2016年08月31日

アレクサンテル・ラッテ(Aleksander Läte)エストニアの作曲家

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10582195891.html
2010年7月5日

《転載開始》

アレクサンテル・ラッテ(Aleksander Läte)1860-1948

ピカシッラ村アークレ(Aakre vald, Pikasilla küla)生まれ
タルトゥ(Tartu)歿
エストニアの最初期のクラシック音楽家、教師、音楽評論家。
1900年、エストニア初の管弦楽団をタルトゥに創設し、
その指揮者となる。
合唱団も組織する。

【代表作】
序曲『カレヴァラ』(Avamäng “Kalevala”)1897年
合唱曲『雲に』(Koorilaulud “Pilvedele”)
合唱曲『黄金の岸辺』(Koorilaulud “Kuldrannake”)


Aleksander Läte.jpg

【参考資料】
Läte, Aleksander | Eesti Muusika Infokeskus
Aleksander Läte - Miksike
Aleksander Läte - Wikipedia Eesti

序曲『カレヴァラ』(Avamäng “Kalevala”)1897年
演奏:エストニア放送交響楽団(現:エストニア国立交響楽団)
Eesti Raadio Sümfooniaorkester(Eesti Riiklik Sümfooniaorkester)
指揮:ヴァッロ・ヤルヴィ(Vallo Järvi)
http://www.youtube.com/watch?v=j3wcXAwpQpk


これは、エストニアのクラシック音楽の
歴史認識の改変を迫られました。
それまでは、エストニア初の本格的なクラシック音楽の作曲家は、
ルトルフ・トビアス(ルドルフ・トビアス)(Rudolf Tobias)
と思っていました。
しかし、それよりも先の人がいたようです。

エストニアのクラシック音楽自体、
全体的にはマイナーな存在ですが、
有名な作曲家は一応いて、
エトゥアルト・トゥビン(エドゥアルド・トゥビン)(Eduard Tubin)
とかアルヴォ・ペルト(ピャルト、ピャールト)(Arvo Pärt)
やや知られているのではヴェリヨ・トルミス(Veljo Tormis)
辺りの現代音楽系です。

ロマンティックな作曲家では、
前述のトビアスとアルトゥル・カップ(Artur Kapp)
がエストニアクラシック音楽黎明期に活躍し、
ミヒケル・リュティク(ルティク)(Mihkel Lüdig)
がそれに続きましたけど、
トゥビンやペルトの様に国際的に認められていないのか、
知名度は低い。

エストニア近代音楽の父として重要な存在の
ヘイノ・エッレル(Heino Eller)が、
余り注目されていない感じなのも不思議です。
(地元ではどうか知らないが)

エストニアの管弦楽曲は、トビアスの
序曲『ユリウス・カエサル』(Avamäng “Julius Caesar” 1896)
が最初と言われており、カップの
序曲『ドン・カルロ』(Avamäng “Don Carlos” 1899)
が2番目だと思っていましたけど、ラッテの
序曲『カレワラ』(Avamäng “Kalevala” 1897)
がその間に作られていたわけですね。
というか、ラッテの方がトビアスよりも13歳も年上なので、
管弦楽曲をラッテがトビアスよりも先に
作っていたりする可能性は考えられなくも無い。
もしそうだとしたら、エストニア初の管弦楽曲の作曲家は
ラッテという事になります。

肝心の『カレヴァラ』を聴いた感想ですが、
滑らかにうねっているメロディやバロック音楽っぽいメロディ、
牧歌的メロディ、エレジー風メロディ、大胆なフレーズなど、
劇的で幅広い豊かな表情が中々聴き応えあり!!
カレワラの物語が展開していく様を音楽で表現しているのでしょうか。
そういう(古代の伝承物語的な)雰囲気は凄く伝わってきます。
特に、何度か登場するエレジー風のメロディが心に沁みます!!
おどけている様で尚且つ緊張感のあるメロディなどは、
トビアスの『ユリウス・カエサル』を彷彿とさせますが、
作曲年的にラッテが聴いている可能性は否定できない。
クライマックスはファンファーレ風で勇壮さに溢れています。

重要だと思うのは、民族的な題材を扱っている所でしょう。
『カレワラ』はフィンランドの民族叙事詩ですけど、
それを取り上げた理由は、
エストニアと兄弟民族だからなのかも知れません。
エストニアにも『カレヴィポエク』(Kalevipoeg)
という『カレワラ』に相当する民族叙事詩があるんですけどね。
どうせなら『カレヴィポエク』にすれば良かったような・・・。
因みに、アルトゥル・カップの息子の
エウケン(エウゲン)・カップ(Eugen Kapp)は、
カレヴィポエクを題材にバレー曲を書いています。



【お詫びと訂正】
ヨハンネス・カッペル(Johannes Kappel)自身も作曲家で、
カンタータ『太陽に』(Kantaat “Päikesele”)は彼の作品のようです。
ここにお詫びして訂正します。



【表記修正:2012/1/15】
ルドルフ・トビアス→ ルトルフ・トビアス
アレクサンデル・リャテ → アレクサンテル・ラッテ
エドゥアルド・トゥビン → エトゥアルト・トゥビン
リュディク(ルディク) → リュティク(ルティク)
エウゲン → エウケン

エストニア語では、
『b、d、g』の発音が濁らないらしいのですが、
『b』だけは気持ち濁っている感じなので、
『d、g』だけを濁らない表記に修正。

最初、無難に“Läte”を「ラーテ」と表記していましたが、
日本では一般的に、
”ペルト”と呼ばれている“Pärt”は「ピャルト」(ピャールト)、
プリート・パルン(Priit Pärn)の“パルン”は「ピャルン」、
という発音がより原音に近いという話を聞いたため、
“Läte”を「リャテ」と表記していました。
しかし、どうも音が詰まるようなので、「ラッテ」に変更。



【訂正:2016/9/3】
ドイツ語版Wikipediaでは、
序曲「カレワラ」の作曲年が「1901年」と出ていましたが、
こちらの頁によれば↓
Läte , Aleksander - Kreutzwaldi sajand / Eesti kultuurilooline veeb
作曲年が「1897年」、初演が「1901年」だそうです。

「Eesti Muusika Infokeskus」のサイトでは、
作曲年は「1897-1901」と出ていました。

ドイツ語版Wikipediaでは、1904年に書かれたという、
エストニア舞曲 - 管弦楽(Eesti tants, sümfooniaorkester)
という作品も紹介されており、かなり早い時期に書かれた、
エストニア国民楽派の交響的作品と思われます。

アルヴォ・ピャールト → アルヴォ・ペルト
原音は、どう考えても「ペルト」に近いです。
人によっては発音の差異があるのでしょうけれど。

それから、
「Läte」は「ラッテ」に近い発音である事を確認しました。

《転載終了》



序曲「カレワラ」が削除されたのは残念ですが、
合唱曲なら幾つかYouTubeに出ています。
合唱曲「黄金の岸辺」
指揮:ミック・ウレオヤ(Mikk Üleoja)
演奏:(Eesti Rahvusmeeskoor)
https://www.youtube.com/watch?v=zcmmrAtzK1g
タグ:エストニア
posted by Satos72 | ┌ エストニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

エヴァルト・アーヴ(Evald Aav)エストニアの作曲家

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10657958318.html
2010年9月24日

《転載開始》

エヴァルト・アーヴ(Evald Aav)1900-1939

エストニアの作曲家、指揮者。
タリン(Tallinn)生まれ
タリン音楽院(Tallinna konservatoorium)で
アルトゥル・カップ(Artur Kapp)に作曲を学ぶ。
タリンで亡くなる。

【主な作品】
交響曲二短調(Sümfoonia d-moll)1938
交響詩『人生』(Sümfooniline poeem "Elu")1935
歌劇『ヴァイキング』3幕(Ooper "Vikerlased")1928

【参考資料】
Evald Aav - Wikipedia, eesti
Evald Aav - Koolielu



Evald_Aav_1924.jpg

エヴァルト・アーヴ(24歳)

エストニアのマイナー作曲家。
エストニアの作曲家と言えば、
アルヴォ・ペルトとかエトゥアルト・トゥビン(エドゥアルド・トゥビン)
などといった現代音楽系ばかりが有名ですが、そこが非常に解せない。
もっとロマンティックで一般受けすると思える様な曲が何故無名なんだろう?
ヨーロッパ小国系のクラシック音楽によくあることです。
一般受けしそうにない現代音楽ばかりやたらとCDが出ているという印象。
(追記:アルヴォ・ピャルトの場合は、現代音楽には珍しく美しいメロディなので、
人気が出て当然かも知れません。)

で、今回紹介するアーヴは、2010/9/24現在YouTubeにも出ていませんが、
(追記:2016年現在、YouTubeに幾つか音楽が出ています。後述)
何故取り上げたのかというと、
エストニアクラシック音楽史に於ける重要な存在だからです。
それは、エストニア初のオペラを書いた事です。
『ヴァイキング』(Vikerlased)という歌劇です(1928年9月8日初演)。
台本は、ヴォルテマル・ロー(Voldemar Loo)。
1928年なので大分遅いなとは思いますが、
エストニアのクラシック音楽の歴史自体
浅かったりするのでしょうがないとは思います。
エストニア初の管弦楽曲が書かれたのが1890年代と、大分遅いですし。

作風についてですが、聴いた事が無いので何とも言えませんけど、
色々と資料を見た限りでは、
民族主義的ロマン派という親しみやすい作風のようです。
前出の『ヴァイキング』も、エストニア初の民族主義オペラだとのこと。
また、チャイコフスキーからの影響もあるらしい。
アーヴは1900年代生まれですけど、
エストニアのクラシック音楽の歴史の浅さを
考えれば、ロマンティックな作風であるのも頷けます。
それにしても、若くして世を去ったのが非常に残念に思います。

CD化についてですが、
エストニア音楽史上重要である筈の『ヴァイキング』のCD化は、
確認出来ていません。
が、交響詩『人生』は、
他のエストニアの作曲家の曲とのオムニバスで収録されています。
約35分もあるとのことで、
通常の交響詩から考えると演奏時間はかなり長い。
とても聴いてみたいところですが、日本では、
有料会員制のマイナーレーベルもOKという販売サイトで、
取り扱っているようです。
そこの紹介文でも、かなり好意的な感想が述べられています!!
ARIA CD
クラシックCD通販ショップ アリアCD 第82号(10)

Vallo Järvi ERCD 017.jpg

ヴァッロ・ヤルヴィ指揮によるエストニア管弦楽曲演奏録音集
(Dirigeerib VALLO JÄRVI, VALLO JÄRVI conducts Estonian Orchestral Music)
演奏:エストニア放送交響楽団(Eesti Raadio Sümfooniaorkester)
・ヘイノ・エッレル(Heino Eller)
『弦楽のための5つの小品』から『ロマンス』『舞曲』『祖国の旋律』(1953)
Viis pala keelpilliorkestrile, Romanss, Tants, Kodumaine viis
・エウケン・カップ(Eugen Kapp)
バレエ音楽『カレヴィポエク』から(1948)
Süit balletist “Kalevipoeg”
・アルトゥル・カップ(Artur Kapp)
交響的前奏曲『墓地』(1917)
Sümfooniline prelüüd “Hauad”
・エヴァルト・アーヴ(Evald Aav)
交響詩『人生』(1935)
Sümfooniline poeem “Elu”
【ERCD 017】
Vallo JÄRVI conducts Estonian Orchestral Music - MusicWeb International

《転載終了》



YouTubeに幾つか音楽が出ています。

『オーラヴのアリア』(Olavi aaria)-「ヴァイキング」より
歌:ケオルク・オッツ(Georg Ots)
https://www.youtube.com/watch?v=Pxg_-EOvgGU


『戦士たちの合唱』(Sõdalaste koor)-「ヴァイキング」より
https://www.youtube.com/watch?v=o5rVcAp2B5s
タグ:エストニア
posted by Satos72 | ┌ エストニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

キリッルス・クレーク(Cyrillus Kreek)エストニアの作曲家

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11286346275.html
2012年6月26日

《転載開始》

Cyrillus Kreek.jpg
画像はEesti Muusika Infokeskusから拝借

1889年、ヴンヌ(Võnnu)生まれ。

ペテルブルク音楽院で学んだ後、地元ハープサル(Haapsalu)で、
ついで、タリン音楽院(現:エストニア音楽アカデミー)
Tallinna Konservatoorium
(Eesti Muusika- ja Teatriakadeemia)
で教鞭を執った。

1962年、ハープサル歿。
キリルス・クレーク - Wikipedia

実は、この作曲家は、
未CD化交響曲の色々(ロマン派・国民楽派・無名作曲家限定!!)
の第2弾で取り上げる予定の作曲家の一人だったのですが、
全く個人的な理由で、この作曲家だけ個別に紹介する事になりました。

というのも最近、弊ブログのクラシック音楽記事を
プリントアウトしているのですが、それを10記事ずつ茶封筒に入れ、
その茶封筒に記事名や作曲家の名前等を書いているのですが、
前述の『未CD化交響曲の色々』記事では
余りにも数多くの作曲家を取り上げてしまった為に、
あと一人分しか書き込む余白が無くなってしまったからです。

では、何故プリントアウトしているのかというと、もし万が一、
何らかのトラブルでブログ記事が消滅してしまったら、折角の努力や、
貴重な情報が水の泡と化してしまうと思った為です。
それを恐れ、プリントアウトしているわけです。

数が膨大な上、プリントアウトするにあたり
過去記事も多少修正したりしているので、
未だ全部をやり終えていません。

奇遇なのですが、つい一昨日、
ファーストサーバ株式会社のサーバーデータが
全消失するという大事故が発生の報を知りました。
大規模障害のファーストサーバ、「データ復旧は不可能」 - ITmedia ニュース

この話は置いといて、本題に移りましょう。
この作曲家は20世紀の活躍ですけど、
作風は19世紀的で極めて穏健です。

最近知ったばかりなのですが、
その理由は、以前も書いたと思いますが、
私はロマン派や国民楽派が好きなのですけど、
20世紀は所謂『現代音楽』の時代なので、
未だネットが一般化していなかったり存在していなかった頃は、
20世紀に活躍した無名の作曲家のCDをCD売り場で見ても、
どういう作風なのか分からないので、買えなかったのです。

そんなに裕福というわけでも無いので、
片っ端から買いまくるというわけにも行きません。
宝くじを買う感覚に似ていますね。
もしグチャグチャな作風だったら「ああ、ハズレだ!!」という。

そんなわけで、20世紀に活躍したロマン派作曲家についての大半は、
インターネットををやり始めてから知ることとなったのです。
その中の一人が、クレークでした。



『レクイエムハ短調』(Requiem c-moll, 1927)
http://www.youtube.com/watch?v=djaHYgjvF0A


クレークの代表作で、CDが何種類も出ています。
概ね、民謡調の明るく優しいレクイエムですね。
Wikipediaには、彼の郷里であるエストニア西部の民謡を蒐集し、
それに和声付けを行ったと出ていますが、
その民謡を参考にしているのでしょうか?

そんなに多くの種類のレクイエムを聴いている訳ではないので、
他と比べてどうなのか勝手な事は言えませんが、そう感じました。
これはとても気に入りました。



『セト交響曲』(Seto sümfoonia, 1953)
『未CD化交響曲の色々』の第2弾で取り上げる予定だった曲。
クレーク作品のCDを調べてみた所、
前述のレクイエムは出ていますけど、
この交響曲のCDは、どうにも見付けられませんでした。
この曲も、代表作の一つだと思うんですけどね。

演奏:国立エストニア交響楽団(Eesti Riiklik Sümfooniaorkester)
指揮:トゥヌ・カリュステ(Tõnu Kaljuste)
http://www.youtube.com/watch?v=hESziETywok


やはり、概ね癒し系の優しい民謡調メロディが、
色彩的なオーケストレーションで美しく紡がれています。
20世紀半ばに書かれたとはとても思えない。
具体的に何という民謡が用いられているのかは分かりませんが、
後述する内容からして、民謡を用いているのは明らかです。

『セト』というのは、エストニア東南地方の名称で、
標準エストニア語では『セットゥマー』(Setumaa=セットゥ地方)
と呼びますが、地元では『セトマー』(Setomaa=セト地方)
と呼ぶようです。
(※エストニア語の法則性からして、「Setu」は「t」が二重子音でなくても
「セットゥ」と呼ぶと思うのですが、
セト地方でも詰まった発音をするかどうか、
そこまでは私は知りません。)
Setumaa - Wikipedia Eesti
つまり、セト地方の民謡の蒐集の成果を
交響曲で現したという事でしょうか?

第一楽章の、ほのぼのした牧歌的な明るいメロディは、
以前どこかで聴いた様な、
デジャヴュ感を感じるメロディだと思いました。
第二楽章は、ほのぼのとしていて牧歌的だがやや憂鬱的な、
子守唄の様なメロディ。
第三楽章は、躍動感のある舞曲風の明るいメロディですが、
演奏時間は比較的短い。
最後は力強く華やかに締めくくられます。
第四楽章は最終楽章に相応しく、
ファンファーレ風旋律やエレジー風の感傷的旋律等、
色々な旋律が登場し、
如何にもオールキャストが次々に登場する様な感じですが、
バランスよくまとめられ仕上がっています。
最後に、第一楽章の牧歌的ほのぼの序奏が再び登場したあと、
締めくくられます。

この曲が書かれたのは、現代音楽真っ只中の20世紀半ば頃。
そんな時代にあって、時代の潮流に流されず
穏健な曲を書いていたクレークは、
周囲に流されず我が道を行く私みたいで、
何だか親近感を感じてしまいました。

セト民謡にとても興味を惹かれました。
YouTubeに出ているので、
時間がある時じっくり聴いてみたいと思います。



【追伸】
エストニア語の事を考えると、
「Cyrillus」は「キリッルス」という表記が
より原音に近いのではないか?と思いました。
元々「Cyrillus」という名前自体、
明らかにエストニア風ではありません。
フランスでしょうか?
と思って「キリッルス」で検索してみた所、
唯一Twitterでそう書いている方を発見!!
http://twitter.com/mixedchoir2000/statuses/161772858073292800

北欧在住の方だそうなので、間違いないようです。



【追記】2012/6/27
『セト交響曲』紹介文に、若干の補足と修正。



【追記】2016/2/16
キリルス・クレーク → キリッルス・クレーク
(ネイティヴによる「Cyrillus Kreek」の発音を確認)
キリッルス・クレークの肖像写真を追加。

《転載終了》
タグ:エストニア
posted by Satos72 | ┌ エストニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする