すると、金管と打楽器による、
『アベサロムとエテリ』の中の『バレエ』曲の楽譜の販売サイトが出てきます。
アコード出版
アンサンブル譜【混合8重奏(混合+打楽器)】

アンサンブル楽譜
サンプルCDの販売も行っていて、どんな曲なのか分かると思います。
歌劇「アベサロムとエテリ」 - アンサンブル楽譜Pro

ジョージアナビ(Georgianavi)
グルジア音楽についての基礎知識
グルジアなび 〜グルジア音楽〜

YouTubeで、パリアシュヴィリの曲が他にもあるかどうか確認したところ、
やはり有りました!!

『薄暮』(დაისი, daisi, 1923)という3幕もののオペラの一部が出ています。
音源があるという事は、少なくともレコードはあるという事ですね。

でも、CD化はされていないのでしょう。
例の紛争の影響で、CD化所ではない?

アリクサーンドゥル・バラヂーン(ボロディン)やアラム・ハチャトゥリャーン
を思わせる作風ですが、ボロディン自身、グルジア貴族の出身であるため、
納得が行きます。

非嫡出子であるため、貴族の身分は与えられなかったそうですが。
パリアシュヴィリの音楽的な先輩と言えるかもしれません。

ハチャトゥリアンも、グルジア生まれのアルメニア人である上に、
カフカス地方の民族音楽の影響を受けているので、
パリアシュヴィリやスペンジャリャン(アルメニア国民楽派の草分け)
の後輩的存在と言えるかも知れません。



-----------------------------------------------------------------
『薄暮』(ოპერა ”დაისი”(daisi), 1923)
3幕もののオペラ。

ფალიაშვილი, დაისი, AQVR 359-2.jpg

序曲(უვერთურა)
録音:1960年
演奏:グルジア歌劇場合唱団、交響楽団
(Chorus and Symphonic Orchestra of Georgian State Opera and Theatre)
指揮:ヴァフタング・パリアシュヴィリ(ザカリアの弟?)
(ვახტანგ ფალიაშვილი, Vakhtang Paliashvili)
マルカズ(Malkhaz, მალხაზ):テンギズ・ザアリシュヴィリ
(თენგიზ ზაალიშვილი, Tenghiz Zaalishvili)
マロ(Maro, მარო):メデア・アミラナシュヴィリ
(მედეა ამირანაშვილი, Medea Amiranashvili)

全体的に落ち着いている雰囲気が、まるで間奏曲にでもある感じ。
でもそれでいて、グルジアの民族的なメロディの要素も入っています。
2分半ちょっと手前辺りから出てくる主要主題の雄大な調べを聴くと、
カフカスの高原でもイメージしてしまいそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=XPuwoUg60iE


グルジア舞曲(ქართული ცეკვა)
静止画像ではなく、実際に踊っている映像が見たいところ。
このオペラの重要な見せ所でしょうね。
この旋律を聴いただけでも、あのせわしい感じのグルジア舞曲の情景が
頭に浮かぶようです。
https://www.youtube.com/watch?v=VLNgebe0Q8Q


Maro Shuqur varskvlavi
恐らく、グルジア語をラテン文字に転写したものだろうと思いますが、
意味は不明。
恐らく『アリア』だろうと思いますが、勝手な憶測は避けます。
グルジアオペラは、素早く流れる様な美しい歌声が、
聴いていて心地良く感じます。
https://www.youtube.com/watch?v=zeQvtorwfZw


CD化お願いしますって!!

【訂正】
・グルジア国民楽派の草分けは、パリアシュヴィリではなく、
メリトン・バランチヴァーゼ(მელიტონ ბალანჩივაძე)。
・『アベサロムとエテリ』は、1998年頃に既にCD化されていました。
スペンジャリャン → スペンディアリャン

【追記】(2017/5/9)
肖像画像1枚、CD画像1枚追加
リンク切れのURL削除(2017/5/9)

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ グルジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

ヴィクトル・ドリーゼ(ვიქტორ დოლიძე)グルジアの作曲家

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11349554029.html
2012年9月12月

《転載開始》

ვიქტორ დოლიძე.jpg
画像はコチラから拝借↓
ვიქტორ დოლიძე - ბიოგრაფიული ლექსიკონი

ヴィクトル・イシドロヴィチ・ドリーゼ(1890−1933)
ვიქტორ ისიდორეს ძე დოლიძე(viktor isidores dze dolidze)
Viktor Isidorovich Dolidze
Виктор Исидорович Долидзе

クタイスィ(クタイシ)(ქუთაისი:Kutaisi)生まれ

トビリシの商業学校で学ぶ。

1910年、マンドリンコンテストで一等賞を獲得する。

卒業後、キエフの商業学校で学び、
音楽学校でヴァイオリンと作曲を学ぶ。

1917年に卒業すると、グルジアへ戻る。

1919年、グルジア初のオペラ・コミック(オペラ・ブッフォ, オペラ・ブッファ)である
『ケートとコーテ』(ქეთო და კოტე, Keto da Kote)を作曲。
トビリスィ(トビリシ)(თბილისი:Tbilisi)に没す

Victor Dolidze - Wikipedia, English



グルジアの作曲家について適当に検索していたら、何と、
ザカリア・パリアシュヴィリ(ზაქარია ფალიაშვილი, Zakharia Paliashvili)
『薄暮』(黄昏, დაისი, daisi, 1923)の収録された二枚組CDが
日本でも手に入る事が分かり、
12-04 No.31 - クラシック/輸入盤/CD/新譜情報
第63号マイナー・レーベル歴史的録音新譜(1) - アリアCD
AQUARIUS カタログ・リスト 【湧々堂】
しかも、そのCDには、
グリンカやバラキレフなどのロシアの作曲家の作品の他、
パリアシュヴィリと同世代のグルジアの作曲家
ディミトリ・アラキシュヴィリ(დიმიტრი არაყიშვილი, Dimitri Arakishvili)
の歌曲や、今回紹介するヴィクトル・ドリーゼのオペラ・コミック
『ケートとコーテ』の一部も収録されています!!

パリアシュヴィリの『薄暮』については、
2009年11月14日の記事で既に紹介済みです。
ザカリア・パリアシュヴィリ(ზაქარია ფალიაშვილი)(2)グルジアの作曲家

録音は、1930〜1950年なので、音質に関しては余り期待出来ませんが、
未だ聴いていないので、なんとも言えません。

ფალიაშვილი, დაისი, AQVR 359-2.jpg

パリアシュヴィリ『たそがれ』(ფალიაშვილი, დაისი)
演奏:ソビエト放送交響楽団&合唱団
(Большой симфонический оркестр радио и телевидения СССР)
(Большой хор телевидения и радио СССР)
指揮:オニスィム(オニシム)・ブロン(Онисим Брон)

【AQVR 359-2】



今回は、アラキシュヴィリはひとまず置いといて、
まずはドリーゼについて調べるといたしましょう。

グルジア国民楽派の開拓者はパリアシュヴィリですが、
ドリーゼは、グルジア初のオペラ・コミック
『ケートとコーテ』の作曲者として重要な存在らしいです。
(追記:グルジア国民楽派の開拓者はパリアシュヴィリですが、
グルジア国民楽派の祖は、メリトン・バランチヴァーゼ(1862-1937)
მელიტონ ბალანჩივაძე, Meliton Balanchivadze らしいです)

その『ケートとコーテ』がYouTubeに出ているのかどうか確認した所、
関連動画が沢山出てきました。
しかし、現代風な演出が施されたと思われるものが多く、
オリジナルと思われるものを見つけるのが中々困難でしたが、
劇中の見せ場の一つと思われる
『グルジア民俗舞曲』の場面をやっと見つけました。
http://www.youtube.com/watch?v=Sc4Q1EhoeVo


また『ケートとコーテ』は、1948年に映画化されてもいます。
http://www.youtube.com/watch?v=lot5LUYfyvQ




【追記】
肖像写真を追加(2016/1/14)

2015年は生誕125周年だそうで、こんな映像が作られていました↓
https://www.youtube.com/watch?v=b8r9yDobdRI


ვიქტორ დოლიძე 2.jpg


《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ グルジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする