2015年09月07日

カレル・ベンドル(Karel Bendl)チェコの作曲家

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11558913693.html
2013年7月4日

《転載開始》

Karel Bendl(Jan Vilímek).JPG


※画像はWikipediaより拝借(ヤン・ヴィリーメク Jan Vilímek による肖像画)

チェコの作曲家、指揮者。
1838年、プラハ(Praha)生まれ。

1861年、歌曲『鳩が飛ぶ』(Poletuje holubice)が賞を獲得し、
地元の合唱団の間で人気となる。

1863年、芸術家協会(Umělecká beseda)の設立に参画し、音楽の分野を担当。

1864年、ボヘミアを離れ、ブリュッセル、アムステルダム、パリへ赴く。

1865年、プラハへ戻ると、フラホル合唱団(響きの合唱団)(Pěvecký sbor Hlahol)
の指揮者の地位を、ベドジフ・スメタナ(Bedřich Smetana)より引き継ぐ。

1874-1875年、仮劇場(Prozatimní divadlo)の次席指揮者を務める。

1878年まで、聖ミクラーシュ教会(Katedrála svatého Mikuláše)の指揮者を務める。

アントニーン・レオポルト・ドヴォジャーク(ドヴォルザーク)(ドボルザーク)
(Antonín Leopold Dvořák)
の渡米の際、プラハ音楽院(Pražská konzervatoř)の作曲科学科長の地位を彼から引き継ぐ。

1897年、プラハにて死去。

【主な管弦楽作品】(Orchestrální skladby)
・タランテッラ(1881)
Tarantella
・南スラヴ狂詩曲(1881)
Jihoslovanská rhapsodie pro velký orchestr
・国民劇場開場記念祝典行進曲(1881)
Slavnostní pochod k otevření Národního divadla
・ディテュランボス(1887)
Dithyramb

【主な歌曲】(Písně)
・ジプシー(ロマ)の調べ(詩:アドルフ・ヘイドゥク)(1881)
Cigánské melodie(Adolf Heyduk)
・糸杉(詩:グスタフ・プレガー・モラフスキー)(1882)
Cypřiše(Gustav Pfleger Moravský)
・ひばりの歌(詩:ヨゼフ・ヴァーツラフ・スラーデク)(1886)
Skřivánčí písně(Josef Václav Sládek)

【主な歌劇】(Opery)
・レイラ(台本:エリシュカ・クラースノホルスカー)(1866-1867, 上演:1868)
Lejla(Eliška Krásnohorská)
・ブジェチスラフ(台本:エリシュカ・クラースノホルスカー)(1869)
Břetislav(Eliška Krásnohorská)
・古い新郎(台本:カレル・サビナ)(1871)
Starý ženich(Karel Sabina)
・魔法の花(台本:エドゥアルト・リュッファー)(1876)
Čarovný květ(Eduard Rüffer)

※Wikipediaドイツ語版、チェコ語版などを参照。
Karel Bendl - Wikipedia Čeština

南スラヴ狂詩曲
演奏:プルゼニ放送管弦楽団(Plzeňský rozhlasový orchestr)
指揮:ヨゼフ・ブラツキー(Josef Blacký)
http://www.youtube.com/watch?v=QVKoHc730O0


チェコのクラシック音楽と言えば、ドヴォジャークやスメタナが有名です。

知られざる作曲家を求めている私は、そのせいだと思いますが、
チェコのクラシック音楽には余り目を向けていませんでした。
(ハンガリーのクラシック音楽も同様)

ですが、かなりマイナーなチェコの作曲家が色々と存在している事に気付き、
チェコのマイナー系作曲家も取り上げる事にしました。

チェコのマイナー系作曲家には、ヴィーチェスラフ・ノヴァーク(Vítězslav Novák)、
ヨゼフ・ボフスラフ・フェルステル(Josef Bohuslav Foerster)、
ズデニェク・フィビフ(Zdeněk Fibich)、ヨゼフ・スク(Josef Suk)など、
微妙な知名度の作曲家がいますが、今回は、
それらよりも更に知名度が低いと思われる作曲家の紹介をします。

ベンドルは、オルガン学校の学生時代にドヴォジャークと知り合い、
生涯を通して篤い友情で結ばれます。

裕福な家の出身であったため、
経済的に苦しかったドヴォジャークを色々と援助したそうです。

因みに、ドヴォジャークの出世作である、
賛歌『白山の後継者たち』(Hymnus “Dědicové Bílé hory” op.30, 1872)
の初演(1873年3月9日)は、カレル・ベンドルの指揮で行われました。

有名な作曲家の関係者と言う理由で、
多少名が知られるというケースは少なくないですが
(例:グリーグの親友、ヨハン・スヴェンセン、など)、
ベンドルの場合もそんな感じではないかと思います。



◎『南スラヴ狂詩曲』についてのレビュー
前半はゆったりしたテンポで落ち着いた雰囲気ですが、
後半に差し掛かるに従い、徐々に盛り上がっていき、
最後はお祭り騒ぎの様な喧騒に包まれながら曲を閉じます。

この曲の書かれる少し前の1878年に、
ドヴォジャークが3つの『スラヴ狂詩曲』(Slovanské rapsodie)を書いていますが、
個人的な感想を言えば、『スラヴ舞曲集』が多少発展した様な
感じだなと思っていました。

「狂詩曲」と言えば、もっと技巧性が高く複雑であるという“偏見”が、
私の中にあります。
なので、狂詩曲というにはちょっと違うなという印象を感じていたのですけど、
ベンドルの『南スラヴ狂詩曲』は、そんな贅沢な感性の私を満足させるものでした。
(偉そうな事書いてすいません)

ドヴォジャークは、実は、1874年に
交響詩『狂詩曲』イ短調(Symfonická báseň Rhapsodie a moll, op.14)
という管弦楽作品を書いているのですが、
内容の濃さなどは、多少それに近いものを感じました。

オーケストレーションも、ドヴォジャークの色彩とはちょっと異なるものを感じました。
ちょっと、ロシア的な響き?

完成度が高く、聴き応えがとてもあると思いました。
ドヴォジャークの『スラヴ舞曲』や『スラヴ狂詩曲』が好きという方は、
お聴きになられる事をお薦めします!!

曲が終ると、解説の言葉が出てきますが、
恐らく、ラジオ放送を録音したのかも知れません。



◎音盤化状況
『ジプシーの調べ』がオムニバス収録
Gypsy Melodies【SU3813】
Gypsy Melodies - Tower Records
“ジプシーの調べ" [Import] (GYPSY MELODIES) - Amazon
Gypsy Melodies-brahms, Dvorak, Novak, Bendl: Janal(Br) - HMV



因みに、1912年10月11日に、オーストリアの天文台で、
ヨハン・パリサ(Johann Palisa)によって発見された「ベンダ」(734 Benda)
という小惑星は、ベンドルの名に因んでいるという。
ベンダ (小惑星)(Wikipedia)



【追記】
「Poletuje holubice」の日本語訳には余り自信がありません。
間違っている可能性も無くは無いので、ご了承ください。

「Josef」のチェコ語の発音は、「ヨゼフ」という風に、
「s」の発音が例外的に「z」となる様です。

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする