2017年01月15日

CD化を希望するマイナークラシック曲(7)セルビア編

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10426985736.html
2010年1月4日

《転載開始》

以前、バルカン地方のクラシック音楽について紹介した事がありますが、
今回はその続編という感じでしょうか。
いつもの様に受け売りなんですが、いってみましょう。



20世紀セルビアの作曲家
マルコ・タイチェヴィッチ(1900-1984)
Марко Тајчевић
Marko Tajčević
Марко Тајчевић.jpg
Марко Тајчевић-Друга балканска игра - МУЗИКА - WordPress.com
という人がいまして、その人の書いた
『7つのバルカン舞曲』(1927)
Sedam balkanskih igara
を以前紹介したわけですが、
そのセルビアクラシック音楽の重要な創始者の1人が
ステヴァン・ストヤノヴィッチ・モクラーニャッツ(1856-1914)
Стеван Стојановић Мокрањац
Stevan Stojanović Mokranjac
Стеван Стојановић Мокрањац.jpg
Стеван Стојановић Мокрањац - Wikipedia Српски / srpski
という人だそうで、
民族音楽の収集や研究、教育者、聖歌の作曲家として活躍。
ステヴァン・ストヤノヴィチ・モクラーニャツ - Wikipedia, 日本語



実は、それに先立ち、
ヨジェフ・シュレズィンゲル(1794-1870)
Јожеф Шлезингер
Jožef Šlezinger
が、「セルビアに来て、王子楽隊を創設し、
楽隊が演奏する民俗音楽を土台とした音楽を作曲した」そうです。
実質彼が、セルビア民族楽派の祖?
Jožef_Šlezinger.jpg
Јожеф Шлезингер - Wikipedia, Српски / srpski



セルビア語による初の合唱曲を作曲したのは、
コルネリイェ・スタンコヴィッチ(1831-1865)
Корнелије Станковић
Kornelije Stanković
だそうです。
Kornelije Stankovic - St. Luke's Orthodox Mission
Kornelije_Stanković_2009_Serbian_stamp.jpg
Kornelije Stanković - Wikipedia, English



タイチェヴィッチと同様、20世紀の活躍になりますが、
平均的なセルビア民族楽派の作風を示した重要な作曲家として、
ステヴァン・フリスティッチ(1885-1958)
Стеван Христић
Stevan Hristić
がいます。
旋律と和声の両面で、
セルビアの民俗音楽と後期ロマン派と印象派音楽を
融合させた作風だそうです。
個人的には、こういう作風が好きです。
チェコ民族楽派で言うところの
ドヴォルジャークみたいな立ち位置でしょうね。
オペラ、バレエ音楽、管弦楽曲、器楽曲など、
あらゆる分野に作品を残しているそうです。
ステヴァン・フリスティッチ - Wikipedia, 日本語
Stevan_Hristić_2009_Serbian_stamp.jpg
Стеван Христић - Wikipedia Српски / srpski
実は、無名の作曲家の曲をよく取り扱っているcpoというレーベルが、
フリスティッチの
バレー音楽『オフリドの伝説』(1947)
Балет”Охридска легенда”
Balet ”Ohridska legenda”
のCDを出していたんですけど、
現在は廃盤になっているので残念です。
【cpo 999 582-2】



その他、
イスィドル・バイッチ(1878-1915)
Исидор Бајић
Isidor Bajić
は、
オペラ『センベリヤのイヴォ王子』(1911)
Опера ”Кнез Иво од Семберије”
Opera”Knez Iva od Semberije”
などを書きました。
Исидор Бајић-1910.jpg
Isidor Bajić - Wikipedia, English



スタニスラヴ・ビニチュキ(1872-1942)
Станислав Бинички
Stanislav Binički
は、
愛国歌『ドリーナ行進曲』
Марш на Дрину
Marš na Drinu

オペラ『夜明けにて』(1914)
Опера ”На уранку”
Opera”Na Uranku”
等を書きました。
Stanislav_Binički.jpg
Stanislav Binički - Wikipedia, English



ヨスィフ・マリンコヴィッチ(1851-1931)
Јосиф Маринковић
Josif Marinković
は、声楽曲を作曲したそうです。
Josif_Marinković_2009_Serbian_stamp.jpg
Josif Marinković Wikipedia, English
Јосиф Маринковић - Wikipedia, Српски
ロシアのレーベルから
『聖金口イオアン聖体礼儀』のCD
が出ているようですが、Amazonでは取り扱っていないようです。
http://www.pgp-rts.co.yu/katalog/izdanja/430824.html
http://www.yu4you.com/items/en/cd/item_47.html



このように色々と紹介してまいりましたが、
やはりCD化は余りされていないようです。
まあ、民族の坩堝として不安定要素がありますから、
あんまり文化の振興に力を入れる余裕が無いのかも知れません。
旧ユーゴでも、
スロヴェニアやクロアチアの辺りは安定していて平和みたいで、
それなりに文化振興や観光にも力が入っているようですが。
それはともかく、バルカン地方のより文化の振興発展を、
遠い東の果ての国より応援しています!!



【追記】
セムベリヤ → センベリヤ

フリスティッチ紹介記事に『Mystery Of The East』
というCDの販売サイトを、
バイッチ紹介記事に『Mystik des Ostens, Vol. 2』
というCDの販売サイトを、
それぞれリンクしていましたが、改めて調べてみると、
これらのCDに、それぞれフリスティッチやバイッチの曲が
収録されているのか不明であるため、リンクを取り外しました。
ここにお詫び申し上げます。

ヨスィプ・シュレズィンゲル(Josip Šlezinger)
↓ 
ヨジェフ・シュレズィンゲル(Jožef Šlezinger)
「ヨスィプ」という表記は、
Wikipediaの「セルビアの音楽」の頁に「ヨシプ」と出ていたので、
それを参考にさせていただきましたが、
正確には「Jožef」「Josif」らしい上に、
英語のWikipedia頁「Josip Šlezinger」も消えていました。
なので、リンクも「Јожеф Шлезингер」の頁に変更しました。

【追記】2017/1/17
肖像画像8枚追加。

「モクラーニャッツ」の日本語版Wikipediaでは、
「シュテファン・モクラーニャッツ」
と出ていますが(最終更新:2016年3月2日 (水) 06:53)、
セルビア語(クロアチア語)は表記通りに発音するので、>
何故そのカタカナ表記なのかは謎。

《転載終了》
タグ:セルビア
posted by Satos72 | ┌ セルビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする