2017年03月26日

『どこかで聴いた曲』の定義(3)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10388087040.html
2009年11月14日

《転載開始》

まさか、この話で3回目を書くとは思いませんでした。
またまた補足を思いついたんで。

〇『どこかで聴いた曲』発生のメカニズム(補足)
前回、『どこかで聴いた曲』発生のメカニズムについて、
何と言う曲で作曲者は誰なのか?
等の説明が一切無く、
テレビ等で時々流される事が原因ではないか?と書きましたが、
他にも理由と思われるものがありますので、
それを語って行きたいと思います。

実は、『どこかで聴いた曲』ではなく、
たまたま偶然似た様なメロディの曲が作られ、
それを聴いていたという可能性が、無くは無いのではないか?
マイナーなクラシック曲を色々聴いていると、
時代を先取りした様な曲に時々出逢ったりします。
往々にして、北欧辺りの情感溢れる民族楽派辺りに多いのですが、
20世紀後半系商業主義的音楽を先取りした様な曲に時々出逢ったりして、
驚いたりするんです。
1970年代ヒーローサウンドとか、アクション映画音楽とか、そんな辺り。
もしかしたら、何かで無意識に影響を受けているという可能性は
あるかも知れないのですが、中には、不可解なケースもあったりします。
以前にもブログで書いたのですが、
ハンス・ロット(Hans Rott)の
『交響曲第1番第1楽章第1主題』を初めて聴いた時、如何にも昔、
ハリウッドの映画か何かで流れていた様な気がしたんですけど、
実は、この曲が初演されたのが1989年だったので、
それでびっくりしたわけです。
それ以前から聴いていた様な気がしてたんで。
要するに、偶然似てしまった曲を、以前に聴いていたという事なんでしょう。
ベルギーの作曲家
ヤン・ブロックス(Jan Blockx)の『5つのフランダース舞曲集』(1884)
を、昔のほのぼのアニメで聴いた様な気がするというのも、
その可能性は大きい。

ヘンリー・キャヴェンディッシュ(Henry Cavendish)が、
『クーロンの法則』や『オームの法則』などを、
クーロンやオームが発見するよりも
ずっと以前に発見していたというケースに、
似ていなくも無い。

要するに、『どこかで聴いた曲』というよりは、
『どこかで聴いた様な曲』って事ですね。




〇恋愛映画で使われていた様な気がするクラシック曲
例えば、『ブラームスの弦楽六重奏曲第1番』の第2楽章が、
ルイ・マル(Louis Malle)の映画
『恋人たち』(Les Amants, 1958)に使用されているとか、
『交響曲第3番』の第3楽章が、米仏合作映画『さようならをもう一度』
(Goodbye Again, 1961)で使われているという話は有名ですが、
比較的マイナーなクラシック曲で、
『これは恋愛映画に使われているっぽい』と
独断と偏見で思い込んでいる曲を紹介します。
甘く切ない旋律美の数々!!

イグナツィ・ヤン・パデレフスキ(Ignacy Jan Paderewski)
ピアノ協奏曲イ短調第2楽章(1889)
Koncert fortepianowy a-moll op. 17, Częśc II
祖国ポーランドの為に、政治的にも身を尽くしたパデレフスキ。
『ポーランド幻想曲』(Fantazja Polska)
が代表作の一つに数えられていないところが、
甚だ納得いきません。
20代初頭にCDで初めて聴いた時、「これ、聴いた事あるな」と思いました。
でも、どこでだかは勿論不明。
愛し合う男女の喜びとか、切ない気分とかが伝わってきそうな感じ。
特に、訴えかけてくる様な哀愁のメロディがたまらない!!

ラーシュ=エリク・ラーション(Lars-Erik Larsson)
劇音楽『冬物語』より、エピローグ
Epilog ur En vintersaga
このメロディを聴くと、泣けてくるという人はいるかも知れません。
『恋人たち』『さようならをもう一度』に出てくるブラームスの曲に、
ノリは近いと思います。
それに、北欧的雰囲気を加味したような。
甘く切ない旋律美。

ヨハン・スヴェンセン(Johan Svendsen)
交響曲第2番第2楽章変ロ長調(1876)
Symfoni nr.2 i Bss-dur op.15, Andre sats
涙ものの旋律美ですわ。
これ、絶対何かの映画で聴いた様な気がするのだが・・・。
大きく盛り上がる部分が、激しく訴えかけてくる感じでたまらん!!
最終楽章は、第1主題が
『かたつむり』『スーダラ節』『ドクタースランプの歌』
に似ています。

クット・アッテルベリ(Kurt Atterberg)
交響曲第6番ハ長調『ドル交響曲』第2楽章(1927-1928)
Symfoni nr.6 i C-dur op. 31”Dollarsymfonin”, 1 satsen
私が『アッテルベリ』(アッテベリ)を知る切っ掛けになった交響曲。
生まれるのが遅すぎたロマンティスト。
『シューベルト没後100年記念作曲コンクール』で最優秀賞を受賞し、
1万ドルを獲得した事から『ドル交響曲』の異名が付けられました。
第1楽章は、1970年代ヒーローサウンド調。
第2楽章は、甘く切ない恋愛映画調。
第3楽章は、ラフマニノフの『交響曲第2番第4楽章』に似ていて、
お祭りどんちゃん騒ぎ風。

《転載終了》
posted by Satos72 | テーマ別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする