2016年09月25日

交響詩『グラディウスV』(1990)

交響詩 グラディウスV.jpg
交響詩グラディウスIII - Amazon

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10510971145.html
2010年4月17日

《転載開始》

私の所有しているCDの中の古いものを、久々に聴いてみました。
交響詩『グラ3』です。
そういえば、この曲が出てから今年で丁度20年です。
私がこの曲のCDを買ったのには、まず第一に、
当時はゲーマーだったという事と、
クラシック音楽が好きだったからという、2つの理由がありました。
で、聴いてみたところ、内容的に良かったと思う所と、
イマイチだったかな?と思う所と
混ざった感じでした。
その理由を述べる前に、
この曲についてのネットのレビューを調べてみたところ、
そんなに多く語られておらず、語られていたとしても、
ちょっと芳しくない評価だったりします。
現在では廃盤になっているみたいで、
やや埋もれている感じではありますが、
だからこそ、取り上げる価値があると思いました。
因みに、初回限定版は、化粧箱入りです。

それから、この曲が作られた1990年というのは、
『グラV』のサントラが、
ゲームミュージック史上初のオリコンチャート入りで
26位という快挙を成し遂げたという、
記念すべき事件もありました。
こちらは、ユーザーに高く評価された様ですが。>

〇違和感
その違和感というのは、まず私は、
交響組曲『ドラゴンクエスト』の様な、
大体オリジナルに忠実に沿ったオーケストレーションを
期待していた所にあったりします。
その期待通りで無かった事による違和感。
それと、『交響詩』というからには、
クラシカルな感じのものを期待していたわけですけど、
その枠組みを大幅に超越したアレンジだったからです。
聴いていて戸惑いました。
ピアノによるJAZZのフレーズや、
エレキやドラムスによるロックンロールなフレーズ。
まあ、クラシック曲でも、
ジャズのフレーズを取り入れた曲ってありますけどね。
それと、電子音響も取り入れられていました。
こういった要素が強く出ている箇所は、
正直クラシックじゃないなと思いました。
あと、『ファーストグラディウス』のボスのBGMアレンジは、
かなり失敗しています。
緊張感所か、妙にほのぼのしていて可愛らしい感じ。
機関車をテーマにした童謡みたい。
「なんだ坂、こんだ坂」
「シュッシュッポッポシュッシュッポッポ」という感じです。

後は、皆良かったと思います。
序曲とか、最終楽章とか、
グラUのFarewelのアレンジとか、特に良かったです。

交響組曲『ドラゴンクエスト』の様な、
オリジナルの忠実なアレンジではなく、
より有機的に統合、発展したアレンジを目指したというのは、
この曲の作曲者である長谷川智樹氏の言葉にも明らかで、
その意気込みは凄い買ってます
(偉そうな事を言うつもりはありませんが)。
その目論見が達成されているかどうかは、
各々が判断してください。
また、音楽を聴いて物語をイメージさせる事を
念頭に入れていたそうで、その為、
多分にBGM的要素が強くなっている気がします。
個人的には、もうちょっと観賞用的要素を強くして欲しかった。
リヒャルト・シュトラウスとか
エクトル・ベルリオーズばりの超絶技巧的管弦楽アレンジとか
(でもそれだと、演奏する方もかなり大変だろう)。
私は多分、保守的なのかもしれません。

〇楽器編成:楽曲構成など
基本は2管編成ですが、変わっているのは、
オーボエとファゴットがそれぞれ1管だけというところ。
それと、ホルンが4管とトロンボーンが3管、テューバが1管なのは、
19世紀に於ける平均的管弦楽編成ですけど、
トランペットが3管なのは珍しい。
ショーソンの交響曲(1890)のようです。
それに、ドラムス、打楽器3、ハープ、ギター、ピアノ、弦楽。

原則的に交響詩というのは単一楽章ですけど、
この曲は8楽章に分かれています。
まあ、他にも複数楽章の交響詩は存在しますから。
でも、言葉の意味に囚われるのも余り意味は無いと思います。
ラロの『スペイン交響曲』は、実質ヴァイオリン協奏曲ですし、
ベルリオーズの『交響曲イタリアのハロルド』は、
ヴィオラ協奏曲に近い。

交響詩 グラディウスV-2.JPG

交響詩グラディウスV
作曲:コナミ矩形波倶楽部
編曲:長谷川智樹
演奏:コナミ・フィルハーモニック・オーケストラ
【KICA 1010】1990

《転載終了》
posted by Satos72 | テーマ別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

ブルガリア初期のクラシック音楽を巡る - その1 オーケストラ・ナデージダ演奏会情報

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12202218679.html
2016年9月21日

《転載開始》

今回は、ブルガリアのクラシック音楽の
“初期”の作曲家を巡る記事となります。

ブルガリアの作曲家と言えば、
一般的に日本で知られているのは一人もいませんが、
強いて言えば、
パンチョ・ハララノフ・ヴラディゲロフ(1899-1978)
Панчо Хараланов Владигеров
が一番有名と思われます。

しかし、今回の記事は、
彼よりも先に活躍した作曲家のご紹介となります。

ヴラディゲロフよりも先に活躍していた作曲家については、
既に何人か紹介しています。

ニコラ・アタナソフ・キタノフ(Никола Атанасов Китанов)ブルガリアの作曲家
2014年1月12日
ゲオルギ・ペトロフ・シャグノフ(Георги Петров Шагунов)ブルガリアの作曲家
2014年2月25日
ペトコ・スタイノフ(Петко Стайнов)ブルガリアの作曲家
2014年10月16日

ですが、彼らよりも古い作曲家の紹介となります。

音源がYouTubeに出ていない事が多く、
アーカイブ的な資料の紹介となりますが、
意外と数が多いので、3回に分けての紹介となります。





ヤンコ・ムスタコフ(1841-1881)
Янко Мустаков

Христо Ботев.jpg

1841年1月3日、トリャヴナ(Трявна)生まれ。

ブルガリアの歌手、作曲家、音楽教師、合唱指揮者。

ブクレシュティ音楽と雄弁院(ブカレスト音楽院)
(Conservatorul de Muzică şi Declamaţiune din Bucureşti)
を卒業。

1868年、ブルガリア初の合唱団を創設。
また、スヴィシトフ(Свищов)にブルガリア初の管弦楽団を創設。

1881年12月24日、スヴィシトフにて死没。
Янко Мустаков - Wikipedia Български





エマヌイル・マノロフ(1860-1902)
Емануил Манолов

Емануил Манолов.jpg

1860年1月7日、ガブロヴォ(Габрово)生まれ。

モスクワ音楽院(Московская консерватория)で学ぶ。

音楽教師や、軍楽隊の指揮者として活躍。

ブルガリア初の職業音楽家にして、
ブルガリア初の未完のオペラ『貧しい女』(Сиромахкиня)1900年
の作曲者として知られる。

1902年2月2日、カザンラク(Казанлък)で死没。

作品は、児童や学校のための合唱曲が多いが、
管弦楽、室内楽のための作品もある。
Емануил Манолов - Wikipedia Български

歌劇『貧しい女』(Сиромахкиня)1900年
※本格的に演奏が始まるのは、24:16から
https://www.youtube.com/watch?v=_cjm9ktFNBg






ツヴェタン・ラドスラヴォフ・ハジ=デンコフ(1863-1931)
Цветан Радославов Хаджи-Денков

Цветан Радославов.JPG

1863年、スヴィシトフ生まれ。

ブルガリアの国民意識復活を訴え、ブルガリアで初めて世俗的な学校を設立した、
エマヌイル・ヴァスキドヴィチ(Емануил Васкидович)に学び、
イヴァン・シシマノフ(Иван Шишманов)や
アレコ・イヴァニツォフ・コンスタンティノフ(Алеко Иваницов Константинов)
らに囲まれて育つ。

1885年、『愛しき祖国』(Мила Родино)を作詞作曲。
1964年に国歌として採用された。
共産党支配下のトドル・ジフコフ政権の時には
共産主義体制をたたえる詞が存在したが、
民主化後の1990年に改定され、当該部分は除去されている。

作曲家としてだけでなく、科学者としても活躍。

1931年、ソフィア(София)で死没。
Цветан Радославов - Wikipedia Български

愛しき祖国(ブルガリア国歌)
https://www.youtube.com/watch?v=B2BwwYP6RsQ






アンゲル・アタナソフ・ブコレシトリエフ(1870-1950)
Ангел Атанасов Букорещлиев

Ангел Букорещлиев.JPG

1870年1月31日、プレヴニャ(Плевня)
現:ギリシャのペトルッサ・ドラマス(Πετρούσσα Δράμας)生まれ。

作曲家、合唱やオーケストラの指揮者として活躍。

プロの音楽家として活躍したほか、
2500曲ものブルガリアの民俗音楽を記録する。

1896年より50年間、
プロヴディフ音楽協会(Пловдивското певческо дружество)
を管理する。

1921年、民間音楽学校『母なる歌』(Родна песен)を設立し、
最初の監督に就任する。

1950年1月3日、プロヴディフ(Пловдив)で死没する。
Ангел Букорещлиев - Wikipedia Български





お次は演奏会情報です!!

オーケストラ・ナデージダ 第15回演奏会
女性ソリストが奏でる煌めきのロシア音楽

オーケストラ・ナデージダ 第15回演奏会 2016-9-25.jpg

日時: 2016年9月25日(日)
開演: 14時 (開場: 13時)
会場: タワーホール船堀 大ホール
チケット: 全自由席 1,000円
※65歳以上無料(当日証明書をお持ちください)
※江戸川区民無料(チラシ裏面へ記入の上持参、
または当日ご住所の記入をお願いいたします)

後援: ロシア文化フェスティバル日本組織委員会・日ロ文化交流センター

曲目
ルビンシテイン: ピアノ協奏曲 第4番 ニ短調
Антон Григорьевич Рубинштейн
Концерт для фортепиано с оркестром 4 ре минор, соч. 70
ラフマニノフ: ヴォカリーズ
Сергей Васильевич Рахманинов
Вокализ, соч. 34, 14
スヴェトラーノフ: 3つのロシアの歌
Евгений Фёдорович Светланов
Три Русские Песний
アリャービエフ: ナイチンゲール
Александр Александрович Алябьев
Соловей
グラズノフ: 交響曲 第4番 変ホ長調
Александр Константинович Глазунов
Симфония 4 Ми-бемоль мажор, соч. 48

ソプラノ: 中村初惠
ピアノ: ナターリヤ・コーリチェヴァ

指揮:渡辺 新

オーケストラ・ナデージダ第15回演奏会 - Facebook





この次の記事では、漫画を発表いたします!!

そしていよいよ、
フィンランド・エストニア
の旅に行ってきます!!

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ ブルガリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

サーミ人ミュージシャン・フォークバンド特集!!その1

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12200462398.html
2016年9月16日

《転載開始》

久々の、
海外の辺境・周縁系ミュージシャン・フォークバンド特集です!!

このシリーズ、自分でもかなりお気に入りなのですが、
今回は、サーミ人歌手に絞ってご紹介いたします!!

まずは「サーミ人」とは何ぞや?ですが、

スカンジナビア半島北部ラップランド及び
ロシア北部コラ半島に居住する先住民族。

フィン・ウゴル系のうち
フィン・サーミ諸語(英語版)に属するサーミ語を話すが、
ほとんどがスウェーデン語、フィンランド語、ロシア語、
ノルウェー語なども話すバイリンガルである。

ちなみにラップランドとは辺境の地を呼んだ蔑称であり、
彼ら自身は、サーミ、あるいはサーメと自称している。

北方少数民族として、アイヌ民族などとの交流もある。
錫を使った手工芸細工が有名である。

800px-Pitesamisk_beiarn_2005.jpg

800px-LocationSapmi.png

サーミ人 - Wikipedia


だそうです。

過去記事↓
タイ・タイ(Tai tai)リヴォニアのフォークバンド
2014年11月19日
知られざる海外のミュージシャン・フォークバンド特集!!その1
2015年7月4日
知られざる海外のミュージシャン・フォークバンド特集!!その2
2015年11月12日





マーッジー
Máddji

Máddji.jpg

フルネーム
アーンネ・マーッジー・ヘアッタ・ビエラン
Ánne Máddji Heatta Bjelland

ノルウェー系サーミ人歌手

カラショーク(Karasjok)とカウトケイノ(Kautokeino)で育った。

父は、ノルウェー放送協会サーミ局(NRK Sápmi)の代表者、
ニルス・ヨハン・ヘアッタ(Nils Johan Heatta)。

妹は、女子サッカー選手、
エッレ・マリヤ・ヘアッタ(Elle Marja Heatta)。

マーッティは、
女子サッカーチーム「アスケル」(Asker Fotball Kvinner)
に所属していたこともある。

2006年度の「サーミの旋律グランプリ」(Samisk Melodi Grand Prix)
に携わる。

2010年、ソロデビューアルバム『彼方』(Dobbelis)を発表。
Máddji - Wikipedia Norsk bokmål

Dobbelis.jpg
Dobbelis CD, Import - Amazon

夜明けの光(Iđitguovssu)
http://www.youtube.com/watch?v=46WW3D5a_TU


彼方(Dobbelis)
https://www.youtube.com/watch?v=da4DBWYmH1g






ソフィア・ヤンノック
Sofia Jannok

Sofia_Jannok_20070621_Centre_Culturel_Suedois_5.jpg

スウェーデンのイェリヴァーレ(Gällivare)出身の、
若手ヨイカレ(Joikare)。

以前、アンナ・カルステット(Anna Kärrstedt)と共に、
「ソフィアとアンナ」(Sofia och Anna)のデュオを結成していた。

旋律祭2009(Melodifestivalen 2009)にて、
ABBAの「恋のウォータールー」(Waterloo)を歌う。

2009年9月15日、ストックホルムの国会会議の開会式において、
「Samelands vidder」を歌唱する。

2010年、中国の上海や北京で活動を行ったほか、
ウェールズの「Talvatis Festival」にも参加。

グラミー賞に2回ノミネートされた。

2014年、「欧州文化首都ウメオ」(Umeå2014)の開幕式の時、
クレオ(Cleo)や、クリスティン・アンパロ(Kristin Amparo)らと共に、
反人種差別主義声明を宣言。
Sofia Jannok - Wikipedia English

Orda-this Is My Land.jpg
Orda-this Is My Land CD, Import - Amazon

暖かい(Liekkas)
https://www.youtube.com/watch?v=CyA64m_p3PY


欧州文化首都ウメオの開幕式に於ける、
クレオ、アンパロ、ヤンノックのコラボの様子。
https://www.youtube.com/watch?v=PoT5310gCUU


ヨイカレとは、ヨイク(Joik)の歌い手の事を指すそうです。

ヨイクとは、

サーミ人の文化における伝統歌謡あるいはその歌唱法のことである。
luohti、 vuolle、 leu'dd、 juoiggus などとも表記される。

ヨイクという語は元々はいくつかあるサーミ人の歌唱法のうちの
一つを差していたが、英語表記の joik は
一般にサーミ人の伝統歌謡全般を指す。

現在まで文化の中で生き続けている伝統歌謡としては
ヨーロッパで最古の部類であり、サーミ人の民謡といえる[1]。

ヨイクは歌詞やその文化に特有の意味を持たないという点で
イヌイット以外のカナダ先住民 (ファースト・ネーション)
の詠唱と共通点が見られる[2]。

サーミ人のキリスト教化の過程でヨイクは罪深いものとされ、
またノルウェーへの同化政策においても
教会組織から罪と関連づけられたため、ヨイクは衰退した。

1950年代にはサーミ人の居住地域では
学校教育においてヨイクが禁止されていた。

ヨイクには宗教的側面があり、
ノアイデやキリスト教以前の原始宗教との関連が深かったことも、
当時に論争の対象となった原因となった。

しかし弾圧されている間も、
ヨイクはサーミの文化に非常に深く根ざしていたために
完全に途切れてしまうことはなかった。

現代でもヨイクは歌い継がれ、
さらに新しい音楽にも影響を与えている。

ヨイク - Wikipedia


だそうです。





その他のサーミ人歌手は、とりあえず名前を出すに留めます。

後日きちんとご紹介します。

記事が長過ぎるのが毎度ながら自分でもマズイと思っていたので。

リサ・トマッソン(Lisa Thomasson)

ニルス=アスラク・ヴァルケアパー(Nils-Aslak Valkeapää)

マリ・ボイネ・ペルソン(Mari Boine Persen)

アンゲリン・トュトット(Angelin Tytöt)

ウッラ・ピルッティヤルヴィ(Ulla Pirttijärvi)





【追記】2016/9/24
・マーッティ → マーッジー
サーミ語についてきちんと勉強してみたところ、
「i」が第二音節に来ると長音になるそうです。
また「d」は、続く「j」により硬口蓋音化されるため、
「ジ」に近くなる様です。
なので「マーッジー」としました。

・ソフィア・ヤンノク → ソフィア・ヤンノック
フィンランド語やエストニア語は、
二重子音でなくても音が詰まる事があるため、
それらとはかなりかけ離れている言語とはいえ、
姓の語尾の音を詰まった音に表記変更。
実際、「ヤンノック」表記で紹介している記事を幾つか見ました。

《転載終了》