2017年11月05日

アウグスト・セーデルマン(August Söderman)を聴く(YouTubeから)

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10302528036.html
2009年7月18日

《転載開始》

August Söderman.jpg
August Söderman - Wikipedia Svenska
ユーハン・アウグスト・セーデルマン
Johan August Söderman(1832-1876)
 
『19世紀スウェーデン最大の作曲家』と言われる。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~y-koba/sweden02_s-z.htm#soderman
今回紹介する曲を聴けば、その言葉に納得が行くのではないでしょうか?
同時代(19世紀半ば)のスウェーデンの作曲家には、小粒系が多い。
でもその中にあって、存在感をとても大きく感じる作曲家が、
このセーデルマンです。
 
アルヴェーン登場以前に活躍したスウェーデンの作曲家の中で
突出した才能を有していたのは、イーヴァル・ハルストレム(Ivar Hallström)、
アンドレアス・ハッレーン、アウグスト・セーデルマン辺りでしょうか。
所が、知名度はとても低い。
まあ全体的に、スウェーデンのクラシック音楽は、
有名といわれるアルヴェーンにしても、知名度が微妙な所がありますから。
 
幾つかCDが出ていたりするけど、
主に他のスウェーデンの作曲家の曲とのオムニバスCDだったりします。
スターリングから、セーデルマンだけを扱った管弦楽曲集CDも出ています。
 
よく、マイナーな作曲家の曲がオムニバスで収録されていたりするけど、
何故だか余り重要な曲では無さそうな曲という事が多い。
そのせいで、大したことない作曲家だと誤解してしまう危険性があります。
私は、セーデルマンに対してそういった誤解をしていた所がありました。
 
『スウェーデン王立劇場の序曲集』(Å Kongl. Theatern)(CDS1009-2)
に収録されている、若くして書いた
オペレッタ『悪魔の最初の試練』(Hin Ondes forsta larospan)の序曲や、
『スウェーデン管弦楽作品集』(NAXOS 8.553115)に収録されている
『スウェーデン祝祭音楽』(Svenskt Festspel)は、
耳が肥えすぎているせいか、イマイチ物足りなさを感じました。
 
Ouverturer Å Kongl. Theatern CDS-1009-2.jpg
NAXOS 8.553115.jpg

後者の方は、とても陽気で元気があって憶えやすい曲なんですけど、
前者の序曲の、ほのぼのとした印象深い旋律ではあるけど
オーケストレーションの単純さを感じるショボさのせいで、
余り良いイメージを抱いていませんでした。
 
でも、前述の『セーデルマン管弦楽曲集』(CDS 1040-2)を聴けば、
スウェーデンロマン派クラシックに於ける
重要な作曲家の一人なんだというのがとてもよく分かります。
 
August Söderman CDS 1040-2.jpg

しかし、現在ではそのCDは手に入りにくい。
そのCDに収録されている
『スウェーデン民謡と民俗舞曲』(Svenska folkvisor och folkdanser)
がYouTubeに出ていたので、早速up!!
全部で8曲の小さな組曲となっています。
北欧国民楽派好きにはたまらない曲でしょうね!!
第1曲には、
アンドレアス・ランデルの『ヴェルムランドの人々 』にも登場する旋律が登場し、
第2曲には、オスカル・リンドベリ の『楽師ペール、彼はフィドルを奏でた』
にも登場する陽気な旋律が出てきます。
 
アルヴェーンが好きだという方は、ハレーンもセーデルマンも好きになる筈!!
 
CD購入はこちらから(関連CD)↓
Amazon | Ouverturer a Kongl Theatern
Amazon | Orchestral Music-Vol. 2
Amazon | Swedish Orchestral Favourites
 
『スウェーデン民謡と民俗舞曲』(Svenska folkvisor och folkdanser)
演奏:ノルランド歌劇場交響楽団(NorrlandsOperans Symfoniorkester)
指揮:ロイ・グッドマン(Roy Goodman)
※残念ながら動画が削除されました。
 
代わりにこちらを上げておきます。
『スウェーデン祝祭音楽』(Svenskt Festspel)
演奏:ヘルシンボリ交響楽団(Helsingborgs Symfoniorkester)
指揮:オッコ・カム(Okko Kamu)

【追記】(2017/11/7)
肖像画像1枚、CD画像3枚追加。
「スウェーデン祝祭音楽」の動画貼る。

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

ヘレーナ・ムンクテル(Helena Munktell)を聴く(YouTubeから)

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10335131663.html
2009年9月4日

《転載開始》

Helena Munktell.jpg
ヘレーナ・ムンクテル
Helena Munktell(1852-1919)
 
グリュックスボー(Grycksbo)生まれ
 
紹介したいマイナー作曲家、まだまだいっぱいおります。
そろそろ紹介しなくては、
と思っている作曲家の曲がYouTubeに出ていたので、
ブログに貼り付ける事にしました。
 
スウェーデンの女性作曲家。
当時、スウェーデン人女性作曲家としては珍しく、
声楽曲やピアノ曲のみならず、
管弦楽曲や歌劇などの大規模作品も手掛けた。
 
当時のスウェーデン音楽は、
主にドイツ音楽からの影響が強かったが、
ムンクテルは珍しく、フランス音楽からの影響を強く受けているようで、
フレーズなど基本はロマン派ですけど、
和声などに印象派風の色彩的な描写が見られたりする。
 
全く関係無いけど、レオナルド・ダ・ヴィンチとは、
丁度生没年がピッタリ400年ズレている。
ムンクテルは、私が見た中で一番美人なクラシック作曲家です!!
 
まあ詳細は後日ということで、取り敢えずは、
交響的絵画『砕ける波』
Bränningar, Symfonisk Bild, Op 19 (1898)
の紹介です。
モンテ・カルロに於いて、1898年に初演されました。
聴いてみれば分かりますが、管弦楽による波の描写が見事です。>
これほど、波の視覚的イメージを掻き立てる曲も、そう無いと思います。
ドビュッシーやヴォーン=ウィリアムズ、グラズノフなども、
海を題材にした管弦楽作品を書いていますが、
これらの作品に、全く引けを取らないと思います。
 
とても気になったのは、
ヴァーグナーの『彷徨えるオランダ人』序曲に似たフレーズが
冒頭にあったこと。
その他にも全体的に、
フレーズにどことなくヴァーグナーっぽい雰囲気を感じるのですが、
和声に、やや印象派っぽい色彩的雰囲気を感じます。
その意味でも、異色な作曲家と言えるのかも知れません。
 
Helena Munktell CDS-1066-2.jpg
Sterling【CDS 1066-2】
ヘレーナ・ムンクテル管弦楽作品集 - Amazon
ヘレーナ・ムンクテル管弦楽作品集 - HMV
ヘレーナ・ムンクテル管弦楽作品集 - Tower Records
 
交響的絵画『砕ける波』
”Bränningar” Symfonisk Bild, Op 19, 1898
演奏:イェヴレ交響楽団(Gävle Symfoniorkester)
指揮:トビアス・リングボリ(Tobias Ringborg)

 
 
 
【追記】
ヘレナ・ムンクテル → ヘレーナ・ムンクテル
肖像画像、CD画像追加(2017/9/14)

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

ペール・アウグスト・エーランデル(Per August Ölander)スウェーデンの作曲家

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10444922730.html
2010年1月28日

《転載開始》

Per August Ölander_1886.jpg

ペール・アウグスト・エーランデル(オーランデル)
Per August Ölander(1824-1886)

リンシェーピング(Linköping)生まれ
ヴァイオリニスト、作曲家
ストックホルム(Stockholm)歿

【代表作】
歌劇『ブレンダ』(Opera”Blenda”)

Per August Ölander - Wikipedia, Svenska

今まで数多くの無名クラシック作曲家を紹介してまいりましたが、
概ね「何でこんないい曲が無名なの?」
と驚いてしまうものが多かったです。
しかし今回は、逆に「埋もれるのもしょうがないかな」
と思ってしまう曲です。

聴いてみれば分かりますが、『古典派』的です。

しかし、作曲されたのが、実は1868年頃であるため、
思いっきり”時代錯誤”的です。
ヴァーグナーやリストらの活躍する怒涛の新ロマン派時代に、
こういった時代遅れな曲を作るってどうよ?ですが、
時代の先を行き過ぎたせいで
ベルヴァルド(Franz Berwald)が生前殆ど不遇だった事と
何か関係があるのでしょうか?

まず、純粋に曲として優れているのかどうか?
私はロマン派や国民楽派が好みですけど、
古典派やバロックはカバーの範囲外ですので、
よくわからない所があります。

でも、聴き込んでみると、なかなかいい曲ではないかと思います。
全体的に古典派的描写が大半ですが、
その中にロマン派的雰囲気も少し感じます。
第1楽章はしっかりしていて大胆な描写もあります。
緩徐楽章(第2楽章)の美しさは格別です。
第3楽章は、中間部が北欧民謡っぽさを何となく感じます。
第4楽章も、中々聴き応えあります。
この交響曲は、強いて言えば、
19世紀初頭辺りのロマン派の香りの微かにする
古典派の交響曲って感じでしょうか?

実は、SterlingからCD化されています。
YouTubreにでているのは、恐らくそれなのでしょう。
でも、現在は廃盤です。
購入を希望の方は、Amazonのマーケットプレイスでどうぞ。
同時代のスウェーデンの作曲家、
リンドブラード(Adolf Fredrik Lindblad)
の交響曲第2番ニ長調とセットです。
【CDS 1005-2】
Symphony 2/Symphony Import Lindblad (アーティスト), Olander (アーティスト) - Amazon

Adolf Fredrik Lindblad, Per August Ölander ,CDS-1005.jpg

交響曲変ホ長調(1868?)
Symfoni i Ess-Dur
演奏:ヴェステロース交響楽団
Västerås symfoniorkester
指揮:ハリー・ダムゴー
Harry Damgaard

第1楽章
http://www.youtube.com/watch?v=iImJoaT0wyU


第2楽章
http://www.youtube.com/watch?v=koOj0ZrEELE


第3楽章
http://www.youtube.com/watch?v=6yYp4HBx-XE


第4楽章
http://www.youtube.com/watch?v=rjnsgkgJYso




【追記】
ネットで日本語でこの作曲家について紹介している方は何人かいますが、
皆姓の表記がバラバラです。
「オーランデル」「オランダー」等々・・・。
「オーランデル」表記が一番しっくりくるのかな?

【追記2】
肖像画像追加(2016/12/3)

《転載終了》



YouTubeの交響曲が削除されていたため、
代わりにこの曲を貼っておきます。
弦楽六重奏曲二長調(1850)
Stråksextett i D-dur
https://www.youtube.com/watch?v=KVY-xHF1tJI
posted by Satos72 | ┌ スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする