2017年03月19日

ザカリア・パリアシュヴィリ(ზაქარია ფალიაშვილი)(2)グルジアの作曲家

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10388184751.html
2009年11月14日

《転載開始》

ზაქარია ფალიაშვილი.jpg

ザカリア・パリアシュヴィリ - Wikipedia

ザカリア・パリアシュヴィリ
ზაქარია ფალიაშვილი, Zakharia Paliashvili
(1871-1933)

パリアシュヴィリのエントリーを書いてから、
彼の代表作である歌劇『アベサロムとエテリ』のタグによる検索で、
私のブログを訪れる方が時々いるんです。

日本ではまともに紹介されてもいないグルジアを代表するオペラについて
関心を向ける人(日本人)が、マイナーにしては多く感じます。
なので、これはもっと鼓舞すべきだなと思いました。

『アベサロムとエテリ』で検索すると、金管と打楽器による、
『アベサロムとエテリ』の中の『バレエ』曲の楽譜の販売サイトが出てきます。
アコード出版
アンサンブル譜【混合8重奏(混合+打楽器)】

アンサンブル楽譜
サンプルCDの販売も行っていて、どんな曲なのか分かると思います。
歌劇「アベサロムとエテリ」 - アンサンブル楽譜Pro

ジョージアナビ(Georgianavi)
グルジア音楽についての基礎知識
グルジアなび 〜グルジア音楽〜

YouTubeで、パリアシュヴィリの曲が他にもあるかどうか確認したところ、
やはり有りました!!

『薄暮』(დაისი, daisi, 1923)という3幕もののオペラの一部が出ています。
音源があるという事は、少なくともレコードはあるという事ですね。

でも、CD化はされていないのでしょう。
例の紛争の影響で、CD化所ではない?

アリクサーンドゥル・バラヂーン(ボロディン)やアラム・ハチャトゥリャーン
を思わせる作風ですが、ボロディン自身、グルジア貴族の出身であるため、
納得が行きます。

非嫡出子であるため、貴族の身分は与えられなかったそうですが。
パリアシュヴィリの音楽的な先輩と言えるかもしれません。

ハチャトゥリアンも、グルジア生まれのアルメニア人である上に、
カフカス地方の民族音楽の影響を受けているので、
パリアシュヴィリやスペンジャリャン(アルメニア国民楽派の草分け)
の後輩的存在と言えるかも知れません。



-----------------------------------------------------------------
『薄暮』(ოპერა ”დაისი”(daisi), 1923)
3幕もののオペラ。

ფალიაშვილი, დაისი, AQVR 359-2.jpg

序曲(უვერთურა)
録音:1960年
演奏:グルジア歌劇場合唱団、交響楽団
(Chorus and Symphonic Orchestra of Georgian State Opera and Theatre)
指揮:ヴァフタング・パリアシュヴィリ(ザカリアの弟?)
(ვახტანგ ფალიაშვილი, Vakhtang Paliashvili)
マルカズ(Malkhaz, მალხაზ):テンギズ・ザアリシュヴィリ
(თენგიზ ზაალიშვილი, Tenghiz Zaalishvili)
マロ(Maro, მარო):メデア・アミラナシュヴィリ
(მედეა ამირანაშვილი, Medea Amiranashvili)

全体的に落ち着いている雰囲気が、まるで間奏曲にでもある感じ。
でもそれでいて、グルジアの民族的なメロディの要素も入っています。
2分半ちょっと手前辺りから出てくる主要主題の雄大な調べを聴くと、
カフカスの高原でもイメージしてしまいそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=XPuwoUg60iE


グルジア舞曲(ქართული ცეკვა)
静止画像ではなく、実際に踊っている映像が見たいところ。
このオペラの重要な見せ所でしょうね。
この旋律を聴いただけでも、あのせわしい感じのグルジア舞曲の情景が
頭に浮かぶようです。
https://www.youtube.com/watch?v=VLNgebe0Q8Q


Maro Shuqur varskvlavi
恐らく、グルジア語をラテン文字に転写したものだろうと思いますが、
意味は不明。
恐らく『アリア』だろうと思いますが、勝手な憶測は避けます。
グルジアオペラは、素早く流れる様な美しい歌声が、
聴いていて心地良く感じます。
https://www.youtube.com/watch?v=zeQvtorwfZw


CD化お願いしますって!!

【訂正】
・グルジア国民楽派の草分けは、パリアシュヴィリではなく、
メリトン・バランチヴァーゼ(მელიტონ ბალანჩივაძე)。
・『アベサロムとエテリ』は、1998年頃に既にCD化されていました。
スペンジャリャン → スペンディアリャン

【追記】(2017/5/9)
肖像画像1枚、CD画像1枚追加
リンク切れのURL削除(2017/5/9)

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ グルジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

台灣翠青(台灣共和國國歌)未来の台湾国歌?

中国を刺激する内容かも知れませんが、
まあ、多目に見てやってください。
私は右でも左でも無いんで。

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10395495014.html
2009年11月24日

《転載開始》

現在の台湾の国歌は実質『中華民國國歌』であり、
『三民主義』(1937)という題名です。
内容そのものは、台湾の為というより、国民党の為の歌です。
しかも、国民党が台湾に乗り込む以前に作曲されたものでもあり、
その意味でも、台湾の国歌とするべきかどうか、個人的には疑問です。
【作詞】
胡漢民, 戴季陶, 廖仲ト, 邵元沖
【作曲】
程懋筠
【歌詞】
三民主義,吾黨所宗;
以建民國,以進大同。
咨爾多士,為民前鋒;
夙夜匪懈,主義是從。
矢勤矢勇,必信必忠;
一心一コ,貫徹始終。
【意味】
三民主義は、我が党(全ての国民)の指針。
これで民国を建設し、これで大同(=世界平和)に進む。
ああ、あなた方多くの人々は、民の為の模範となって、
朝から夜まで怠けることなく、(三民)主義に従おう。
勤勉であれ、勇敢であれ。必ず信じ必ず忠実であれ。
心と美徳を一つにして、最後まで(三民主義を)貫徹しよう。
中華民国国歌 - Wikipedia

---------------------------------------------------------------------

それとは別に、
台湾人自身による新しい台湾国歌を制定しようという
運動も起きているようです。
それを紹介します。

台灣翠青(台湾は青翠なり)台灣共和國國歌(1993)
【作詞】
鄭兒玉
【作曲】
蕭泰然
【歌詞】
太平洋西南海邊,美麗島臺灣翠。
早前受外邦統治,獨立今欲出頭天。
共和國憲法的基礎,四族群平等相協助。
人類文化,世界和平,國民向前,貢獻才能。
【意味】
太平洋西南の沿海、美麗島台湾は青翠(せいすい)なり。
外来統治より独立し、今や擡頭せんとする。
共和国憲法を基礎となし、四族平等で相助け、
人類の文化と世界平和に向かい、国民は持てる力を捧げよ。


『三民主義』にやたらと拘りすぎる堅苦しさや、
あくまで党の歌である現国歌に比べれば、
遥かに内容的に自由度が高い!!
この国歌が正式に取り入れられた時が、
台湾に真の平和が訪れる時でしょうか?

《転載終了》
タグ:台湾 国歌
posted by Satos72 | ├ 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

ヤン・マラート(Jan Malát)チェコの作曲家 と、その他の演奏会情報

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11765312439.html
2017年3月4日

《転載開始》

Jan_Malát_1913_Langhans.png

1843年6月16日、スタリー・ビジョフ(Starý Bydžov)生まれの、
作曲家、教師、民謡収集家。

1915年12月2日、プラハで没する。

【管弦楽作品】(Orchestrální skladby)
・チェコの花々(1887)
Kvítí z luhů českých
・フリアント(1888)
Furiant
・マズルカとポルカ(1890)
Mazurka a polka
・民族博覧会のための祝典行進曲(1895)
Slavnostní pochod pro Národopisnou výstavu
・オプクロチャーク(1895)
Obkročák
・チュトヴェリルカ(1895)
Čtverylka
・スラヴ舞曲 ヘ長調(1902)
Slovanský tanec F-dur
Jan Malát - Wikipedia Čeština

コミックオペラ『陽気な求愛』(1899-1900) - 導入部
Veselé námluvy, komická opera
https://www.youtube.com/watch?v=TSNv_qZqmO0


ヤン・マラートは、チェコのマイナーな作曲家です。

Wikipediaの作品一覧を見てみると、
民族主義的な作品を数多く書いている様で、
彼がチェコ民族楽派の一人であるというのが分かります。

しかし、YouTubeには、
コミックオペラ『陽気な求愛』の一部しか見つけられませんでした。

「ヤン・マラート」で検索してみたところ、意外にも出てきたのですが、
同姓同名の役者がいる様で、作曲家のマラートとは別人です。

『盗まれた飛行船』(Ukradená vzducholoď)
という映画が1966年に制作され、1967年に公開されていますが、
その映画に出演しているそうです。
監督は、カレル・ゼマン(Karel Zeman)。

Ukradená vzducholoď.jpg
FILM | DVD Ukradená vzducholoď | Musicrecords
Ukradená vzducholoď – Wikipedia Čeština

https://www.youtube.com/watch?v=CiiBg4QUGWk






お次は、演奏会情報です!!

オーケストラ・ナデージダ第16回演奏会

日時:2017年3月5日(日)13時30分開演(13時開場)
入場料:1000円(全席自由)
場所:タワーホール船堀 大ホール

エルランド・フォン・コック(1910-2009)
Erland von Koch
交響曲第2番「ダーラナ交響曲」 作品30(1945)
Symfoni nr 2, Sinfonia dalecarlica, op 30

イーゴリ・ストラヴィンスキー(1882-1971)
Игорь Фёдорович Стравинский
交響曲第1番 変ホ長調 作品1(1907)
Симфония 1 ми-бемоль мажор, соч. 1

指揮:渡辺新

ナデージダ第16回演奏会.jpg
オーケストラ・ナデージダ第16回演奏会 | まいぷれ[江戸川区]

フォン・コックの名は初めて知るのですが、
生没年をご覧になられば分かるとおり、
現代に活躍した作曲家です。

YouTubeに出ているコックの作品を適当に軽く聴いてみたのですが、
やはり時代が反映されている感じはあり、
19世紀ロマン派がお好きな方には余りお薦めできない所はあるものの、
それほど凄く晦渋というわけでもなく、
20世紀的な絶妙な響きを盛り込んだ割りと明快な作風で、
中々味わい深いと思いました。

しかも交響曲第2番は、民謡の要素が盛り込まれている分、
更に親しみやすい作風ではあると思います。

「ダーラナ」を題材にした作品には、
ヒューゴ・アルヴェーン(Hugo Alfvén)や
エドヴィン・カルステニウス(Edvin Kallstenius)が書いた、
「ダーラナ狂詩曲」(Dalarapsodi)もあります。
参考までに。
エドヴィン・カルステニウス(Edvin Kallstenius)スウェーデンの作曲家
(2014年3月26)

ストラヴィンスキーは有名な作曲家ですが、
初期に書かれた交響曲とはどんなものなのかというと…。
という、通常彼について一般的に持たれているイメージを
覆す選曲となっております。





あと、こんな演奏会もあります↓

渡辺宙明スペシャルコンサート.jpg
渡辺宙明スペシャルコンサート - スリーシェルズ Three Shells

『渡辺宙明スペシャルコンサート』なのですが、
弊ブログでもこの手の演奏会情報は何回か取り上げております。

しかし残念ながら、3月4日(土)は仕事で鑑賞できません!!

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする