2016年10月30日

漫画・アニメっぽいマイナークラシック音楽(6)ヤン・ブロックス(Jan Blockx)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10453459420.html
2010年2月8日

《転載開始》

Jan Blockx.jpg

ヤン・ブロックス(Jan Blockx)1851-1912
フランダース舞曲第5番(Vlaamse Dans nr.5)1884
指揮:アレクサンダー・ラハバリ(Alexander Rahbari)
演奏:ベルギー放送フィルハーモニー管弦楽団(BRT Filharmonisch Orkest)
http://www.youtube.com/watch?v=HuVgYUG1FUc


やっとYouTubeに出たという感じです(自分で出せって?)。

昔のほのぼのアニメのBGM風と紹介していましたが、
若い世代には分からないでしょうね。
若い世代にとっての『アニソン』のイメージと、
私の世代の『アニソン』のイメージとは、
大分かけ離れていると思うんで。

北欧ともスラヴ系とも違う、独特の雰囲気。しかも、とても印象的。
昔どっかで聴いた様な雰囲気も感じられます。
これほどの曲が無名というのは、ちょっと信じられない感じです。
全5曲ですが、皆ほのぼのしています。

ドヴォルジャークの『スラヴ舞曲』
(Antonín Leopold Dvořák, Slovanské tance)
とか、グリーグの『交響舞曲』
(Edvard Hagerup Grieg, Symfoniske danser)
の様な立ち位置。
つまり、ペーテルブノワ(Peter Benoit)
によって創始されたベルギー国民楽派の
一つの典型的な管弦楽曲を作り上げたわけです。
重要な仕事をしている割には無名だという意味でも、
辛いものがあります。

この曲の収録されているCDは、皆廃盤となっております。
MARCO POLORené Gaillyからオムニバスで出ているのですが、
前者は廃盤。
後者は会社そのものが倒産しております。
NAXOS辺りなんか、こういうのを喜んで出しそうなものですけどね。
一応、NAXOSのCDの画像が映像中には出てくるんです。
でも、何故だかネット検索しても、
その問題のCDが出てこないんですよね。
しかも、マルコポーロのCDに使用されている画像と
全く同じ絵が使用されています。
画像を捏造したのでしょうか?
CDがどうしても欲しければ、
マルコポーロのベルギー管弦楽曲集CDを
Amazonのマーケットプレイスで購入するしかありません。
YouTubeに出ているのは、
そのマルコポーロ盤に収録されているものと思われます。

RG-2010.jpeg
René Gailly 2010-2

Marco Polo 8.223418.jpg
MARCO POLO 8.223418

《転載終了》
posted by Satos72 | └ ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

アルテュール・フェルフーフェン(Arthur Verhoeven)を聴く

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10523073847.html
2010年5月1日

《転載開始》

Arthur Verhoeven.png
Arthur Verhoeven - Discogs

アルテュール・フェルフーフェン
Arthur Verhoeven(1889.1.13-1958.4.24)

ザントホーフェン(Zandhoven)生まれ
ドゥ・ブック(August de Boeck)と
モルテルマンス(Lodewijk Mortelmans)に学ぶ。
1911年より、スホーテン聖カトリック教会
(De Sint-Cordula kerk te Schoten)
のオルガニストを死の年まで勤める。
宗教曲、歌劇、カンタータ、管弦楽曲、ピアノ曲、室内楽曲等、
あらゆるジャンルの曲を書く。
スホーテン(Schoten)にて没す。
muziekcentrum.be | Arthur Verhoeven

超が付くくらいの無名のベルギー作曲家。
基本、ベルギーの作曲家は皆無名ですが、その中でも上級に無名です。
検索してもまともに情報が出てきませんが、
何とか調べてみると、オムニバスですが、
かろうじてCD化されているようです。

In Manus Tuas - Religious Music from Flanders DDD92050.jpg
あなたの御手に - フランダース地方の宗教音楽集(CD2枚組)
In Manus Tuas - Religious Music from Flanders(In Flanders' Fields Vol.50)
【DDD92050】
という、ベルギーのレーベルのCDです。
【ジョヴァンニ】在庫のご案内

YouTubeにピアノ曲が出ていました。
5つのピアノ小品集の中の”マズルカ”だそうですが、
とても起伏に富んだ表情豊かな曲だと思います。
沢山登場する主要主題も、ちょっと不思議なメロディというか。

上の緑色で示したプロフィールは、リンク先の情報の他、
YouTubeにあるピアノ曲の紹介文も参考にしています。
実際この通りであるかは、保証の限りではありませんが。

マズルカ(『5つのピアノ小品集』より)
Mazurka(Vijf Klavierstukken)1922-1923
演奏:フィリップ・スィアー(Phillip Sear)
http://www.youtube.com/watch?v=P_xJEfUyAXs


《転載終了》
タグ:ベルギー
posted by Satos72 | └ ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

フランドル狂詩曲集(Flemish Rhapsodies)前半

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10709699304.html
2010年11月17日

《転載開始》

まさか、フランダース・ラプソディ集が復刻されるとは思いませんでした。
元の内容は、1993年に出ていたCDらしいんですけど、
相当古いからなのか?私がAmazonで確認した時は
既にマーケットプレイス状態(つまり、廃盤)。
それが復刻するとは思いもよりませんでした。

最初は、復刻したものなのだとよく分からず、
HMVで注文しても中々届かないため、
駄目元という気分でした。
入手困難なCDをネットで購入しようとするとき、
散々待たされた挙句に「入手不可能な事が判明いたしました」
等と通知が来て、ガッカリするという経験は、
レアクラマニアなら一度や二度は経験している筈?
たまに、廃盤になっている筈のCDが、管理の不行き届きなのか?
”販売中”になっている事がよくあります。
それを購入しようとすると、上記の様になったりします。

当盤の演奏で指揮をしているアレクサンダー・ラハバリは、
埋もれたベルギーロマン派の管弦楽曲を
>盛んにCD化していた指揮者ですけど、
実はイラン人なんですね。
「何故イラン人が?」と最初思いましたが、
一時期ベルギーの管弦楽団の主席指揮者を務めた関係なんでしょうけど、
とても良い仕事をしていますね。
無名のベルギー作曲家に光を当てた『フランダース・フィールズ』とか、
『クララ・エトセトラ』等のレーベル創設の呼び水になったのでしょうか?
(鵜呑みにしないで)
Wikipediaによると、
無名だけど実力のある演奏家の発掘にも貢献しているそうで、
私の大好きな指揮者の1人です。
私は、『ベルギー版ネーメ・ヤルヴィ』と勝手に呼んでいます。

さて、話をフランダース・ラプソディ集に戻します。
ミシェル・ブリュッセルマンス、
マウリス・スフーマーケル、
マリニュス・ドゥ・ヨング、
ジャン・アプスィル、
アルベール・ルーセル、
アウフスト・ドゥ・ブーク、
の6人による管弦楽のための狂詩曲6曲が収録されています。
聴いた感想ですが、期待以上の内容に大満足でした!!
演奏技術の確かさも貢献していると思うのですが、
作曲技術、内容のバランス、魅力的なメロディ、全て申し分無し!!
無名にしておくのは勿体無い!!
しかも「これ、どこかで聴いた様な気がするな」と思わせるメロディが
随所に出てきたりする(あくまで主観でそう思っただけですけど)。
「あっ、これ、ベルギーのメロディだったんだ」と聴いていて思いました。
でも、アルベール・ルーセルだけは、


印象派・新古典主義の作曲家として有名な方なので、彼だけは例外。

ベルギーの作曲家による初の”狂詩曲”は、
ポール・ジルソン(Paul Gilson)による
スコットランド狂詩曲(Schotise Rapsodie, 1886)
だと解説書には書かれています。
何で”スコットランド”なんでしょうか?というか、聴いてみたい。
この時にフランドル狂詩曲を書いて欲しかった。
その2年前には、ヤン・ブロックス(Jan Blockx)が
5つのフランドル舞曲集(Vijf Vlaamse Dansen, 1884)
を書いているというのに。
その後、アウフスト・ドゥ・ブーク(アウグスト・デ・ブック)(August de boeck)が
ダホメー狂詩曲(Dahomeese Rapsodie, 1893)という曲を書いていますが、
昔のお笑い番組か、ギャグアニメにでも使われてそうなコミカルな作風。
しかも、彼にとっては最初の管弦楽曲らしい。
私の知る限り、インパクトに於いて、この曲を越える曲を彼はその後
書けなかったんじゃないか?と思っています。
『ダホメー』とは、アフリカの『ベナン』のこと。

そんなわけで、
『国民楽派』好きの視点からの独断と偏見レビュー行きます!!





フランドル狂詩曲(Rhapsodie flamande,1931)
ミシェル・ブリュセルマン(ブリュッセルマンス)(Michel Brusselmans, 1886-1960)
パリ生まれ。
ブリュッセル音楽院(Brusselse Conservatorium)にて、
ギュスタヴ・ユベルティ(Gustave Huberti)、
エドハル(エドガル、エドガー)・ティネル(Edgar Tinel)、
ポール・ジルソンらに師事する。
1911年に”ベルギー・ローマ賞”(Prix de Rome)受賞。
1914年に、交響詩『スパルタのヘレネー』
(Poème symphonique 'Hélène de Sparte')
で”アニエス賞”(Prix Agniez)受賞。
印象派の作風を示す。
ブリュッセル没。
【主な作品】
フランドルの祝祭(Kermesse flamande, Vlaamse Kermis, 1911)
フランドルのスケッチ(Esquisses flamandes, Vlaamse Schetsen, 1927)
フランドル狂詩曲(Rhapsodie flamande, 1931)
プロヴァンスの風景(Scènes provencales)
ブリューゲルの風景(Scènes breugheliennes)
5つのフランドル舞曲集(Cinq danses flamandes, Vijf Vlaamse Dansen, 1944)

以上、Wikipediaや解説書等からの受け売り。
Michel Brusselmans - Wikipedia, Deutsch
”ブラッセルマン”と表記している方もいます。
『5つのフランドル舞曲集』と全く同じタイトルの曲を、
ベルギー国民楽派の開拓者の1人であるヤン・ブロックスも
1884年に書いています。
フランドル狂詩曲を聴いた感想ですが、一言で言えば、
印象派と後期ロマン派の折衷的作風。
というか、かなり明解な作風なので、
後期ロマン派に印象派を加味した作風と言った方が良いかも。
ベルリオーズや全盛期のリヒャルトシュトラウスを彷彿とさせる、
超絶技巧的管弦楽のめまぐるしく展開される描写に圧倒される。
緊張感とスピード感溢れる冒険活劇映画っぽい!!
機械の動きを彷彿とさせる未来派的メロディも、冒頭等に出てくる。
因みに彼は、『機械の騒音』(Bruits d'usines)『飛行機の騒音』(Bruits d'avions)
等といった未来派的作品も書いているそうです。
鄙びた感じの哀愁のメロディやお祭り騒ぎを彷彿とさせるメロディは
とても印象的で魅力的だが、特に、
6:00辺りから始まるイングリッシュホルン等による
牧歌的瞑想的メロディは、夢見る様なとても美しい描写。
クリスマスの時にでも出てきそうなメロディ?
上述の”鄙びた感じの哀愁のメロディ”は、
如何にも”ジブリアニメにでも出てきそう?
『ナウシカ・レクイエム』にホンの少し似てる様な似てない様な・・・?
『ダークダックス』が歌う唱歌みたいな?
退屈なメロディは無く、中味がとても”濃い”と感じる名曲です!!
まさに”ラプソディ”の名に相応しい。





フランドル狂詩曲(Vlaamse Rapsodie, 1931)
マウリス・スフマケル(Maurice Schoemaker, 1890-1964)
”モーリス・シューメイカー”や”シューメーカー”、
”スフマカー”などの表記もあり。
アンデルレフト(Anderlecht)生まれ。
ポール・ジルソンに、ブリュッセルマンスらと共に対位法を学ぶ。
1925年にポール・ジルソンを中心に設立された、
作曲家グループ『総合』(Les synthétistes, De Synthetisten)に参加。
エテルベーク(Etterbeek)没。
管弦楽曲、協奏曲、吹奏楽曲、室内楽曲、オルガン曲、ピアノ曲、
声楽曲、歌劇等、あらゆる分野の作品を残す。
ロマン派的国民楽派の穏健な作風を堅持する。
【主な作品】
ブリューゲル組曲(管弦楽)
(Brueghel suite, voor orkest, 1922)
交響詩『ハルヴェイン氏の伝説』(管弦楽)
(De legende van Heer Halewijn, symfonisch gedicht voor orkest, 1930)
フランドル狂詩曲(管弦楽)
(Vlaamse rapsodie, voor orkest, 1931)
フランドルの風景(管弦楽)
(Vlaamse tonelen, voor orkest, 1934)
フランドル舞曲第1、2番(管弦楽)>
(Vlaamse dansen nr. 1 en 2, voor orkest, 1944)
喜歌劇『虹』
(Opera 'Arc-en-ciel', 1937)

以上、Wikipediaや解説書等からの受け売り。
Maurice Schoemaker - Wikipedia, Nederlands
Maurice Schoemaker - Classical Composers Database
ブリュッセルマンスと一緒に
ポール・ジルソンから学んだせいなのか知りませんが、
”フランドル狂詩曲”と”フランドル舞曲”を書いた年が、
両者共々同じだったりします。

フランドル狂詩曲を聴いた感想ですが、
後期ロマン派的で分かりやすい作風。
映画音楽っぽい巧みな描写力が秀逸。
リンク先の作品一覧を見れば、ベルギー国民楽派なのは一目瞭然。
しかし、生没年を考えると、当時としては時代遅れなのは否めない。
生まれるのが遅かったのかも知れません。
19世紀後半頃に書かれていた方が良かったのかも知れません。

でも、20世紀に活躍したベルギーの作曲家でロマン派を堅持した作曲家は、
イェフ・ファン・ホーフ(Jef van Hoof)や
マリニュス・ドゥ・ヨング(Marinus De Jong)等、
意外と結構います。

曲の構成ですが、
牧歌的なメロディや哀歌(エレジー)風の憂鬱なメロディ等と、
中心的な主題である
如何にもディズニーアニメに出てきそうな陽気な行進曲風メロディ
が交互にバランスよく配置されているという感じ。
そのアニメっぽいメロディは
『ネズミが走ってきた』(Daar kwam een muis gelopen)
という、まさにアニメっぽいタイトルの民謡。

オリジナルのフランダースの伝承曲を聴いた事は無いのですが、>
それを用いた曲がやたらと如何にも「昔のアニメのBGMっぽい」>
なと感じる事は多い。
ブロックスの『フランドル舞曲』がもろそれっぽい。





フランドル狂詩曲(Vlaamse Rapsodie, op.34, 1935)
マリニュス・ドゥ・ヨング(Marinus de Jong, 1891-1984)
”マリナス・デ・ヨング”や”マリヌス”、”ジョング”などの日本語表記がある。
オランダ系なので、「ジョング」は間違いと思われる。
オランダのオーステルハウト(Oosterhout)生まれ。
王立アントウェルペン音楽院(Koninklijk Vlaams Muziekconservatorium te Antwerpen)

ロードヴェイク・モルテルマンス(Lodewijk Mortelmans)に学んだ後、
ベルギーに帰化。
その後、ピアニスト、音楽教師として活躍。
エケレン(Ekeren)没。
交響曲、協奏曲、歌劇、オラトリオ、室内楽曲などを作曲。
フランドル民謡、グレゴリオ聖歌、ジャズ等の影響を受けた作風を示す。
【主な作品】
フランドル狂詩曲(Vlaamse rapsodie, voor orkest, op.34, 1935)
オラトリオ『ハイアワサの歌』(Oratorium 'Hiawatha's Lied', op.37, 1947)

以上、Wikipediaや解説書等からの受け売り。
マリヌス・デ・ヨング - Wikipedia, 日本語
ベルギー人の名前の表記で注意したいのは、
フラマン(オランダ)系であるか、
ワロン系であるかどうかという所。
ベルギーの作曲家としてはやや知名度のある『Joseph Jongen』は、
ワロン系であるため『ヨゼフ・ヨンゲン』ではなく
『ジョゼフ・ジョンゲン』という事になります。

ヨングは以前、ブロックスのピアノ五重奏曲を紹介した時、
そのCDに同時収録されていた
ヨングの弦楽四重奏曲第2番もついでに紹介していました。
http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10092433237.html
【DDD 92016】
民謡的なロマン派の作風が
国民楽派好きにとって”ツボ”であろうと思いました。
私の聴いた限りでは、彼もまた、
生まれるのが遅かったのではないかと思われる穏健な作風。

で、今回紹介する”フランダース狂詩曲”も、
まさに19世紀後半的国民楽派の作風で、
国民楽派好きにはたまらない作品だと思います。

作品についてですが、
出だしはイングリッシュホルンやフルート、ハープ等によって
瞑想的で透き通る様な美しさを湛えながらもやや緊張感も含んだ旋律や、
牧歌的な雰囲気の合唱曲を思わせる旋律等が奏でられますが、
それらとは対照的な雰囲気の、緊張感漲るトゥッティの強奏アクセントが
間に幾つか入るといった感じ。
6:00台からは一転して、
テンポの速い前向きな雰囲気のメロディに変わります。
この辺りの旋律が、
如何にも昔映画か何かで聴いた様な気がするメロディです。
その後、8:00台の終り附近からは、
如何にも”ディズニーランド”のパレードか何かで使えそうな、
昔のディズニーか何かのアメリカのアニメにでも出てきそうな、
陽気なアメリカ民謡みたいな
華やかなお祭り的雰囲気のメロディが出てきて
最後はその雰囲気のまま豪快に締めくくられます!!





内容が多いため、前半と後半に分けて紹介します。





フランドル狂詩曲集(Flemish Rhapsodies)
指揮:アレクサンダー・ラハバリ(アリー・ラフバリー)
(رهبری:ʿAlī Rahbarī)
演奏:ベルギー放送フィルハーモニー管弦楽団
(Vlaams Radio Orkest, BRTN-Filharmonisch Orkest)

Flemish Rhapsodies 2.jpg
【Discover 920101】1993(旧:廃盤)

Flemish Rhapsodies(新)Talent DOM 2911 2.jpg
【Talent DOM 2911 87】2007

CD購入はこちら↓
・TOWER RECORDS
Flemish Rhapsodies - Tower Records
・HMV
Flemish Rhapsodies: Rahbari / Brtn Po | ローチケHMV - DOM291187

《転載終了》



こちらが後半の記事となります↓
フランドル狂詩曲集(Flemish Rhapsodies)後半
posted by Satos72 | └ ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする