2017年03月12日

台灣翠青(台灣共和國國歌)未来の台湾国歌?

中国を刺激する内容かも知れませんが、
まあ、多目に見てやってください。
私は右でも左でも無いんで。

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10395495014.html
2009年11月24日

《転載開始》

現在の台湾の国歌は実質『中華民國國歌』であり、
『三民主義』(1937)という題名です。
内容そのものは、台湾の為というより、国民党の為の歌です。
しかも、国民党が台湾に乗り込む以前に作曲されたものでもあり、
その意味でも、台湾の国歌とするべきかどうか、個人的には疑問です。
【作詞】
胡漢民, 戴季陶, 廖仲ト, 邵元沖
【作曲】
程懋筠
【歌詞】
三民主義,吾黨所宗;
以建民國,以進大同。
咨爾多士,為民前鋒;
夙夜匪懈,主義是從。
矢勤矢勇,必信必忠;
一心一コ,貫徹始終。
【意味】
三民主義は、我が党(全ての国民)の指針。
これで民国を建設し、これで大同(=世界平和)に進む。
ああ、あなた方多くの人々は、民の為の模範となって、
朝から夜まで怠けることなく、(三民)主義に従おう。
勤勉であれ、勇敢であれ。必ず信じ必ず忠実であれ。
心と美徳を一つにして、最後まで(三民主義を)貫徹しよう。
中華民国国歌 - Wikipedia

---------------------------------------------------------------------

それとは別に、
台湾人自身による新しい台湾国歌を制定しようという
運動も起きているようです。
それを紹介します。

台灣翠青(台湾は青翠なり)台灣共和國國歌(1993)
【作詞】
鄭兒玉
【作曲】
蕭泰然
【歌詞】
太平洋西南海邊,美麗島臺灣翠。
早前受外邦統治,獨立今欲出頭天。
共和國憲法的基礎,四族群平等相協助。
人類文化,世界和平,國民向前,貢獻才能。
【意味】
太平洋西南の沿海、美麗島台湾は青翠(せいすい)なり。
外来統治より独立し、今や擡頭せんとする。
共和国憲法を基礎となし、四族平等で相助け、
人類の文化と世界平和に向かい、国民は持てる力を捧げよ。


『三民主義』にやたらと拘りすぎる堅苦しさや、
あくまで党の歌である現国歌に比べれば、
遥かに内容的に自由度が高い!!
この国歌が正式に取り入れられた時が、
台湾に真の平和が訪れる時でしょうか?

《転載終了》
タグ:台湾 国歌
posted by Satos72 | ├ 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする