2017年04月16日

『どこかで聴いた曲』の定義

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10381916500.html
2009年11月6日

《転載終了》

何か、前から思っていたんですけど、
『どこかで聴いた曲』の定義って、
名前は分からないけど、
メロディそのものが有名な曲
の事ではないか?と思うのですが。
 
でも、『どこかで聴いたクラシック』には、
明らかに『どこかで聴いた曲』の定義から
外れている曲が入っているのですが。
例えば、『ベートーヴェンの交響曲第5番』とか
『ブラームスのハンガリー舞曲第5番』、
『グリーグのペールギュント組曲から朝』とか。
この辺りは、クラシック音楽に興味の無い人でも知ってたりしてますから、
明らかに『どこかで聴いた曲』ではない!!
 
まあ、タイトルに余り意味は無いのだと思います。
 
そこで、私が、
『どこかで聴いたクラシック曲』だと思う
だと思うものを挙げてみました。
 
〇ダグ・ヴィレーン
『弦楽のためのセレナード』より、行進曲
Dag Wirén
”Marsch från Serenad för stråkorkester” op. 11(1937)
「有名な曲」と言われたりしてますけど、『ダグ・ヴィレーン』の名前は、
クラシック音楽に興味が無ければ、まず知らないと思います。
でもメロディそのものは、「あれッ?このメロディ、
どこかで聴いた事なくね?」な感じ。
まさしく、作曲者の名前は余り知られていないけど、
メロディそのものは有名な曲に相応しいと思います。
 
〇ヤン・ブロックス
『5つのフラマン舞曲』
Jan Blockx
”Vijf Vlaamse Dansen”(1884)
異論は凄くあるかも知れません。
でも、メロディが、物凄く『何処かで聴いた感』バリバリなんですよ。
昔のほのぼのアニメで実際に使用されているのではないか?
と思っているんですけど。
 
〇ハミルトン・ハーティ
『アイルランド交響曲第2楽章”定期市の日”』
Hamilton Harty
”An Irish Symphony”
movement2 ”The Fair Day”(1904, 1915, 1924)
使用されている2つの伝承曲が有名なだけという気もしないではありません。
でも、それを、如何にも昔のアニメのBGMっぽく
演出して見せているハーティの力量は、とても評価されるべき。
『黒苺の花』(Blackberry Blossom)
『去りにし娘』(The Girl I left Behind me.)
の2つの内、後者は、つい最近テレビコマーシャルでも使われました。
 
 
 
 
 
私の”客観力”が問われるわけですが、
雰囲気がそれっぽい(例えば、ヒーローサウンドっぽいとか)
かどうかではなく、どこかで聴いたっぽいかどうかなので、
選ぶのが大変でした。
これでも異論はかなりありそう。
主観は人それぞれだから。
 
 
 
 
 
『どこかで聴いたクラシック クラシック・ベスト101』をAmazonで購入する
Amazon.co.jp : どこかで聴いたクラシック クラシック・ベスト101 - ミュージック

《転載終了》
posted by Satos72 | テーマ別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

CD化を希望するマイナークラシック曲(6)ポーランド編

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10382412074.html
2009年11月6日

《転載開始》

ポーランドというのは、日本にとっても存在感が大きい。
なので、マイナーというイメージがしません。
 
アニメに関しても、ハンガリーやチェコのと共に、
アート系アニメが日本でよく知られています。
 
勿論、クラシック音楽でも、ロマン派に限定しますが、
フレデリク・フランソワ・ショパン
(Frédéric François Chopin, 1809-1849)
がダントツでよく知られています。
 
それに準じて、
ミェチスワフ・カルウォヴィチ(Mieczysław Karłowicz, 1876-1909)


ヘンリク・ヴィエニャフスキ(Henryk Wieniawski, 1835-1880)
イグナツィ・ヤン・パデレフスキ(Ignacy Jan Paderewski, 1860-1941)
スタニスワフ・モニュシュコ(Stanisław Moniuszko, 1819-1872)
辺りがちょっと有名で、管弦楽作品(協奏曲含む)のCDも出ています。
 
マイナーのになると、>
ヘンリク・メルツェル(Henryk Melcer 1869-1928)
ユゼフ・ヴィエニャフスキ(Józef Wieniawski, 1837-1912)
ズィグムント・ノスコフスキ(Zygmunt Noskowski, 1846-1909)
カロル・リピンスキ(リピニスキ)(Karol Lipiński, 1790-1861)
ヴワディスワフ・ジェレィンスキ(ジェレニスキ)
(Władysław Żeleński, 1837-1921)
ズィグムント・デニス・アントニ・ヨルダン・デ・ストヨフスキ
(Zygmunt Denis Antoni Jordan de Stojowski, 1870-1946)
がいますが、オーケストラ作品(協奏曲含む)のCDは出ています。
 
ショパンのピアノ協奏曲第1番の編曲版を書いた事で知られる
カロル・タウスィク(カール・タウズィヒ)
(Karol Tausig, Carl Tausig, 1841-1871)
もいます(CD化済み)。
 
パヴェウ・コハィンスキ(コハンスキ)(Paweł Kochański)
の養父として知られている指揮者で、
隠れた傑作『交響曲ポーランド』などを書いた、
エミル・ムウィナルスキ(ムイナルスキ)(Emil Młynarski, 1870-1935)
も、強調したいところ(CD化済み)。
 
で、今回紹介するのは、
それらよりも更にマイナーなポーランドのロマン派作曲家です。
 
 
 
 
 
ユリウシュ・ザレンプスキ
Juliusz Zarębski(1854-1885)
ザレンプスキ/Zarębski,Juliusz ピアノ曲事典 | ピティナ・ピアノホームページ
Juliusz Zarębski.jpg
ユリウシュ・ザレンプスキ - Wikipedia
ザレンプスキについては、未だ聴いていないので、何とも言えません。
CDが出ているようですので、聴いてみたいと思います。
 
とても才能豊かだったようですが、若くして世を去った上、
主にポーランド国外で活躍したため、
自国に於ける研究が遅れてしまったという。
 
Wikipediaによれば、ショパンの作風を継承、発展させると共に、
印象主義などの後の時代の作風を予感させるものも示したりもしたとのことで、
だとすれば、紛れも無く天才と言えると思います。
 
で、今回CD化を希望したのは、彼が唯一残した管弦楽曲である、
管弦楽曲版『凱旋ポロネーズ』1882年
(Polonaise triomphale, A-dur, op. 11)

です。
 
実は、ピアノ協奏曲もあったそうなのですが、紛失してしまったとのことで、
現存する管弦楽曲は、これのみ。
元はピアノ連弾曲です。
 
2005年にオーケストラ版が出版され、2006年に初演されたようです。
ピアノ曲と室内楽曲のCDはあります。
 
もしこの曲をCD化するとしたら、オムニバスになるだろうと思います。
『ポーランド管弦楽曲集』みたいに。
 
 
 
 
 
ヘンリク・ヤレツキ
(Henryk Jarecki, 1846-1918)
Henryk_Jarecki.jpg
Henryk Jarecki – lwowski kompozytor - Kresy24
Henryk Jarecki - Wikipedia, Polski
詳細不明ですが、高い評価を得られない事で、マイナーになったようです。
 
オペラ『ミンドヴェ』
(Opera”Mindowe”1879-1880)
は、ヴァーグナーの楽劇からの影響を強く受けているそうですが、
彼一番の失敗作でもあったそうです。
 
他に
オペラ『バルバラ・ラジヴィウヴナ』
(Opera”Barbara Radziwiłłówna”1888-1893)

交響曲
(Symfonia)
なども書いたようです。
 
『バルバラ・ラジヴィウヴナ』とは、
ポーランド・リトアニア連合王国に於ける、
ポーランド王『ズィグムント2世』の第二王妃
『バルボラ・ラドヴィライテ』(Barbora Radvilaitė)のこと。
 
絶世の美女と言われ、肖像画からもそれが伺えます。
バルバラ・ラジヴィウヴナ - Wikipedia
ネット検索しても、CDが出てこないので、
恐らく1つもCD化されていないようです。
是非とも聴いてみたいところですが。
 
【記事更新:2009/11/8】
 
【追記:2017/6/22】
ザレンプスキとヤレツキの肖像写真を追加
YouTubeに上げられた「凱旋ポロネーズ」を本文中に貼り付け

《転載終了》
タグ:ポーランド
posted by Satos72 | ├ ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

『どこかで聴いた曲』の定義(続)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10383878656.html
2009年11月8日

《転載開始》

以前ここに於いて、『どこかで聴いた曲』の定義について語りました。
要は、題名や作曲者の名前は知られていないけど、
メロディは有名な曲の事。
 
で、その事について、追記しなくてはならない事が出てきました。
でも、以前の記事に追記として書くより、
新たにエントリーを書く事にしました。
 
 
 
 
〇『どこかで聴いた曲』発生のメカニズム
よく、テレビのコマーシャルとか番組などで、
非常に印象深い曲がBGMとして流されたりするわけですが、
何という曲なのか?クレジットが全く出ない事があります。
そうすると、題名は知られず、
メロディだけが世に広く知られる事になってしまいます。
で、後に題名と共にそういった曲が紹介されると、
「ああ、なんだ、そういう名前だったのか!!」
となるわけです。
或いは、題名が出ていても、
小さく出ているだけだったり、ちゃんと名前を見てなかったり、
憶えにくい名前(聞いてもすぐ忘れてしまうような)だったりすると、
『どこかで聴いた曲』化し易いのではないでしょうか?
 
 
 
 
〇マイナークラシックの『どこかで聴いた曲』
〇ヒューゴ・アルヴェーン(Hugo Alfvén)
『ロスラーゲンのポルカ』(Polka från Roslagen)
『ほのぼのアニメのBGM』然としている曲。
アルヴェーン最晩年の
バレエ組曲『放蕩息子』(Den förlorade sonen)
の中の第6曲。
この組曲は、ほかにも
「あぁ、何かどこかで聴いた事あるなあ」
なメロディの曲があったりします。
 
〇ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル(Wilhelm Olof Peterson-Berger)
『フレースエの花々』管弦楽版(Frösöblomster för orkester)
これも、『ほのぼのアニメのBGM』っぽい曲。
ペッテション(ペッタション)=ベリエルの名前は、
『クラシック音楽作品名辞典』(三省堂)
で以前から知っていて、
そこで紹介されている
『フレースエの花々』(”フロソの花々より”と紹介されていた)を
NAXOSの『スウェーデン管弦楽曲集』【8.553115】で初めて聴いた時、
「ああ、何だ、この曲だったのか!!」と思った次第。
NAXOSでは『フレセンの花々』と紹介されています。
元々は、1896年にピアノ曲として書かれたものの一部を、
1934年頃に管弦楽曲にしたもののようです。
それが、5曲だと紹介しているのもあれば、4曲と紹介しているのもいて、
はっきりとは分かりません。
NAXOSでは4曲になってます。
その4曲とも、「どこかで聴いたことあるなあ」という感じでした。
『Frösö』は、どの表記が原音に近いのか?
『フレーセ』『フレセ』が一般的ですが。
ソマールハーゲンの入り口(Intåg i Sommarhagen)
夏の歌(Sommarsång)
お祝い(Gratulation)
フレースエの教会より(Vid Frösö Kyrka)
 
〇エミル・ムウィナルスキ(ムイナルスキ)(Emil Młynarski)
交響曲ヘ長調「ポーランド」(1910)
(Symfonia F-dur op.14, "POLONIA")
CD化されていますが、現在は手に入りにくい。
至る所に、「どこかで聴いたっぽいメロディ」が出てきます。
特に、第4楽章。
実際に、映画で使われていなかったか?
エミル・ムウィナルスキ(Emil Młynarski)映画音楽の様なマイナークラシック曲
 
〇ジョリー・ブラガ=サントス(Joly Braga Santos)
交響曲第4番ホ短調(1950)より、第4楽章
(4° Movimento do Sinfonia No 4 em mi menor, op.16)
『青春への賛歌』と題されるメロディが、第4楽章の最後に出てきます。
弱奏から徐々に音が大きくなっていき、最後に堂々と締めくくられます。
愛と感動の映画のエンディングの字幕が出ている時に流れるBGM
といった雰囲気のメロディです。
都はるみの『好きになった人』
ドヴォルジャークの『交響曲第9番”新世界より”第2楽章』
島口駒夫・若杉雄三郎の『ラバウル小唄』
『大草原の小さな家』オープニングテーマ
浜口庫之助の『バラが咲いた』
等を彷彿とさせると勝手に思っています(異論はあるでしょうが)。
ジョリー・ブラガ=サントス(Joly Braga Santos)ポルトガルの作曲家
 
 
 
 
〇洋楽・邦楽その他に於ける『どこかで聴いた曲』
こちら、ポピュラーソングや映画などに於ける『どこかで聴いた曲』なんですが、
内容に激しく同意です!!↓
あぁ〜!!この曲どこかで聴いたことある!!(洋楽)(教えて!goo)
あぁ〜!!この曲どこかで聴いたことある!! - 教えて!goo
私も、「こういう題名だったのか!!」と、改めて驚いたりしました。
 
以下は、私が『どこかで聴いた曲』だと思う洋楽↓
〇ギルバート・オサリヴァン『アローン・アゲーン』(アローン・アゲイン)
(Gilbert O'Sullivan”Alone Again”)
〇アントン・カラス『第3の男』テーマ曲
(Anton Karas”The Third Man Theme”)
〇ジョン・スチュワート『デイドリーム・ビリーヴァー』
(John Stewart ”Daydream Believer”)
〇イーグルス『ホテル・カリフォルニア』
(Eagles ”Hotel California”)
〇ジョゼフ・コズマ『枯葉』
(Joseph Kosma ”Autumn Leaves” ”Les Feuilles mortes”)
↑フルオーケストラ版やジャズ版などがある。
特に前者は、高級な店とかにBGMとしてよく流れてそう。
〇ヨーロッパ『最後のカウントダウン』
(Europe ”The Final Countdown”)
〇サンタナ『哀愁のヨーロッパ』
(Santana ”Europa”)
〇スティーヴィー・ワンダー『あなたは私の心の太陽』(やや意訳)
(Stevie Wonder ”You are the sunshine of my life”)
〇リズ・オルトラーニ『モア』(世界残酷物語)
(Riz Ortolani ”More”)(MONDO CANE)
↑グロい映画の内容に相応しくない優雅さがいい!!
高級な店とかにBGMとしてよく流れてそう。
 
洋楽の場合、地元では題名もメロディも知られていると思いますが、
日本では余りそうではない、という状況はよくあるのでしょうか?
私はPOPSに疎いので、よく分かりません。
ファンにとっては題名も知ってて当たり前なのかも知れませんが、
そうでない場合は、メロディしか知らないものです。
 
バッハの『トッカータとフーガ』も、題名そのものは如何にも堅そうで、
余り知られてなさそうな気はする。
小学生辺りなんかからは、『鼻から豆乳』『鼻から牛乳』みたいな、
あだ名っぽい名前で憶えられていたりなんかして。
 
八代亜紀の『雨の慕情』なんかも、
童謡『あめふり』にちょっと似ているという事で、
1980年代の小学生に人気でしたけど、
タイトルまで憶えている小学生は、
いなかったのではないでしょうか?
『慕情』は、小学生には難しいと思います。
 
ザ・フォーク・クルセダーズの『帰って来たヨッパライ』は、
私は長い間『オラは死んじまっただ』というタイトルだと思っていました。
これと同じノリなのが
円広志の『夢想花』です。
「飛んで飛んで飛んで・・・」という歌。
サビの歌詞とメロディの高い知名度に反比例して、
題名そのものは余り知られていなさそう。
凄いインパクトのある歌で、大好きでした。
でも、タイトルは知りませんでした。
円広志の 飛んで飛んで飛んで・・・ の題は? - 教えて!goo
 
「えッ、そういうタイトルだったの!?」
と思わせる意外なタイトルの曲は、
『どこかで聴いた曲』
になりやすい曲の条件の一つと言えるかも知れません。
タイトルと曲の雰囲気が乖離している曲とか、
歌詞にタイトルが出ていない曲とか。
でも、『トッカータとフーガ』や
『雨の慕情』『帰って来たヨッパライ』『夢想花』などは、
『どこかで聴いた曲』とはちょっと違うような・・・。
タイトルが分からないだけで、
それ以外ははっきり憶えている感じだから。
タイトルも作曲者も歌い手も分からない、
でもメロディだけはどこかで聴いて憶えている曲が、
『どこかで聴いた曲』だと思っているんで。
 
 
 
 
〇『どこかで聴いた曲』にならない曲・なりにくい曲
〇学校で習うクラシック曲
(『モーツァルト』『ベートーヴェン』『シューベルト』『ブラームス』
『バッハ』『ビゼー』『ロッシーニ』など、有名な作曲家の代表作)
〇歌詞にタイトルが目立つように出ている曲
〇憶えやすいタイトル(印象的、内容とマッチしている、など)の曲
〇特に世間で話題になった曲(『ルビーの指輪』『ビートルズの曲』など)
 
 
 
 
以上、独断と偏見による『どこかで聴いた曲』の定義でした。

《転載終了》
posted by Satos72 | テーマ別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする