2017年02月12日

ヘイノ・カスキ(Heino Kaski)を聴く(YouTubeから)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10411801273.html
2009年12月15日

《転載開始》

Heino Kaski.jpg
Mieskuoro Sirkat - Heino Kaski

以前、CD化されていない交響曲の話などで取り上げた、
シベリウスの影に隠れながらも
隠れた傑作を書いたヘイノ・カスキですが、
カスキを人に紹介する時、
まず何と言う曲を筆頭に取り上げるか考えた所、
これだろうと思うのが、
前奏曲ロ短調『激流』
Preludi h-molli op 48-1 ”Pankakoski-Strom”
です。

水の激しく流れ行く様が見事に活写されているのみならず、
それを非常に印象深い美しいピアノ曲に仕上げた見事さ!!

つまり、”写実”と”ロマンティック”が上手く
調和している様に感じられました。

YouTubeには、この曲を演奏した録音が幾つも出ていますが、
その中には、日本人と思われる人によるものもあります。

今回取り上げたのは、録音場所が録音場所だけに、
ややエコーがかってますが、
演奏に関しては、恐らく一番良いのではないか?
と思われるものを取り上げました。
 
演奏:ユッスィ=ペッカ・ヘイッキラ(Jussi-Pekka Heikkilä)
http://www.youtube.com/watch?v=CCeiGiYQ9ZE




【追記】
肖像画像追加(2017/3/17)

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ フィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

セリム・パルムグレン(Selim Palmgren)を聴く(YouTubeから)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10464964987.html
2010年2月22日

《転載開始》

Selim Palmgren.jpg
※画像はWikipediaより拝借

セリム・パルムグレン
Selim Palmgren(1878-1951)

【Wikipediaより】
フィンランドの作曲家・ピアニスト・指揮者・音楽教師。
フェルッチョ・ブゾーニの薫陶を受け、
1921年よりアメリカ合衆国のイーストマン音楽学校作曲科で教鞭を執る。
後にフィンランドに戻った。作品のほとんどはピアノ曲と男声合唱曲であり、
中でもピアノのための抒情的な小品は、
スカンジナビアの民謡的要素が活用されている。

セリム・パルムグレン - Wikipedia, 日本語

フィンランドのクラシックの作曲家は
シベリウスのみが一般的に知られていますが、
キラリと光る隠れた宝石が他にもいっぱいあります。
ミエルク、メラルティン、カスキ、マデトヤ等など・・・。
その中の1人を紹介します。

今回紹介する曲は、『トンボ』です。長渕剛ではありませんが。
ピアノ組曲『春』作品27の中の第3曲です。
春なのにとんぼというのは妙かも知れませんが、
取り敢えず聴いてみると、出だしは、
フランツ・リスト編曲のピアノ版『ラ・カンパネッラ』っぽいですが、
如何にももの悲しい感じの日本の童謡(わらべうた)の様な、
日本の古謡(”さくら”とか)の様な叙情性溢れるメロディを、
印象派的に処理したようなメロディがでてきます。
そして、明るくほのぼのした感じに曲が締めくくられます。

話は変わりますが、
パルムグレンのピアノ協奏曲のCDが以前幾つか出ていましたけど、
現在は全て廃盤となっております。
ピアノ曲や声楽曲のCDなら、手に入りやすいです。
NAXOSとか、パルムグレンのピアノ協奏曲のCDとか、
出さないですか?

ピアノ組曲『春』(1906-7年)より、『とんぼ』
Pianosarja “Kevät” Opus 27, nro 3 Sudenkorento
http://www.youtube.com/watch?v=w_HFUDUnDRU


《転載終了》
posted by Satos72 | ├ フィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

エルッキ・メラルティン(Erkki Melartin)のシンフォニア・ブレヴィス

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10973444646.html
2011年8月2日

《転載開始》

エルッキ・メラルティン
Erkki Melartin, 1875-1937
交響曲第5番イ短調『シンフォニア・ブレヴィス(小交響曲)』
Sinfonia nro 5 a-molli, op.90 ”Sinfonia Brevis”(1915)

メラルティンは、レーヴィ・マデトヤ(Leevi Madetoja)や
トイヴォ・クーラ(Toivo Kuula)、
ヘイノ・カスキ(Heino Kaski)らと共に、
フィンランドクラシック音楽黄金期を築いた
作曲家の一人。
いずれも、ジャン・シベリウス(Jean Sibelius)
の影に隠れている様な存在ですが、
皆魅力的な作曲家です。

Erkki Melartin.jpg
エルッキ・メラルティン - Wikipedia

本題に移る前に、ちょっと今調べて分かったんですが、
メラルティンの他にも『シンフォニア・ブレヴィス』
を書いている人がいる事をたまたま今の検索で知りました。
現代音楽家ハインツ・レトガー(Heinz Röttger)によるもの(1949)や、
エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ(Ermanno Wolf-Ferrari)によるもの(1943)、
異端の作曲家ソラブジ(Sorabji)によるピアノ独奏のための
交響曲第5番『シンフォニア・ブレヴィス』(1973)など。
いずれも未だ聴いていませんが、
ソラブジのは恐らくこれから紹介するメラルティンの
同曲を編曲したものではないかと思うのですが、よく分かりません。

さて本題です。
メラルティンは、
マーラーの影響を受けているのではないかと言われています。
でも私の耳には、マーラーよりも遥かに明解に聴こえます。
まあ一言で言えば、分かりやすいロマンティシズムに溢れた曲。
私は素直にそういうのが好き。
如何にも何かを描写しているとしか思えない映画音楽っぽい曲ですが、
別にそういうわけでも無いようで。
『短い交響曲』(Sinfonia Brevis)と表題が付いていますが、
メラルティンの他の交響曲も、
第4番を抜かして皆大体同じ位の演奏時間で、
そんなに短いわけではなく、
どういうつもりの表題なのかはよく分かりません。
実は同曲は、弊ブログでも度々紹介しているのですが、
きちんとした紹介は未だだったので、今更ながらの本格的紹介です。

第1楽章(Moderato)
勇壮なファンファーレっぽい感じの曲。
言うなれば、ガンダムシリーズ等のロボットアニメの戦闘場面BGMとか、
ハリウッドのアクション映画等に使えそうな曲。
哀愁の歌謡曲を思わせる旋律も現われますが、これも大変魅力的。
とても情感に溢れています。
只、最後の数分間は暗く陰鬱な状態が続いてその侭終わるので、
退屈かも。
第2楽章(Andante)
如何にも、童話絵本のほのぼのした世界を描写した様な曲。
森の動物達が出てくるような・・・。
フルートによる小鳥のさえずりを描写した様な旋律が出てきます。
ベートーヴェンの交響曲第6番『田園』とか、ルイ・シュポーアの
交響曲第4番『音の浄化』にも、鳥の鳴き声風メロディが出てきます。
第1楽章に出てくる”哀愁の歌謡曲”風メロディも登場します。
第3楽章(Intermezzo, Allegro moderato)
日本の子守唄を思わせる旋律には最初聴いた時驚きましたけど、
同じフィンランドの作曲家、
アルマス・ヤルネフェルト(Edvard Armas Järnefelt)の子守唄(1904)
にも雰囲気が似ているので、恐らくフィンランドの子守唄が
ベースなのかも知れません。
第4楽章(Finale)
こちらも、第1楽章同様、ロボットアニメのBGMっぽい感じ。
緊張感のある、何か急いでいる様な、
焦っている様な、緊急出動っぽい感じ。
それまでに出てきた旋律の要素が使用されています。

https://www.youtube.com/watch?v=JIfPcDijCo8






Erkki Melartin ODE 799-2, 2.jpg

エルッキ・メラルティン交響曲第5、6番
ONDINE【ODE 799-2】(廃盤)

Erkki Melartin ODE 931.jpg

エルッキ・メラルティン交響曲全集
ONDINE【ODE 931】
Amazon
HMV
TOWER RECORDS

演奏:タンペレフィルハーモニー管弦楽団(Tampere Filharmonia)
指揮:レオニート・グリン(Leonid Grin)



【追記】
肖像写真画像追加
動画が削除されていたので上げ直し(2016年5月29日)

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ フィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする