2017年11月19日

ヘイノ・エッレル(Heino Eller)を聴く(YouTubeから)

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10297069870.html
2009年7月10日

《転載開始》

Heino Eller TOCC0119.jpg
Heino Eller: Complete Piano Music, Volume One | Toccata Classics
 
以前、
ヘイノ・エッレル(Heino Eller)エストニアの作曲家

剣と魔法の冒険RPGの様なマイナークラシック音楽(3)エストニア
で紹介した、『エストニア近代音楽の父』と呼ばれる
ヘイノ・エッレル(Heino Eller, 1887-1970)。
 
門下からは、エドゥアルド・トゥビン、アルヴォ・ペルト、レポ・スメラ
などといった有名作曲家が輩出されています。
 
そのエッレルの代表作である
弦楽の為の5つの小品(5 pala keelpilliorkestrile)1953
の第5曲(故郷のメロディ, Kodumaine viis)がYouTubeに出ていました。
 
子守唄を思わせる、優しい感じの癒し系メロディ。
遠い故郷を思って涙ぐむ人でも出てきそうなメロディ・・・。
こういった曲が何で無名なのか?
マイナークラシック音楽マニアをやっていると、つくづくそう思ってしまいます。
 
皆さん、知名度ではなくて、売れてるかではなくて、中味ですよ!!
売れてるのにも、「なんでこんなのが?」ってのがありますから。
まあ、私の感覚が一般の人からズレてると言われればそれまでですが・・・。
 
CHAN241-26.jpg
型番:CHAN241-26(2005年)
 
CD購入はこちら↓
Music from Estonia - HMV 
Music from Estonia - Amazon
 
故郷のメロディ(Kodumaine viis)

 
【追記】
画像2枚追加(2017/12/6)
タグ:エストニア
posted by Satos72 | ┌ エストニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

アウグスト・セーデルマン(August Söderman)を聴く(YouTubeから)

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10302528036.html
2009年7月18日

《転載開始》

August Söderman.jpg
August Söderman - Wikipedia Svenska
ユーハン・アウグスト・セーデルマン
Johan August Söderman(1832-1876)
 
『19世紀スウェーデン最大の作曲家』と言われる。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~y-koba/sweden02_s-z.htm#soderman
今回紹介する曲を聴けば、その言葉に納得が行くのではないでしょうか?
同時代(19世紀半ば)のスウェーデンの作曲家には、小粒系が多い。
でもその中にあって、存在感をとても大きく感じる作曲家が、
このセーデルマンです。
 
アルヴェーン登場以前に活躍したスウェーデンの作曲家の中で
突出した才能を有していたのは、イーヴァル・ハルストレム(Ivar Hallström)、
アンドレアス・ハッレーン、アウグスト・セーデルマン辺りでしょうか。
所が、知名度はとても低い。
まあ全体的に、スウェーデンのクラシック音楽は、
有名といわれるアルヴェーンにしても、知名度が微妙な所がありますから。
 
幾つかCDが出ていたりするけど、
主に他のスウェーデンの作曲家の曲とのオムニバスCDだったりします。
スターリングから、セーデルマンだけを扱った管弦楽曲集CDも出ています。
 
よく、マイナーな作曲家の曲がオムニバスで収録されていたりするけど、
何故だか余り重要な曲では無さそうな曲という事が多い。
そのせいで、大したことない作曲家だと誤解してしまう危険性があります。
私は、セーデルマンに対してそういった誤解をしていた所がありました。
 
『スウェーデン王立劇場の序曲集』(Å Kongl. Theatern)(CDS1009-2)
に収録されている、若くして書いた
オペレッタ『悪魔の最初の試練』(Hin Ondes forsta larospan)の序曲や、
『スウェーデン管弦楽作品集』(NAXOS 8.553115)に収録されている
『スウェーデン祝祭音楽』(Svenskt Festspel)は、
耳が肥えすぎているせいか、イマイチ物足りなさを感じました。
 
Ouverturer Å Kongl. Theatern CDS-1009-2.jpg
NAXOS 8.553115.jpg

後者の方は、とても陽気で元気があって憶えやすい曲なんですけど、
前者の序曲の、ほのぼのとした印象深い旋律ではあるけど
オーケストレーションの単純さを感じるショボさのせいで、
余り良いイメージを抱いていませんでした。
 
でも、前述の『セーデルマン管弦楽曲集』(CDS 1040-2)を聴けば、
スウェーデンロマン派クラシックに於ける
重要な作曲家の一人なんだというのがとてもよく分かります。
 
August Söderman CDS 1040-2.jpg

しかし、現在ではそのCDは手に入りにくい。
そのCDに収録されている
『スウェーデン民謡と民俗舞曲』(Svenska folkvisor och folkdanser)
がYouTubeに出ていたので、早速up!!
全部で8曲の小さな組曲となっています。
北欧国民楽派好きにはたまらない曲でしょうね!!
第1曲には、
アンドレアス・ランデルの『ヴェルムランドの人々 』にも登場する旋律が登場し、
第2曲には、オスカル・リンドベリ の『楽師ペール、彼はフィドルを奏でた』
にも登場する陽気な旋律が出てきます。
 
アルヴェーンが好きだという方は、ハレーンもセーデルマンも好きになる筈!!
 
CD購入はこちらから(関連CD)↓
Amazon | Ouverturer a Kongl Theatern
Amazon | Orchestral Music-Vol. 2
Amazon | Swedish Orchestral Favourites
 
『スウェーデン民謡と民俗舞曲』(Svenska folkvisor och folkdanser)
演奏:ノルランド歌劇場交響楽団(NorrlandsOperans Symfoniorkester)
指揮:ロイ・グッドマン(Roy Goodman)
※残念ながら動画が削除されました。
 
代わりにこちらを上げておきます。
『スウェーデン祝祭音楽』(Svenskt Festspel)
演奏:ヘルシンボリ交響楽団(Helsingborgs Symfoniorkester)
指揮:オッコ・カム(Okko Kamu)

【追記】(2017/11/7)
肖像画像1枚、CD画像3枚追加。
「スウェーデン祝祭音楽」の動画貼る。

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

金井喜久子(Kanai Kikuko)(2)沖縄の作曲家

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10310015865.html
2009年7月29日

《転載開始》

金井喜久子
Kanai Kikuko(1906-1986)
 
宮古島生まれ。
旧姓:川平(かびら)
1933年、東京音楽学校の作曲科に女性としては初めて入学。
1940年、日本人女性としては初めての交響曲(交響曲第1番)を、
3楽章まで作曲、演奏。
沖縄音階によるクラシック曲、つまり、沖縄民族楽派の祖である。
管弦楽曲、吹奏楽曲、室内楽曲、ピアノ曲、バレエ曲、歌劇、軽歌劇、
合唱曲、独唱曲、映画音楽など、あらゆる分野の作品を残す。
 
以前にも紹介した沖縄のクラシック作曲家ですが、
その時点に於けるCD化状況は、ピアノ曲集とか、歌曲集、
室内楽系の小品がオムニバスで収録されている位に留まっていて、
大変歯痒いと思っていました。
 
でも、取り敢えずはフルオーケストラ(管弦楽)ではないけど、
それに近いブラス(吹奏楽)の作品集CDが登場した事で、
私はとても喜びました。
『てぃんさぐぬ花変奏曲』以外は全て世界初CD化!!
 
この調子ですよ!!
次は、金井喜久子管弦楽曲集CDを出してください!!
私の予想ですが、数年以内に実現すると思います。
 
それにしても、沖縄専門店のCD売り場に、金井喜久子のCDって、
置いてないですよね。
いずれ、普通に置かれる日が来ると信じてます!!
 
沖縄復帰祝典序曲「飛翔(はばたき)」
”Habataki” Festive Overture of the Reversion Commemoration(1972)
沖縄の日本復帰を記念した祝典序曲。
雄大で奥の深さを感じる曲。
華やかで堂々としたメロディや、
謙虚で荘厳な落ち着いたメロディなど、
民族的な雰囲気の中に品格の良さを感じる。
八重山民謡『鷲(ばすぃ)ぬ鳥』がベースになっている。
この謡は、仲間サカイ(1713-1813)が即興で詠ったとされる
『鷲(バスィ)ユンタ』を、大宜味信智(1797-1850)が
『鷲ぬ鳥節』に改作したものとされる。
 
沖縄ラプソディ(ピアノと吹奏楽のための)
”Okinawa Rhapsody” for piano and band(1966)
まず、序奏がかなり印象的で、
よくサスペンスドラマとかアニメに於ける深刻な場面で「ガーン!!」
というピアノによる不協和音が出てきたりするが、
まさしくそんな音がピアノによって出され、
それを受けて太鼓の音が「ドン!!」と鳴る。
「ガーン!!」と「ドン!!」が交互に鳴らされる。
戦争によって焦土と化した沖縄の印象を暗示していると思われる。
その後、典型的な沖縄旋律と見なされる陽気な『かなよー節』と、
うっとりする様な美しい『浜千鳥節』が対照的に配置され、
フィナーレには『根間の主節』が、
明るい沖縄の未来を予感させて華やかに締めくくられる。
まさしく『ラプソディ』の名に相応しい曲。
『狂詩曲フェチ』の私にはたまらん!!
何でこんないい曲が世界初CD化なんだ?
管弦楽のための『琉球狂詩曲』第1番も早く聴いてみたいところです。
 
てぃんさぐぬ花変奏曲(フルートとピアノ)
Variations on ”Impatiens balsamina” for flute and piano(1973)
ここに紹介する曲の中では唯一既にCD化されている曲。
有名なメロディだと思うので、
メロディそのものは聴いた事がある方もおられるだろう。
ピアノの伴奏を伴って奏でられるフルートの音色の美しいこと。
沖縄のメロディが、美しいロマン派クラシック曲として
ものの見事に昇華されているなあと感じた曲。
さすがと言わざるをえない。
 
「3つの奇想組曲」(ピアノとトロンボーンのための)
3 Capriccio-Suite for trombone and piano(1966)
民謡が用いられているが、『奇想曲』と銘打っている通りの作風で、
外れたような、やや崩れた感じが、滑稽さを醸し出している。
第1曲(激情)は、何か急いでいるようなせわしい感じで、
尚且つこっけいな雰囲気。
第2曲(哀愁)は対照的に、落ちついたゆったりした感じだが、
崩れた滑稽な雰囲気なので、余り『哀愁』って感じではない。
第3曲(ましゅんこ)は、おどけたこっけいな雰囲気。
とてもふざけた感じが、聴いていて楽しい。
 
金井喜久子 3SCD 0007.jpg

金井喜久子管楽作品集
ピアノ:高良仁美(Takara Hitomi)
フルート:江尻和華子(Ejiri Wakako)
トロンボーン:箱山芳樹(Hakoyama Yoshiki)
吹奏楽:リベラ・ウィンド・シンフォニー(Libera Wind Symphony)
指揮:福田滋(Hukuda Shigeru)
【3SCD-0007】2009
 
【関連CD】
沖縄の響き - 金井喜久子管楽作品集 - TOWER RECORDS
琉球狂詩曲〜金井喜久子ピアノ曲全集(高良仁美) - Amazon
<金井喜久子作品集>てぃんさぐぬ花〜沖縄のうた(藍川由美) - Amazon
 
【関連サイト】
株式会社ティー ワイ リミテッド(TYL)
http://www.tylimited.co.jp/
 
【追記】(2017/11/3)
「数年以内に実現すると思います」の予言、ものの見事に外れました。

《転載終了》
タグ:沖縄 日本
posted by Satos72 | ┌ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする