2018年04月01日

フリードリヒ・クーラウ(Friedrich Kuhlau)を聴く(YouTubeより)

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10269211052.html
2009年5月27日

《転載開始》

800px-Kuhlau_Friedrich.jpg
フリードリヒ・クーラウ - Wikipedia
 
ダニエル・フリードリヒ・ルドルフ・クーラウ
Daniel Friedrich Rudolph Kuhlau(1786-1832)
彼については、後日正式に紹介します。
彼は、幼少の頃に井戸に落ちてしまい、
それがきっかけで右目の視力を失ってしまいました。
(追記:失明原因には他にも諸説あり)
肖像画を見ると、右目を瞑っています。
最初に見た時、ウィンクしているのだと誤解してしまいました。
しかし、ドイツからデンマークに渡り、
その地で宮廷音楽家にまで登りつめました。
サクセスストーリーですね。
 
で、彼の作風は一風変わっています。
当時としては前衛音楽家と見なされ、
『北欧のベートーヴェン』みたいに見られていたようです。
実際、同時代の作曲家ベートーヴェンとも面識があったようです。

しかし、私が聴いた所、ロマン派よりも古典派臭を感じます。
でも、その中ではじけてるんです!!
『前衛的古典派』とでも言うのか(私が勝手にそう思っているだけですが)。
例えば、序曲『ウィリアム・シェークスピア』の冒頭のフレーズなんかは、
現代の感覚で聴いてもかなり型破りな印象。
ロマン派音楽が台頭してきたばかりの頃にしては、
かなり大胆なフレーズの様に感じるのですが。
ロマン派というよりは古典派臭が強いですけど。
でも、前衛的という意味で、ロマン派音楽の先駆けの一人と見なされている。
 
それから、もっと凄いのは、
未だ『国民楽派』『民族楽派』といったものが登場する以前に、
デンマークやスウェーデンの民謡を自作に取り入れたりしていること!!
時代の先を行っていたのです!!
『北欧国民楽派』の、かなり早い時期の先駆けの一人と言えます。
 
『国際フリードリヒ・クーラウ協会』の日本語サイトがあったりします↓
http://www.kuhlau.gr.jp/
 
で、今回紹介するのは、彼の代表作である
劇音楽『妖精の丘』(Elverhøj, 1828)
の『序曲』です。
フレゼリク4世の皇女ヴィルヘルミーネと
皇太子フレゼリク(後の7世)の婚礼の祝祭劇のための演目として、
ヨハン・ルーズヴィー・ハイベア(Johan Ludvig Heiberg)の
戯曲『妖精の丘』が選ばれ、作曲はクーラウが担当することになりました。
この劇音楽には、自作の音楽もあるけど、北欧民謡がふんだんに用いられており、
国民楽派の先駆けの一つとして重要な地位を占めています。
実際、王立劇場で最も上演回数が多い程の人気演目となったようです。
 
序曲の最後の部分には、
デンマーク国歌『クリスティアン王は高いマストの傍に立ちぬ』
(Kong Christian stod ved højen mast)が用いられています。
童謡『山の音楽家』(ドイツ民謡)に似ているような・・・。
デンマーク国歌には『市民用』(麗しき国, Der er et yndigt land)
と『王室用』の2種類があり、後者が用いられています。
 

 
 
 
【追記】
肖像画像追加
本文中に失明原因についての追記
動画が削除されたので新しく上げ直し(2018/4/8)
 
フレデリク → フレゼリク
デンマーク語の「Frederik」は、
厳密には「フレアリク」「ファリク」と聴こえますが、
便宜上「フレゼリク」と表記しておきます(2018/4/30)

《転載開始》
タグ:デンマーク
posted by Satos72 | ├ デンマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

ペーター・アーノル・ハイセ(Peter Arnold Heise)(2)デンマークの作曲家

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11487829368.html
2013年3月13日

《転載開始》

Peter Arnold Heise.jpg


画像はWikipediaデンマーク語版頁より拝借
Peter Heise(Wikipedia, Dansk)

交響曲二短調(Symfoni i d-mol)1868年
https://www.youtube.com/watch?v=3dfRH3lIa2g


デンマークロマン派オペラ最高峰と称される
歌劇『王と代官』(Drot og Marsk, 1878)
を書いたハイセ(1830-1879)が、何と交響曲を書いていました。
つい最近、YouTubeに上げられた事で知りました。
ヘイノ・カスキの交響曲がYouTubeに出ていた事を知った時と同じ位の衝撃でした。
(※“Drot og Marsk”は、日本ではマイナーなだけあって、
日本語タイトルが混乱しており、『王と大臣』『王と主馬頭』『王と式部長官』
などとも書かれるが、ネット上では取り敢えず『王と代官』の題名が定着したため、
その表記にしました。“Marsk”は、英語では“Marshall”)

『王と代官』のレビューは、2008年12月10日に書いておりますので、
興味のある方はご覧ください↓
http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10176225641.html

恐らく、Wikipediaにもずっと以前から交響曲を作曲しているという情報が
出ていたのかも知れませんけど、目立たない様に書かれていたのか?
見落としていた様で気付きませんでした。

また、ハイセについて説明している日本語の文章でも、
彼の交響曲について言及しているものを見た事がありません。

早速聴いた感想ですけど、全体で20分強、30分足らずで、
平均的な長さから見ればやや短いですね。
『王と代官』程の超1級品の名曲とまでは言うつもりはありませんが、
中々の佳作ではないかと思います。
第1楽章はスポ魂風の哀愁の漂う旋律がロマンティシズム迸っているものの、
初期ロマン派によくありがちなやや古典派臭のする、
ちょっと古臭く感じる旋律もあり。
第2楽章では、エレジー風の感傷的な旋律がとても歌心に溢れていて、
深いロマンティシズムが感じられ、とても聴き応えあり。
第3楽章は、跳躍的リズムの躍動感溢れる曲。
ハイセと同じデンマークのロマン派作曲家、フリードリヒ・クーラウの劇音楽
『ウィリアム・シェイクスピア』の序曲や、リムスキー=コルサコフの
交響曲第1番の第3楽章辺りを彷彿とさせる?
途中で出てくる金管によるファンファーレ風の勇壮な旋律が心地よい。
第4楽章は、緊張感溢れる劇的なメロディが、
聴き所の宝庫たる後の『王と代官』を予告しているかも知れません。
フィナーレに相応しく、最後はハッピーエンド的に大いに盛り上がります。

CDが出たら、絶対買います!!



【追記】2015年10月11日
YouTubeから音声が削除されていたので、別の動画を上げ直しました。



《転載終了》

折角なので、ハイセの他の曲も貼り付けます。

『茨姫』(眠れる森の美女)
Tornerose(Sleeping Beauty)
http://www.youtube.com/watch?v=mXssvdBJZT8
タグ:デンマーク
posted by Satos72 | ├ デンマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

アウゴスト・ヴィニング(August Hendrik Winding)デンマークの作曲家

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11819202288.html
2014年4月18日

《転載開始》
August Winding.jpg


画像はココから拝借。

アウゴスト(アウグスト)・ヘンドリク・ヴィニング(ヴィンディング)
August Hendrik Winding



デンマークのピアニスト、音楽教師、作曲家。
1835年、ロラン島(Lolland)生まれ。
彼の父は牧師で、デンマークの民謡を収集して編曲するなどしていた。

最初、父より音楽の手ほどきを受けた。

ライプツィヒ音楽院に留学し、
1947年にカール・ライネッケ(Carl Heinrich Carsten Reinecke)から作曲の指導を受けた。

1848年から1851年にかけては同音楽院において、
ショパンと交流のあったアントン・レー(Anton Ree 1815年-1891年)にピアノを、
ネルス(ニルス)・ゲーゼ(Niels Gade)に音楽理論と作曲を師事した。

ヴィ二ングの公のキャリアはピアニストとして始まった。
彼はヨーロッパ中の国々を演奏して回り、特にベートーヴェンとモーツァルトを専門としていた。
中でもベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第4番」は彼の十八番だった。

1864年、彼はJ.P.E.ハートマンの娘のクララと結婚し、ゲーゼもその姉妹と結婚した。
ヴィニングは1867年にコペンハーゲンのデンマーク音楽アカデミー
(Det kongelige danske musikkonservatorium)の教員となっており、
私的にも教育活動を行うようになった。

1867年、ヴィ二ングは腕を酷使しすぎて痛めてしまい、
演奏活動から身を引かざるを得なくなったが、彼はこれによって作曲に専念できるようになった。
しかし、1881年には音楽アカデミーでの教員生活を再開している。
また1888年から没するまでには、演奏会にも何度か登場している。

ヴィニングは、1899年、ケブンハウン(København)(コペンハーゲン)にて、64年の生涯を閉じた。
彼の音楽は讃美歌を除いてほとんど忘れ去られていたが、
他の主要作品にも注目が集まりつつある。

※Wikipedia日本語版に加筆、修正。

【主な作品】(管弦楽)
・北欧風序曲(“悲劇的序曲”だという情報もあり)(1864年)
Nordisk Ouverture, op. 7(Ouverture til en Sørgespil ?)
・ピアノ協奏曲 イ短調 - 3楽章(1868年)
Klaverkoncert i a-moll, op. 16
・ピアノと管弦楽のための演奏会用アレグロ ハ短調(1875年)
Concert Allegro for klaver og orkester i c-mol op. 29
・交響曲 ハ短調 (1894年)
Symfoni i c-mol, op. 39

【主な作品】(室内楽)
・ヴァイオリンソナタ(1864年)
Violinsonate, op. 5
・チェロソナタ(1854年)
Cellosonate, op. 10
・ピアノ四重奏曲 - 4楽章(1870年)
Klaverkvartet, op. 17
・クラリネット、ヴァイオリンとピアノのための3つの幻想的小品集 - 3楽章(1872年)
3 Fantasistykker for klarinet, violin og klaver
・弦楽五重奏曲 - 5楽章(1879年)
Strygekvintet, op. 23
・黄昏の情景(ヴァイオリン、ピアノとオルガンのための)(1904年)
Aftenstemning for violin, klaver og orgel, op. 47b

【主な作品】(ピアノ曲)
・田園の情景
Landlige Scener
・夏の思い出
Sommerminder, op. 26(?)
・全ての調性による前奏曲集
Præludier for klaver, op. 26
・左手のための3つの小品
Trois Morceaux pour la main gauche, Op. 27

その他、編曲、歌曲、賛美歌など

【資料】
アウグスト・ヴィンディング(Wikipedia)
http://imslp.org/wiki/Category:Winding,_August
https://bibliotek.kk.dk/ting/object/710100%3A03891631
http://dvm.nu/periodical/dmt/dmt_2001-2002/dmt_2001-2002_01/plader-29/

ピアノ協奏曲 イ短調
ピアノ:オレグ・マルシェフ - Oleg Marshev
演奏:南ユラン交響楽団 - Sønderjyllands Symfoniorkester
指揮:マティアス・エッシュバッハー - Matthias Aeschbacher
http://www.youtube.com/watch?v=0fyFRKKDZbg


ピアノと管弦楽のための演奏会用アレグロ ハ短調
ピアノ:オレグ・マルシェフ - Oleg Marshev
演奏:南ユラン交響楽団 - Sønderjyllands Symfoniorkester
指揮:マティアス・エッシュバッハー - Matthias Aeschbacher
http://www.youtube.com/watch?v=nqKB1bo3qNY


「ピアノ協奏曲イ短調」は、
ロマン派ピアノ協奏曲の魅力に溢れた佳曲と言えるかも知れません。

「演奏会用アレグロ」も、余り味気ない題名を付けるには勿体無いくらい、
劇的でロマンティシズムに溢れた、隠れた名曲と言って良いかも知れません。

旋律が、とても印象深く魅力的に感じます。

ピアノ独奏は、適度に技巧性がある上に流麗で繊細。
ヨハン・ペーター・エミリウス・ハートマン(Johann Peter Emilius Hartmann)や、
ネルス・ゲーゼなどに代表される、デンマーク・ロマン派の要素を、
やはり受け継いでいる様に感じます。



◎「ピアノ協奏曲」に於ける、奇妙な偶然の一致?
これは、私が偶然見つけたのですけど、何と、ヴィニングのピアノ協奏曲と、
グリーグのかの有名な「ピアノ協奏曲」とは、作曲年、調性、作品番号が、
全く同じなのです!!
https://twitter.com/OtsukaSatoru/status/428153283555753984

どちらも、作曲年が1868年、調性はイ短調、作品番号は16番。

グリーグはノルウェー、ヴィニングはデンマークですが、共に北欧の作曲家。
何らかの交流でもあったのでしょうか?

作品番号が同じである事を指摘している英文を見つけました↓
The first work given on this CD is the Concerto for Piano and Orchestra in A minor.
It is Opus 16 (not Opus 19 as the typographical error on the CD notes suggest)
which by a strange coincidence is the same opus number as
Grieg's concerto in the same key!
http://www.musicweb-international.com/classRev/2001/Aug01/Winding.htm

それから、グリーグのピアノ協奏曲の第1楽章の冒頭の音形が、
シューマンのピアノ協奏曲の第1楽章の冒頭の音形と似ている
という指摘を何かで見た事があります。

実際、グリーグのピアノ協奏曲は、
シューマンのピアノ協奏曲の影響を受けているそうです。

そこでまた気付いたのですけど、
ヴィニングのピアノ協奏曲の第1楽章の冒頭の音形も、
シューマンのピアノ協奏曲の第1楽章の冒頭の音形に似ている気がするのです。

「グリーグのピアノ協奏曲」より、第1楽章
ピアノ:レオン・フライシャー - Leon Fleisher
演奏:クリーヴランド管弦楽団 - Cleveland Orchestra
指揮:ジョージ・セル - George Szell
http://www.youtube.com/watch?v=Ws2EBk4ULiU


「シューマンのピアノ協奏曲」より、第1楽章
ピアノ:マウリツィオ・ポッリーニ(ポリーニ) - Maurizio Pollini
演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 - Berliner Philharmoniker
指揮:クラウディオ・アッバード(アバド) - Claudio Abbado
http://www.youtube.com/watch?v=3zEUeL4Ebcs


グリーグのピアノ協奏曲も、ヴィニングのピアノ協奏曲も、共に、
冒頭部分がシューマンのピアノ協奏曲を意識している様に感じられるのです。

考え過ぎでしょうか?

しかも、ヴィニングの方が、グリーグのよりも、シューマンのにより近い。

因みに、シューマンのピアノ協奏曲も、「イ短調」です。



◎情報の食い違いや疑問
Wikipediaで『北欧風序曲』(Nordisk Ouverture)と紹介している曲は、
別の頁では『悲劇的序曲』(Ouverture til en Sørgespil)と紹介しているので、
どちらが正しいのかよく分かりません。

どちらも「作品7」と出ているのです。
Ouverture til en Sørgespil, Op.7 (Winding, August) - IMSLP

また、ピアノ曲『夏の思い出』も、『全ての調性による前奏曲集』も、
共に「作品26」(op. 26)なんですけど、これもどうしてなのでしょうか?

一応、前者には、(?)付きで出ていますが。



◎CD化について
「Danacord」というデンマークのレーベルより、
デンマークの珍しいピアノ協奏曲のCDのシリーズが出ており、
その内の Vol 3, Vol 4 を数年前に手に入れております。
Vol 2 に、ヴィニングのピアノ協奏曲が収録されていますが、
残念ながら手に入れておりません。

ヴィニングの『ピアノと管弦楽のための演奏会用アレグロ』も収録されており、
デンマーク・ロマン派の重鎮、ヨハン・ペーター・エミリウス・ハートマンの息子、
エミル・ハートマン(Emil Hartmann)のピアノ協奏曲とのカップリングです。

August Winding, Emiel Hartmann, DACOCD 581.jpg


デンマークのピアノ協奏曲集:第2
Danish Piano Concertos U
ピアノ:オレグ・マルシェフ - Oleg Marshev
演奏:南ユラン交響楽団 - Sønderjyllands Symfoniorkester
(デンマーク・フィルハーモニー管弦楽団 - 南ユトランド)
(The Danish Philharmonic Orchestra, South Jutland)
指揮:マティアス・エッシュバッハー - Matthias Aeschbacher
【DACOCD 581】
http://ml.naxos.jp/album/DACOCD581
http://www.danacord.dk/frmsets/maincat.html



その他、「Romantic Discoveries Recordings」というレーベルから、
ヴィニングのピアノ曲集CD
【RDR CD85】
Piano Music of August Winding (1835-99)
ハートマン父子とのオムニバスのピアノ曲集CD
【RDR CD86】
Piano Music of J.P.E. and Emil Hartmann and August Winding
などが出ています。



◎名前の表記について
「Winding」という表記のため、「ヴィンディング」と発音、表記しそうですけど、
地元では「ヴィニング」「ヴィニン」に近い発音の様です。

「アンデルセン」(Andersen)も、
地元では「アナスン」「アンスン」に近い発音をするとは一部で知られています。

つまり、語中の「d」の発音が脱落しているわけです。

なので、「ヴィニング」表記にしました。



◎オーケストラ・ナデージダ第10回演奏会情報
有名な曲と共に、滅多に演奏されない無名のクラシック曲も取り上げる、
オーケストラ・ナデージダの演奏会が、4月19日に行われます。

以下がその情報です↓

オスカル・リンドベリ
Oskar Lindberg
3つのダーラナの絵画(1907-1908)
Tre dalmålningar op 1

カール・ネルセン(ニールセン)
Carl Nielsen
交響曲第2番ロ短調「4つの気質」(1901-1902)
Symfoni nr. 2, h-mol, op. 16 “De fire Temperamenter”

セルゲイ・リャプノフ
Сергей Михайлович Ляпунов
交響曲第1番ロ短調(1885-1887)
Симфония 1 h-moll

日時:2014年4月19日(土)14時開演
入場料:1.000円(全自由席)
※60歳以上は無料(当日証明できるものをお持ち下さい)
場所:狛江エコルマホール
指揮:渡辺新
オーケストラ・ナデージダ第10回演奏会 - Orchestra Nadezhda Facebook



それから、5ヶ月も先の事になりますけど、
魅力溢れるにも拘らず無名に甘んじているクラシック曲を取り上げる、
オーケストラ《エクセルシス》の第5回演奏会のプログラムが決まったとの事で、
その連絡が入りましたので、その内容をお知らせいたします。

テオドール・デュボワ
François-Clément Théodore Dubois
アドニス(交響詩) ※日本初演
Adonis, poème symphonique

フィリップ・ゴーベール
Philippe Gaubert
海の歌 - 3つの交響的絵画(1929) ※日本初演
Les Chants de la Mer, trois tableaux symphoniques

アルベリク・マニャール
Lucien Denis Gabriel Albéric Magnard
交響曲第4番 嬰ハ短調(1913)
Symphonie no 4 en ut dièse mineur op. 21

日時:2014年 9月23日(火・祝)午後公演
場所:杉並公会堂 大ホール
指揮:大浦智弘
http://excelsis.sub.jp/concert_info.shtml

今回は、フランスの作品を取り上げるようです。
フランスとは言うものの、やはり無名の作曲家はいます。
今から楽しみです。

《転載終了》

「Winding」のデンマーク語の発音について、
「FORVO」という発音サイトで確認してみた所、「ヴィンディング」と言っていました。
http://ja.forvo.com/search/Winding/da/

でも、「August」のデンマーク語の発音については、
「アウゴスト」も「アウグスト」もある様です。
http://ja.forvo.com/search/August/da/

まあ、方言の問題もあるのかも知れませんし、
取り敢えずは内容を変更せずこのままにしておきます。
posted by Satos72 | ├ デンマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする