2018年02月16日

ヴィレーム・ブロデク(Vilém Blodek)チェコの作曲家 その他演奏会情報

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11558924364.html
2018年2月16日

《転載開始》

Vilém Blodek.jpg

1834年10月3日、プラハ生まれの、作曲家、ピアニスト、フルート奏者

貧しい家庭に生まれ育ち、
プラハ音楽院(Pražská konzervatoř)で
ヤン・ベドジフ・キットル(Jan Bedřich Kittl)に作曲を、
アレクサンダー・ドライショク(Alexander Dreyschock)にピアノを、
アントニーン・エイセル(Antonín Eiser)にフルートを学ぶ。

その後、ガリツィアで音楽教師をし、プラハに戻ると、ピアニスト、音楽教師となり、
1860年には、プラハ音楽院のフルートの教授に就任。

過労のため精神を病み、1874年5月1日、39歳の若さでプラハに没する。

【主な作品】
・交響曲 ニ短調(1858-1859年)
Symfonie d-moll
・フルート協奏曲 ニ長調(1862年)
Koncert D-dur pro flétnu a orchestr
・歌劇『井戸の中』(1866-1867年)
台本:カレル・サビナ(Karel Sabina)
Opera "V studni"
・愛の歌(ピアノ伴奏つき声楽)(1860年)
Písně milostné
Vilém Blodek - Wikipedia English

歌劇『井戸の中』(1867)より、序曲
V studni - ouvertura
指揮:ヤン・シュティフ
Jan Štych
演奏:プラハ国立歌劇場管弦楽団
Orchestr pražského Národního divadla

交響曲 ニ短調(1859)
Symfonie d-moll
指揮:ボフミール・リシュカ
Bohumír Liška
演奏:プルゼニ放送管弦楽団
Plzeňský rozhlasový orchestr

フルート協奏曲 ニ長調(1862)
Koncert D-dur pro flétnu a orchestr
フルート:エリシュカ・ボシュコヴァー
Eliška Bošková
指揮:イジー・シュトルンツ
Jiří Štrunc
演奏:プルゼニ音楽院交響楽団
Symfonický orchestr Konzervatoře Plzeň

久々のクラシック音楽ですが、
ブロデクは大分前からその存在を知っており、
記事に書こうとストックしておりました。

何故中々書かなかったのかというと、
交響曲等の初期作品を幾つか聴いたところ、
チェコの民族的要素を殆ど感じなかったからです。
前期ロマン派風ですかね?

世代的には、チェコ国民楽派の開祖スメタナと、
チェコ国民楽派を代表するドヴォジャーク(ドヴォルザーク)の、
間の作曲家となるのですが、時期的にはスメタナの国民音楽の
模索の時期と思われるので、致し方ないとは思いますが、
ロマン派作品として聴く分には中々の逸品かも知れません。

後期の代表作であるオペラ『井戸の中』の序曲を聴いてみると、
スメタナやドヴォジャーク等のチェコ民族楽派的な響きを
感じ取る事ができました。

なので、「井戸の中」をもっと早く聴いておけば良かったと後悔。

オペラ『井戸の中』は、スメタナのオペラに次いでチェコでは人気らしい。

SU0033-2.jpg
歌劇『井戸の中』
V studni
リブシェ・マーロヴァー(コントラルト)
Libuše Márová
ダニエラ・ショウノヴァー=ブロウコヴァー(ソプラノ)
Daniela Šounová-Brouková
ヴォイチェフ・コチアーン(テノール)
Vojtěch Kocián
カレル・ベルマン(バス)
Karel Berman
キューン混声合唱団
Kühn-Chor Prag
指揮:ヤン・シュティフ
Jan Štych
演奏:プラハ国立歌劇場管弦楽団
Orchestr pražského Národního divadla
【SU0033-2】

「井戸の中」の台本を書いたカレル・サビナは、
スメタナの代表的オペラ「売られた花嫁」
の台本を書いた事でも知られていますが、
凄まじい人生を送った様で、気の毒に感じました。

当時のチェコは、ハプスブルク家に支配されていたため、
サビナは革命組織を結成しますが、
逮捕されて死刑判決を受けます。

しかし、減刑ののち恩赦で釈放され、フリーの作家となるも、
警察の情報提供者になった(生活の為と推察される)事がバレ、
国外逃亡を阻まれた上に、身の危険に晒されることとなり、
作家としては筆名で活動しなければならなくなったとのこと。

革命の夢破れ、民族の裏切り者として軽蔑されながら衰弱死…。
それでも、チェコを代表する民族オペラの台本の作者として
記憶に留められているというのが、何とも皮肉…。
カレル・サビナ - Wikipedia



オーケストラ・ナデージダ第18回演奏会
オーケストラ・ナデージダ第18回演奏会.jpg

♪ グラズノフ :バレエ組曲「ライモンダ」より第1幕第2場への導入
Александр Константинович Глазунов
Раймонда, Op. 57 - 1 акт: Интермеццо
♪ メトネル:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品50
Николай Карлович Метнер
Концерт для фортепиано с оркестром 2 до минор, op. 50
♪ シンディング:交響曲第1番 ニ短調 作品21
Christian August Sinding
Symfoni nr. 1 i d-moll, op. 21

ピアノ:小田裕之
指揮:渡辺 新

【開催日時】
2018年2月18日(日) 14:00 (開場 13:30)
【会場】
杉並公会堂
【入場料】
1,000円(全席自由)
オーケストラ・ナデージダ 第18回演奏会 北欧とロシア 傑作2選

残念ながら、今回の演奏は鑑賞できません。
仕事の都合です。
それまではほぼずっと鑑賞出来ていたのですけどね。

グラズノフの「ライモンダ」のアルバムは所有しています。
交響詩「ステンカ・ラージン」が好きで、
同曲の収録されているCDを購入したら、
ライモンダが同時収録されていたという。

メトネルは、20世紀前半のロシアの、
超絶技巧ロマン派ピアノ協奏曲で知られ、
私もアルバムを所有しています。生で聴いてみたかった!!

ノルウェーのシンディングは、ドイツロマン派要素が強く、
民族的要素が少ないと言われているため、
食わず嫌いでまともに聴いた事が無かったのですが、
今回の演奏の鑑賞で考えが変わるかもと思っていましたが、
聴けずに残念という。

それにしても、ピアニストの小田さんが妙に、
整形後の高須克弥さんに似ている気が(すいません)…。



チャージマン研!ライブシネマコンサート【宮内國郎特集】
miya_171201charkenlive01.jpg

開催日: 2018年2月17日(土)
時間: 13:30(開場) 14:00(開演)
会場: 渋谷区総合文化センター大和田4Fさくらホール

作曲: 宮内國郎
復元編曲: 今堀拓也
指揮: 橋奨
演奏: オーケストラ・トリプティーク
合唱: ひばり児童合唱団
ゲスト: 皆川おさむ
主催: チャージマン研!コンサート実行委員会
公認・協力: 株式会社ICHI
企画制作: スリーシェルズ / ジャパニーズコンポーザーアーカイブズ

チケット: S席7000円 A席6000円 B席5000円 
※学生券はすべて半額です。


【前売り学生券は、予定枚数終了致しました。
当日券残部ある場合、学生券の対応致します。】
チャージマン研!ライブシネマコンサート【宮内國郎特集】 - スリーシェルズ


凄いマニアックな演奏会ですが、
私がご紹介する情報は皆マニアックばかりですので、
こういうのもアリでしょう。

「チャージマン研!」は、
一部でカルト的人気を誇るレトロアニメですが、
私はリアルタイムで見るには年齢的に若すぎたものの、
再放送で見てもおかしくは無い筈なのですけど、
見た記憶もありません。
(再放送されていない?)

Wikipediaを見ると、
低予算のために内容の質が低いそうですが、
荒削りな設定やツッコミどころ満載の超展開のために、
ネット時代にアングラ的視点により珍作として人気が出たようです。

結局私も、ネット時代になってからネット情報で知ったという。
レトロものをネット情報で初めて知ったというのは
割とあったりします。

かなり期待されている演奏会なので、
当日券の余りはあるだろうか?と心配ですし、仕事の都合上、
その翌日(18日)は真夜中に起きないといけないので、
当日鑑賞できるにしても、体に負担を掛けない様にする為に、
チャー研の演奏会の鑑賞を諦める可能性もあります。

タイミング悪し!!
でも、それもまた人生。
いつも上手く行くとは限りません。
でも、ブログで紹介する事でとりあえず満足します!!

【追記】
記事最終更新(2018/2/19)

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

ザカリア・パリアシュヴィリ(ზაქარია ფალიაშვილი)グルジアの作曲家

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10276903167.html
2009年6月8日

《転載開始》

ზაქარია ფალიაშვილი.jpg
ザカリア・パリアシュヴィリ
ზაქარია ფალიაშვილი, Zakharia Paliashvili
(1871-1933)
 
クタイスィ(ქუთაისი, Kutaisi)生まれ
トビリスィ(თბილისი, Tbilisi)歿
 
【Wikipediaより】
少年時代に、地元のカトリックの聖マリア教会において、
聖歌隊員として歌う傍ら、オルガン演奏を学ぶ。
音楽の手ほどきを、後に指揮者となった兄イワンから受ける。
 
1887年にトビリシに移り、
やはりカトリックの聖マリア被昇天教会の聖歌隊に加わり、
ついには同地の音楽学校に入ってフレンチホルンと作曲を学んだ。
 
1900年から1903年までモスクワ音楽院にて
セルゲイ・タネーエフに作曲を師事。
 
帰国してすぐ、民謡を蒐集し、
グルジア・フィルハーモニー協会の創立者に名を連ね、
トビリシ音楽院の院長に就任するなど、
グルジアの国民楽派の発展に大きな役割を果たした。
 
【代表作】
歌劇『アベサロムとエテリ』
(ოპერა ”აბესალომ და ეთერი”, Opera ”Absalom and Eteri”)1913
歌劇『薄暮』
(ოპერა ”დაისი”, Opera ”Daisi” 《Sunset》)1923
聖金口イオアン聖体礼儀
(Liturgy of St. John Chrysostom)
ザカリア・パリアシュヴィリ - Wikipedia, 日本語
 
この作曲家は、グルジア国民楽派の開拓者らしい。
が、余りまともにCDが出ていない。

取り敢えずは、グルジア国歌の作曲者ということで、そのCDは出ている。
グルジア国歌『自由』(თავისუფლება)
世界の国歌集 (The Complete National Anthems of the World, 2005 edition) - Amazon

また、
『聖金口イオアン聖体礼儀』(Liturgy of St. John Chrysostom)
のCDも出ている。
ზაქარია ფალიაშვილი MKM 153.jpg
指揮:リュドミーラ・アルシャフスカヤ(Людмила Аршавская, Ludmila Arshavskaya)
合唱:カントゥス声楽アンサンブル(Cantus Sacred Music Ensemble)
Olympia【MKM 153】1995, 2004

『クラシック音楽作品名辞典』(三省堂)では、上記のオペラ2曲だけだが、
一応紹介はされている。
 
奇遇にも、この記事を書いた当日にYouTubeに上げられたばかりの
『アベサロムとエテリ』の一部を紹介します。
再生回数は、私が最初でした(0回と出ていました)。
ボロディンっぽいというか、
カフカス系っぽい中央アジアっぽいかなり魅力的な曲なのに、
何故CDが出ていないんだろう・・・?
というか、それ以前に、代表作でしょ?
でも一応、録音はされているわけだ。
殆ど地元くらいしかレコードが出回っていないのだろうか?
アベサロムとムルマナの二重唱(アベサロムとエテリ)
Duet of Abesalom and Murmana from Abesalom and Eteri
ズラプ・アンジャパリゼ(ზურაბ ანჯაფარიძე, Zurab Andjaparidze)
ペトレ・アミラナシュヴィリ(პეტრე ამირანაშვილი, Petre Amiranashvili)
ボリショイ劇場管弦楽団(Bolshoi Theater Orchestra)
YouTubeの静止映像に出ているのがアンジャパリゼ

往々にして、或る国、或いは或る地域独自のクラシック音楽の開拓者が、
地元でも余り注目されていなかったりCDが余り(或いは殆ど)
出ていなかったりするというのはよくある。
アルメニアのスペンディアリャン
(Alexander Spendiaryan, Ալեքսանդր Սպենդիարյան, 1871-1928)然り。
アイスランドのスヴェインビョルンソン
(Sveinbjörn Sveinbjörnsson, 1847-1927)然り。
ベルギーのペーテル・ブノワ(Peter Benoit, 1834.8.17〜1901.3.8)然り。
沖縄の金井喜久子(1906-1986)然り・・・。
Wikipedia情報によれば、
『民謡主題によるグルジア組曲』(Georgian Suite on Folk Themes)
という、私にとってもろ『ツボ』な管弦楽曲も書いているとの事なので、
取り敢えずそれが物凄く聴きたい!!
私は、自分でこれはいい!!と思うものを、
これからもどんどん紹介していきますので!!
 
 
 
【追記】
肖像画像、CD画像とその演奏者情報追加
ナクソスの音楽サイトのグルジア国歌の頁が消滅したのでリンクを削除
(2018/1/30)

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ グルジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

オスカル・リンドベリ(Oskar Lindberg)スウェーデンの作曲家

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10282571445.html
2009年6月17日

《転載開始》

Oskar_Lindberg.jpg
Oskar Lindberg (musiker) - Wikipedia Svenska
 
オスカル・フレドリク・リンドベリ
Oskar Fredrik Lindberg(1887-1955)
 
ダーラナ(Dalarna)のガグネフ(Gagnef)の音楽一家に生まれた。
エルンスト・エルベリ(Ernst Ellberg)と
アンドレアス・ハレーン(Andreas Hallén)に作曲を学ぶ。
エンゲルブレクト教会(Engelbrektskyrkans)のオルガニストを務めた。
 
以前もここで 紹介しましたが、
とにかくスウェーデン国民楽派の完成形と言っても過言ではない作風で、
北欧クラシックファンには大変お薦めの作曲家。
スウェーデンの民俗音楽を後期ロマン派的にバランス良く味付けし、
更に印象主義の手法も少し加える事で、
オーケストレーションに色彩感と深みが増していて見事なもの。>
 
個人的には、生まれたのが遅かったのではないかと思っていますが、
彼は生前はスウェーデンで大変愛されたそうです。
1880年代後半生まれのスウェーデンの作曲家には、
リンドベリと生年が一緒のアッテルベリ(Kurt Atterberg)や
一歳年上のグスタフ・ベングトソン(Gustaf Bengtson)等の、
『時代遅れのロマン派』(?)作曲家がいます。
 


死後、忘れ去られていたようで、CDの数も少ない。
オーケストラだけを扱ったスターリングの作品集CDが2つあり、
黄土色の古い方は手に入りにくいが、赤茶色の方は比較的新しく、手に入り易い。
今回は、前者の手に入りにくい方のCDに収録されている曲を紹介します。
 
パッケージの色を、私は『黄土色』と書きましたが、
元々は金色だったのかも知れません。
私が買った解説書画像は黄土色をしており、
掲載されているアンデシュ・ソーン(Anders Zorn)
の水彩画がぼやけているのに対し、
ネットに既に出ている解説書画像は金色で、
水彩画ははっきりと印刷されています。
私が所有しているのは、在庫が無かったのを、無理して複製したんでしょうか?
解説書が何処と無くコピーで作られてるっぽい雰囲気。
注文してから発送まで半年も掛かりましたし。
 


交響曲へ長調(1913-1916)
Symfoni i F-dur, op.16
全3楽章。
若書きのせいなのかどうなのか?全体的にバランスよくまとまっているようには、
余り感じられません。
しかしだからといって、駄作だと言っているのではありません。
民俗的要素を用いた魅力ある旋律に彩られ、
その欠点を補って余りあると思います。
逆に言えば、きちんと纏まり過ぎても物足りないと言える事もあるので、
内容の奥深さを魅力に感じます。
第1楽章(Allegro con brio)は、出だしからいきなり『祝典序曲』っぽい
華やかな雰囲気で始まる。
その後、落ち着いて尚且つ雄大さを感じるメロディへと移行する。
暫くそれが続いたあと、盛り上がって行ったり又大人しくなったりを繰り返す。
一般的にはこういった部分は退屈だったりする事が多いのだが、
魅力的な旋律がその欠点を補っているように感じた。
途中で掻き消えてしまうような終止音のあっけなさに驚くが、それも中々味がある。
第2楽章(Andante-Presto-Andante)如何にも緩徐楽章らしい、
メランコリックな北欧的旋律で始まる。
哀愁の北欧メロディ好きにはたまらないだろう。
しかし、中間部が特に聴き所で、如何にも『スポ魂アニメ』っぽい
『ど根性!!』な旋律が出てくる!!
冒険映画の一場面を彷彿とさせる!!
情感溢れまくりの北欧メロディがたまらない!!
後に、冒頭のメロディが再びあらわれる。
第3楽章(Allegro con fuoco)は、出だしからして緊張感溢れる雰囲気。
冒険映画の主人公が苦難に立ち向かっているような感じ。
「負けるもんかあ〜!!」という叫び声でも聞こえてきそう。
妖精の踊りでも彷彿とさせる可愛らしいメロディもチラッと出てくる。
が、最後は緊張感のある「さあ、この後果たしてどうなるのか!?つづく」
みたいな緊張感溢れるメロディで締めくくる。
 
『楽師ペール、彼はフィドルを奏でた』(1930)
(スウェーデン民謡による狂詩曲)
Per spelman, han spelte(Rapsodi över svenska folkmelodier)
哀愁と愉しさが微妙に混ざったような夢見る様な穏やかな序奏が暫く続いた後、
陽気な雰囲気のこの曲のメイン部分と思われる第1主題が現われる。
ちょっと、アルヴェーン(Hugo Emil Alfvén)の『夏至の徹夜祭』(Midsommarvaka)の
第一主題を思わせるような浮かれてる感じのメロディ。
セーデルマン(August Söderman)の『スウェーデン民謡と民俗舞曲』
(Svenska folkvisor och folkdanser)にもその旋律が出てくる。
その後、哀愁のワルツ風旋律が暫く続く。
最後は、第一主題が再び現われ、明るい感じで締めくくられる。
 
管弦楽組曲第2番『3つの旅の印象』(1919)
Tre färdeminnen, Orkestersvit nr.2
第1曲(高き山へ:Till bergena de stora)は、>
如何にも冒険映画で戦っている場面のBGMの様なメロディ。
第2曲(夜に落ち行く:När natten faller på)は、呪文でも唱えている様な、
不思議な雰囲気。
印象派的で、取り留めの無い様な幻想的雰囲気。
第3曲(森を通って:Genom skogen)は、
出だしからして悲劇的な雰囲気に包まれている。
主要主題も、もの悲しい民俗的舞曲といった感じ。
終わりの部分は逆に明るい雰囲気となり、
ハッピーエンドっぽく高らかに咆哮して閉めくくる。
 
Oskar Lindberg CDS-1015-2.jpg
オスカル・リンドベリ『交響曲』
演奏:エーレブルー交響楽団(Örebo Konserthus)
指揮:スティーグ・ヴェステルベリ(Stig Westerberg)
【CDS-1015-2】1994
 
【記事追加:2009/7/2】
『3つの旅の印象』の各タイトル日本語訳追加。
 
【記事追加:2009/7/22】
『楽師ペール、彼はフィドルを奏でた』に『セーデルマン』の
『スウェーデン民謡と民俗舞曲』追記。
 
【追記:2018/1/21】
肖像写真追加。
交響曲のYouTube動画埋め込み。
CD画像差し替え。
スティグ → スティーグ
エレブロ → エーレブルー

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする